>   > 伝説のガンエフェクターが語る「Vシネ俳優...
第1特集
ヤクザ映画に愛される拳銃名鑑【1】

伝説のガンエフェクターが語る「Vシネ俳優の手練は銃の扱い方でわかる!」

+お気に入りに追加

──日本では銃の使用はもちろん、所持もアウト。しかし、ヤクザ映画や刑事ドラマなどでは頻繁に使用されている。銃の所持が違法な我が国において、それらは一体どのような基準で選ばれているのか? 映画などで銃に効果をつけるガンエフェクターに、聞いた──。

1103_VW9A2465mini.jpg
映画監督の浅生マサヒロ氏(写真右)と俳優・中野裕斗氏(写真左)。(写真/西村 廣起)

 ルパン三世のワルサーP38に、次元大介のコンバット・マグナム、『西部警察』大門団長のショットガン……。アクション作品のヒーローは、そのキャラクターを象徴するかのような銃を携えているもの。それは、Vシネマや北野武監督『アウトレイジ』などにおいても、その手の中で鈍い光を放つ銃が、ヤクザな主人公たちの持つ凶暴性と強靱さを一層際立たせてくれている。

 ところが、警察庁が10年10月に発表した「日本の銃器情勢 平成22年度版」によると、国内における実際の銃器による犯罪件数と死傷者数は、山口組と住吉会の抗争が激化し、また、長崎市長射殺事件が発生した07年に一時増加したものの、基本的には右肩下がり。01年、215件あった発砲事件の件数は、09年には34件にまで減少している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』