>   > 【男性編集と女性作家】の関係
第1特集
【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”

【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”

+お気に入りに追加

――男性読者諸氏にはあまりなじみがないかもしれないが、女性向けマンガも少女マンガやレディースコミックに限らず、昨今はBL、TL、サブカル系と細分化が進み、ある種、男性向け以上に幅広い展開を見せている。同時に、すっかり女性作家・女性編集者の多い“女の花園”と化している同業界。その中で、男性編集者たちは、どう戦っているのか? ここでは、その苦悩を聞いた。

【座談会参加者】
A…少女マンガ担当編集者 入社5年目
B…元TL担当編集者 入社5年目
C…レディースコミック「ウーマン劇場」編集長 入社8年目

1212_zadankai_colum.jpg
“感動系”レディースコミック誌「ウーマン劇場」(竹書房)の最新号。オススメの『スーパーフライ!』も連載中。

――少女マンガからヤングレディース、レディースコミックと、女性マンガ誌も幅広いですが、最近ではさらに細分化して、ボーイズラブ(BL)、ティーンズラブ(TL)といったジャンルもあります。男性編集者として、担当するのがキツいなと思うジャンルはありますか?

A 僕は少女マンガしか経験がないので、ほかとの比較ができないのですが……どうですか?

B キツくはないですけど、戸惑いを感じることはありましたよ。僕はTLのマンガ誌を編集していたんですが、エッチ本番の描写の淡白さに拍子抜けしちゃって。「ちょい、そこまで頑張って口説いたなら、もうちょっとベッドでも頑張りなさいよ!」というか(笑)。でも、女性の場合は、口説いて恋愛して、エッチに至るまでの“過程”が重要なんですよね。

C 僕は、BLの壁がありましたね。会社にBL媒体があるので読む機会もあるんですが、男性同士のエッチ描写はやはりダメで(笑)。だけど、当時担当していた女性作家から「(BLは)背徳感と悲しさがいいんじゃないの!」って言われて、なるほどと腑に落ちた。オープンにできない恋でこそ燃えるのは分かりますよね。そう思って読むと、BLマンガは物語がしっかりしているものがけっこう多い。今では読むのも抵抗がなくなりました。

B TLの作家さんとの打ち合わせでも、よくBLネタになるんですよ。「ジャイアンとスネ夫、どちらが受けで、どちらが攻め?」なんて(笑)。

一同 爆笑

B もちろん、僕が懸命に考えた答えって、たいていは間違うわけです。BLの達人ともなると、鉛筆と消しゴムの攻め、受けは? なんて考えるらしいですけど。

A ありますね~。作家さんとレストランにいて、「フォークとナイフの関係を考えるとドキドキするっ」なんて言われた時は、さすがに言葉に窮しましたよ。

――女性向けマンガの作家さんは、まだまだほとんどが女性ですよね。となると、密に接する職業な分、距離感の取り方も難しいのでは?

A 確かに。作家さんを含め、仕事相手はほとんど女性ですからね。以前手相を見てもらったら、「女難の相が出ています」って言われたんですよ(笑)。自分の恋人よりも会っている時間が多いくらいなので、距離感はどうしても近くなります。締め切りでテンパっている時とか、僕が男だってことが意識に昇らなくなるのか、下着を干している部屋に普通に通されることもありますよ(苦笑)。

――そこまで近くなると、打ち合わせに熱が入るあまり、擬似恋愛状態になったりしませんか? さくらももこのように担当の男性編集者と結婚した作家もいるわけですし。

C う~ん……周囲では聞いたことがないですね。ウチの媒体では30代以上、主婦の作家さんも多いから、こちらから細かく年齢を聞くこともないし、離婚歴や彼氏の有無など、デリケートなところには極力触れないようにします。だから、仕事の関係から一歩踏み込むようなことはないというか。むしろ、そこは気を使いますよ。

B 電話ひとつとっても、主婦の作家さん相手だと、夜遅くや家事で忙しそうな夕方は避けようかとか、いろいろ考えますよ。仕事場への差し入れもポイント。僕は甘いものに詳しくないので、いろいろ教えてもらうんです。ほら、神楽坂の……

C 「紀の善」ね。中山美穂が女性編集者役で出たドラマ(『Love Story』/TBS/01年)の話なんですけど、作家に紀の善の抹茶ババロアを差し入れするっていうシーンがあって。それを覚えてる作家さんがけっこういるので、抹茶ババロアを持っていくと喜ばれますよ。

A 僕もよく買いますね(笑)。それ以外にも、女性の作家さんを担当する編集者はみんな、鉄板スイーツをおさえてますよね。だけどたまに、アシスタントさんの分まで買っていったら、帰っちゃってて「こんなにどうしよう」ってなったり、フルーツ系は間違いない、と思ったら「食べられないんです」なんて言われたことも……(泣)。

一同 あるあるー。

C あと、作家さんと食事するときは、トイレがキレイで男女別になっている店かどうか、いろいろチェックします。和食、おばんざい系なんかは、おおむね喜んでもらえますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」