>   > 【アピチャッポン・ウィーラセタクン】──...
1103_apichatpong.jpg
(写真=Shoda Masahiro・D-CORD)

 タイ映画史上で初めて、カンヌ映画祭のパルムドールを受賞した映画監督、アピチャッポン・ウィーラセタクン。受賞作となった『ブンミおじさんの森』は、腎臓の病に侵され、死を目前にした主人公のブンミと周りの人間たちが、この世とあの世をまたぐ不思議な者と遭遇する話だ。

 まずこの映画の根底にあるのは「リンカネーション(輪廻)」の考え方。これはアピチャッポン監督作品に頻繁に登場するもので、タイの現代社会においても、根付いているのだという。

「この映画は、アジア、ヨーロッパ各国で上映されましたが、リアクションは国によってさまざまでした。タイでは信仰上、生と死が日常生活とつながっていて、輪廻の考え方は、小さな頃から聞かされた話や本やマンガにも、頻繁に登場する。だから、転生や前世、運命などは強く信じられていると思うんです。欧米の人は、この映画に対して、精神性への質問や疑問が多いように感じたけど、アジアではあんまり聞かれなかったのも、そのせいでしょう。あと、人から動物へのトランスフォーメーションも、アジアの人には伝わりやすかった気がする。人と動物のつながりが、有機的なんでしょう」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』