>   >   > ロンドン五輪が【最新データ】でまるわかり
第1特集
カネと欲望にまみれた五輪の基本のキ

オモテ側からウラ側まで、いろんな数値を集めてみました!! ロンドン五輪まるわかり最新データ

+お気に入りに追加

──いよいよ開幕するロンドン五輪。カネと欲望にまみれたそのウラ側を見ていく前に、まずは基本のキをきちんと知っておきたいところ。17日間の熱き戦いにまつわるアレやコレを数値化し、以下にまとめてみました!!

1208_gairon.jpg
(写真/石黒淳二 go relax E more)

■JOCのスポンサー数…48社

■公式レストラン「マクドナルド」売上予想…175万セット

■1896年アテネ夏季大会から2010年バンクーバー冬季大会までの日本のメダル総獲得数…398個(金132、銀125、銅141)

■北京五輪のNHKの大会平均視聴率…11.5%(民放平均は9.7%)

■日本代表選手団の人数]…293人

■JOCが目指すメダル獲得数ランク…5位以内(最低でも15~18の金メダル数が必要)

■出場予定国・地域数…204カ国

■IOCに対し、日本の放送局が支払った放映権料…325億円

■実施予定競技数…26競技302種目

■開催期間…17日間(2012年7月27日から8月12日まで)

 2012年7月27日、近代五輪の記念すべき第30回夏季大会、ロンドン五輪が開幕する。全204の国と地域、全26競技302種目の熱き戦いが、8月12日までのおよそ半月に渡って繰り広げられるわけだ。

 1896年、古代ギリシャのオリンピア大祭を手本に、「スポーツによる世界平和」という理想を掲げ、フランスのピエール・ド・クーベルタン男爵の提唱により始まった近代五輪。しかしその理想とは裏腹に、近代五輪は常に、人間の欲望に翻弄されてきた。

 ナチスドイツによるプロパガンダに利用された1936年ベルリン大会に顕著なように、国家による国威発揚の道具として利用された戦前期、テロによって選手までもが犠牲になった1972年ミュンヘン大会や、選手のボイコットが相次いだ1980年モスクワ大会、1984年ロス大会の冷戦期を乗り切った近代五輪は、その後、おのれを縛るそれら国際政治の力学を振り払うかのように、あるひとつの”壮大なる自己欲求”を開花させる。その自己欲求とは、商業化による巨大化、である。

 世界各地に張り巡らされたテレビ放送網という“自己顕示の道具”をテコにして、世界的大メディアによる放映権料とグローバル企業による広告費という2つの金づるを両輪に、その後近代五輪は、ひたすら加速を続けた。そして約四半世紀、近代五輪は、このロンドン五輪を迎えて、ひとつの完成形を見せつつある。では、その完成形の裏には、どのような利権、しがらみ、そして権謀術数が渦巻いているのか──これを解き明かすことが、本企画の趣旨である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』