>   >   > 民主党と知事の蜜月が生んだ福島発 "原発...
ニュース
利権にまみれた原発問題に解決策はあるのか?

民主党と知事の蜜月が生んだ福島発 "原発立国ニッポン"への道程

+お気に入りに追加

――「東電の社長が、お詫びに伺いたいと言ってきた。でも、県民の不安や怒りを察すると、受けられない。東電は死力を尽くして事態を収束することが、何よりも先じゃないか」

1105_ns_fukushimaimage.jpg
福島県知事をめぐる深い闇。

 東日本大震災後の3月22日、テレビカメラの前で顔を真っ赤に染めて怒りを爆発させたのは、福島県の佐藤雄平知事である。「浜通り」と呼ばれる太平洋側に立地された福島第一原発の放射能漏れにストップがかからず、退避ラインが、原発を中心にした半径20キロから30キロ圏内へとじわじわと広げられたことに頭を抱え、「福島が、原発爆発事故で飛散した死の灰をかぶったチェルノブイリみたいな地帯になるんじゃないか」と案ずる福島県のトップだ。

 すでに、県民の間では関東地方などへの集団移住も始まっており、佐藤知事の穏やかならぬ心中は察して余りある。だが、これまで福島の原発にまつわる政治家との不適切な関係をウオッチしてきた本誌としては、知事の言葉に首をかしげてしまう部分もあるのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載