>   > 伝説のガンエフェクターが語る「Vシネ俳優...
第1特集
ヤクザ映画に愛される拳銃名鑑【1】

伝説のガンエフェクターが語る「Vシネ俳優の手練は銃の扱い方でわかる!」

+お気に入りに追加

──日本では銃の使用はもちろん、所持もアウト。しかし、ヤクザ映画や刑事ドラマなどでは頻繁に使用されている。銃の所持が違法な我が国において、それらは一体どのような基準で選ばれているのか? 映画などで銃に効果をつけるガンエフェクターに、聞いた──。

1103_VW9A2465mini.jpg
映画監督の浅生マサヒロ氏(写真右)と俳優・中野裕斗氏(写真左)。(写真/西村 廣起)

 ルパン三世のワルサーP38に、次元大介のコンバット・マグナム、『西部警察』大門団長のショットガン……。アクション作品のヒーローは、そのキャラクターを象徴するかのような銃を携えているもの。それは、Vシネマや北野武監督『アウトレイジ』などにおいても、その手の中で鈍い光を放つ銃が、ヤクザな主人公たちの持つ凶暴性と強靱さを一層際立たせてくれている。

 ところが、警察庁が10年10月に発表した「日本の銃器情勢 平成22年度版」によると、国内における実際の銃器による犯罪件数と死傷者数は、山口組と住吉会の抗争が激化し、また、長崎市長射殺事件が発生した07年に一時増加したものの、基本的には右肩下がり。01年、215件あった発砲事件の件数は、09年には34件にまで減少している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』