>   > 【光宗薫】は前田卒業後のAKB48を救えるか?
1203_akb_tobira.jpg
(写真/田中まこと)

──先日、秋元康総合プロデューサーがGoogle+でアジアツアーをほのめかし、姉妹グループや派生ユニットを含む、怒濤のリリースラッシュも好調なAKBグループ。しかし、メディアに露出するのは相変わらず同じメンバーばかり。現在、グループ全体に所属する女の子が280人を越えるというAKBには、まだ隠された逸材がいるのではないだろうか──。ここでは、現在のAKBにさらなる革命を起こすであろうメンバーを紹介したい。

 常設劇場を持って毎日公演を行うというシステムや、スタジアムクラスの大会場で定期的に行われる握手会、Google+でのファンとの本格交流など、アイドル界に新しい風を吹き込み続けているAKB48(以下、AKB)。しかし、そんなAKBも、テレビや雑誌など、メディアに多く露出し、顔がわかるのはごく一部ではないだろうか。そこで今回、さまざまな立ち位置でAKBを愛し、見つめ続けているみなさんにお集まりいただき、メディア側からの視点と、有名古参ファンとして、AKBを知り尽くした視点から、AKBに、そしてアイドルシーンに革命をもたらした、本当の革命家"神7"を選出してもらうとしよう。

[座談会参加者]

久田将義…ミリオン出版編集局次長。元「実話ナックルズ」編集長。ファン歴2年。
本城零次…AKB評論家。『泣けるAKB48メンバーヒストリー』(サイゾー刊)著者。
お兄ちゅん…AKB初日公演を観た"伝説の7人"として知られるひとり。最古参ファン。
◎◎みすと。…ファンブログ「放課後は、いつもPARTY☆」管理人。ファン歴6年。

──まず最初に、みなさんの"推しメン"を教えてください。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』