サイゾーpremium  > 連載  > マルサの女  > 【マルサの女】──南條有香
連載
マルサの女

【南條有香】しまむらで洋服買ってるんです。

+お気に入りに追加
1208_marusa2.jpg
(写真/腰塚光晃 MOREVISION)

 表紙では無邪気なテヘペロスマイル、一転してこの巻頭グラビアではほのかな色気を見せてくれたファッションモデルの南條有香ちゃん。14歳から「ラブベリー」(徳間書店)、「セブンティーン」(集英社)、「CanCam」(小学館)でレギュラーを務め上げ、今年1月からは「JJ」(光文社)でなんと4誌目のレギュラーモデルに大抜擢されたという逸材です。今回は、ファッション誌で着るのとはかなり毛色の違う衣装でしたが、いかがでした?

「こんな個性的な衣装は初めてなので、わくわくしました。求められているイメージを表現できていたらいいんですが……」

 実は有香ちゃん、雑誌の表紙を飾るのはサイゾーが初。撮影中も、自分の表情などに納得できず、「もう少し撮らせてください!」なんてセリフが飛び出す場面も。さすがモデルさん!

「いえいえ、モデルとしてプロ意識が生まれたのは『CanCam』時代なんですよ。それまでは学校の延長みたいな感じでしたから。『CanCam』を始めたばかりのときは、要求されていることを理解すらできなくて、自分がモデルとして全然ダメなんだって思い知らされて……。たくさん勉強させてもらいました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』