>   > 【原発事故】後の日常をドイツへ伝えるCMディレクター

──原発事故後の東京の”日常”を絵日記で綴った書籍が、ドイツで刊行された。同書に込められた日本人クリエーターの思いとは?

1206_ichimura2.jpg
(写真/江森康之)

 東日本大震災発生からわずか3日後。南ドイツ新聞・電子版にて、東京在住のCMディレクター市村幸卯子によるマンガ絵日記『YUKOのトーキョー日和』の連載が始まった。内容は、未曾有の災害・事故に揺れる東京での生活や、パートナーと過ごす日常の光景を私的な視点で切り取ったドキュメンタリーレポートだ。特に、福島原発事故後の不安定な感情を、可愛らしいタッチのイラストと共に素直かつユーモラスに綴ったことがドイツ国内で話題を呼び、今春、Carlsen Verlag社より書籍として刊行されることになった。

 そもそもなぜドイツなのか。過去に原発事故を経験し、廃核宣言を行った国で刊行することに、反原発の意図はあるのだろうか。

「私は11年間、イギリスに住んでいたことがあって。3・11直後は在英時代の知人がたくさんメールをくれたんです。海外では、甚大な被害を受けた被災地の様子が繰り返し報道され、東京も被災地と同様の被害を受けたととらえる人もいた。それで、あらためて自分の周りを見てみると、余震に怯えながらも普通に仕事をしていたり、停電時にヤシマ作戦【編註:TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する作戦名からとった節電運動】を敢行したり……。海外の人たちには信じられないような、“不思議ちゃん”的な日本人の前向きさに感じ入るところがあって、みんなには『大丈夫、不思議ちゃんジャパンは、この重大事すら乗り越えるから』と返信したんです。その中に、ドイツ人ジャーナリストのティム・リットマンがいました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』