>   >   > 【ジャーナリスト・安田浩一】が語る孫正義
第1特集
文化人・財界人が語る孫正義の功罪【7】

ジャーナリスト・安田浩一が語る孫正義──差別から這い上がった強い精神が弱者を見放す?

+お気に入りに追加

1205_yasuda.jpg

ジャーナリスト
安田浩一(やすだ・こういち)
1964年生まれ。週刊誌記者などを経て01年よりフリーに。著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)。新刊にネット右翼の若者をルポした『ネットと愛国』(講談社)がある。

[ソフトバンクと孫正義の評価]
【○】差別を受けた出自から這い上がるために、早くから自分の道を見定めてまい進してきた強い精神には感動する。
【×】這い上がってきた結果、変化についていけない弱者にまでは考えが及ばなくなっているのは確か。

■ジャーナリストとして外国人労働者問題に取り組みながら、佐野眞一氏の『あんぽん 孫正義伝』の取材スタッフも務めた安田浩一氏だからこそ知り得た、孫正義の情念を聞く。

 『あんぽん』を上梓するにあたって、私も佐野眞一さんと一緒に、孫正義さんのインタビューに同席していました。孫さんは、柔らかい物腰でありながら、なんとも言えないすごみがあり、対峙していて緊張しました。覚悟というか、ゆらめく情念のようなものを感じさせるのです。孫さんの表情に変化が表れたのは、孫さんも一回行ったことのある、親戚のいる韓国・大邱を訪問した様子を伝えた時。韓国の親戚たちが、孫さんのことを忘れておらず、また来てくれるのを待っていることを伝えると、孫さんの目がやや潤んだのです。孫さんの、逆らいようもない半島へと続く血を感じた瞬間でしたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』