>   >   > 【能年玲奈、中島知子、中森明菜】“芸能人というカネになる木”に群がる相談役という黒い人物
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

能年玲奈、中森明菜……“芸能人というカネになる木”に群がる相談役

+お気に入りに追加

――数々の芸能スクープをモノにしてきた芸能評論家・二田一比古が、芸能ゴシップの“今昔物語”を語り尽くす!

nounen150502s.jpg
『NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版』(NHK出版)

 一昨年、NHKの朝ドラ『あまちゃん』のヒロインを演じて一躍、国民的人気女優になった能年玲奈(21)。

 ドラマが終わると「あまちゃん女優」を看板に映画に主演するなど、王道を歩んでいるかのように見えていた。しかし、昨年からその姿を見る機会は減っていた。現在は月1回のラジオと『ドラゴンクエスト』のCMに出演している程度で、有村架純らほかの『あまちゃん』出身女優とは雲泥の差がついている。能年は5年前に映画でデビューしたばかりなのに、すでに「あの人は今」状態。

 そんな能年に「洗脳」疑惑が浮上している。報じられているところによると、「能年と所属事務所の間でギャラ(一説には月給5万円)や仕事で揉め、事務所から仕事を干されている状態。能年はデビュー前から演技指導を受けていた滝沢充子女史に相談。今年4月に滝沢女史とともに個人事務所を設立。独立しようと画策している」というもの。

もっとも能年側は「あくまでもグッズなどを販売する会社で独立ではない」と否定。事務所とは契約したままという。

「事務所との関係が良好なら能年の人気からして仕事はあるはず。どういう形であれ、事務所と対立していると思うのが自然。今回の個人事務所設立も勝手に独立すれば芸能界のルール違反。ますます能年は仕事がない状態が続くことになる。女優として才能が開花したばかりだけにもったいない」(業界関係者)

 こんな状況のなか飛び出したのが、「能年は滝沢に洗脳されている」という話だった。

「事務所も大きくなればタレントが増える。エコヒイキもあるし、信頼関係が崩れることもある。結局、頼れるのは自分。それだけでは心細い。そこで個人的に信頼できる人に頼ることはよくあること。ただ、頼る人物が問題になることもある」(芸能関係者)

 典型的な例が親。ギャラや仕事で不満が出ると、親が出てくるケースもあるが、「芸能界は身内が後から出てくるとロクなことにならない」というのが定説。鈴木亜美が所属のレコード会社と契約解除をめぐりトラブルになったのも父親が口を出してきたことが原因といわれた。

 また、小林幸子は結婚した夫が事務所経営に口を出してきたことによって、それまで事務所を支えていた2人の女性幹部が退社し、大きな騒動に発展した。やはり頼る人物は「芸能界にある程度、精通していて顔が広くお金を持っている人が適任者」と言われている。

 昔から芸能人のまわりには「この人、何者」と思われるような人物はいた。事務所の相談役だったり、芸能人の相談役だったりと、正体の知れない人物が暗躍するように動いていた。著者と旧知だった人物は、普段は山荘に暮らし、何かあると上京。芸能プロや芸能人とのトラブル解決をやってのけていた。肩書きは「顧問」と名乗っていたが、亡くなった今もその人の詳しいことは謎のまま。

 中森明菜が大手事務所から独立し、所属する事務所がなかった時にも、相談役的な存在がいた。「なんとか自由に歌手、中森明菜を復活させるつもりだった」と語っていたが、明菜だけは扱い方が難しかった。

 芸能人は「金のなる木」と言われる。そこには有象無象の人が群がる。そこにすがる芸能人もいる。「付き合い方を間違えると、芸能界追放みたいなことになるし、うまく付き合えば、芸能界を生き抜くために欠かせない存在になる。どんな人物でどんな付き合い方をするかの状況判断次第ですが、能年のようにまだ芸能界の右も左もよくわかっていない子だと怖い。やはり、芸能界でもまれたタレントでないとそういう人とはうまく付き合えないのでは」と芸能関係者はいう。

 果たして、能年と滝沢女史の関係はいかに。

ふただ・かずひこ
芸能ジャーナリスト。テレビなどでコメンテーターとして活躍するかたわら、安室奈美恵の母親が娘・奈美恵の生い立ちを綴った「約束」(扶桑社刊)、赤塚不二夫氏の単行本の出版プロデュースなども手がける。青山学院大学法学部卒業後、男性週刊誌を経て、女性誌「微笑」(祥伝社/廃刊)、写真誌「Emma」(文藝春秋/廃刊)の専属スタッフを経て、フリーとして独立。週刊誌やスポーツ新聞などで幅広く活躍する。現在は『おはようコールABC』(朝日放送)、『今日感テレビ』(RKB毎日放送)などにコメンテーターとして出演。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』