>   >   > 【橋本聖子】は五輪で生理が止まった!?

──スピードスケート、自転車競技という二足のわらじで、1984年から96年まで7回五輪に出場しつづけた“超人”橋本聖子氏。いったい橋本氏の並々ならぬ五輪に対するこだわりの源泉とは!?

1208_hashimoto.jpg
(奥山智明/写真)

 橋本聖子。スピードスケート、自転車の日本代表として日本最多記録(女子としては世界最多記録)となる7回の五輪出場を誇る、正真正銘の“五輪の申し子”。そのキャリアを見れば“日本初”と“新記録”尽くし。東京五輪開会式の5日前に生まれ、聖火に感激した父親から五輪選手になるよう「聖子」の名を授かったというから、もはや伝説や神話の人物に近い存在であることに疑いはないだろう。おまけに子どもの名前まで五輪にちなんでいるという筋金入り。彼女にとって五輪の魅力とはなんなのだろうか? 

──そもそも世界中の人を惹きつける五輪の魅力とは、なんだとお考えですか?

橋本聖子(以下、橋本) 五輪に出る選手の肉体は「最高の芸術作品」だと私は思っています。この芸術作品が人々を魅了するのではないでしょうか。私はそう感じて、五輪の世界で生きてきました。

──五輪を意識されたのは、一体いつ頃だったのでしょう?

橋本 記憶がある年齢ぐらいからですかね。五輪がなんなのかわかっていないうちから「五輪になる!」と口癖のように言っていました。五輪選手ではなく、五輪そのものになりたい、と(笑)。スケートで五輪選手になると理解したのは、小学校2年生のときに札幌五輪を見たときです。

──「聖火」から聖子の名を付けたお父様から五輪に対する想いを伝えられることは?

橋本 特になかったです。ただ、非常に厳しい父だったので、その厳しさを基本にしていれば、五輪を目指すことも辛くはありませんでした(笑)。反抗期はありませんでしたね。もし反発が目に見えたら、それこそ大変な叱責を受けたと思います(笑)。池に放り込まれるのは当たり前、今なら虐待だと思われるようなこともありましたが、私の将来のためを思ってくれたわけですから、最大の愛情表現だったと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』