>   > 自民党にも、民主党にも任せられない──革...
ぶれない政党・共産党、もし政権を取らば【1】

自民党にも、民主党にも任せられない──革命遂行! 共産党に未来はあるのか?

+お気に入りに追加

──"格差社会化"が叫ばれ、プロレタリア文学の古典『蟹工船』がブームになる中、「ぶれない政党」日本共産党に注目が集まっている。そこで、共産党がホントに政権を取るためにはどうすればいいのか、マジメに分析。さらには、共産党トップ・志位和夫衆議院議員にも直撃!!!

(本記事は2008年10月号掲載のものを再構成したものです。)

共産党委員長の志位和夫氏。
(写真/有高唯之)

 日本共産党(以下、共産党)が突如巻き起こったブームに沸いている。きっかけは、2008年2月に行われた衆議院予算委員会。共産党の志位和夫委員長が、派遣労働者の窮状について、福田康夫首相らを相手に舌鋒鋭く問いただしたことに端を発する。この際の動画が、動画投稿サイト「ニコニコ動画」などにアップされるや、国会質問としては異例の大反響を呼び、各メディアがこぞってそれを取り上げたのだ(当特集【4】志位委員長のインタビュー参照)。続いて、小林多喜二のプロレタリア小説『蟹工船』やマルクス関連書籍が若者を中心にブームとなり、それに呼応して、共産党と志位委員長のメディア露出が急増。党員増加といった地味なニュースでさえ、各メディアで大きく報じられうようになった。

 思えば共産党は、民主党の結成(1998年)以降、二大政党制の波にのまれ、冬の時代を過ごしてきた。最近2回の選挙では、05年衆院選で9議席、07年7月の参院選ではわずか3議席(非改選4議席)と惨敗。また、党員数も、87年の48万4000人をピークに減少し、ここ10年は35~40万人前後にとどまっているだけでなく、党員の高齢化も深刻だ。機関誌「しんぶん赤旗」(日曜版含む。以下、「赤旗」)の購買者数に至っては、ピーク時の355万人(80年)から、半数以下の164万人(06年)にまで激減した。07年までは、ブームどころか、衰退の一途をたどるのは必定と見えたものだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年1月号

「SEX」新論

「SEX」新論
    • 【現代アート】のセックス表現
    • 感じる【ドラマ】のエロシーン
    • 規制をかいくぐる【地上波エロ描写】
    • 鬼畜エロを描く【野島伸司】
    • 日本人【巨乳】受容の70年史
    • 【大澤玲美】美巨乳をかく語りき
    • 米音楽業界【セックスシンボル】学
    • ゲイの【セックスシンボル】像とは?
    • 【ハメ撮り】とエロ動画の考現学
    • 【中国】がハメ撮り大国になる!?
    • 【フェミニズム】セックス論の歴史
    • 【セックス議論】を牽引した9冊
    • 決定!【ちんこ】の新しい単位
    • 【セックス論文】の真意を読む
    • 【性】を通して社会を見る2冊
    • 【海外】で紹介される日本の性風俗
    • 【東京】ナイトライフ案内
    • 【男色】が武士の出世を左右したワケ
    • 時代で見る【男色】文化の変化
    • 【井原西鶴】の最大傑作は男色だった?

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【森咲智美】不適切な愛人バディ

小池と都ファの報道モンダイ

小池と都ファの報道モンダイ
    • 【都知事】スキャンダル頻出のワケ
    • 【小池都知事】は本に何を描くか?
    • 【都知事本】7冊読み比べ
    • 【メディア】は都知事の味方か?
    • 【小池都政】が目指す条例制定の動き

NEWS SOURCE

    • 【紅白&レコ大】で芸能界2大巨頭がバトル
    • 【ライザップ】負ののれん代と株操作
    • アベマか総合か?【日馬富士】争奪戦

インタビュー

    • 【加藤梨里香】アツい演劇論がほとばしる女優
    • 【東京ゲゲゲイ】ドリカムも絶賛するエンタメ集団
    • 【沖田臥竜】ペンを武器に息巻く元ヤクザの夢

連載

    • 【都丸紗也華】毎日体型が変わるんです。
    • 偶然の導きで体操を始めた少女
    • 【安室奈美恵】を愛してマスカット
    • 日本社会が直面するデジタル革命の理想と現実
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【田中裕二】イチ野球ファンとして語る
    • 【家電】が楽器にリボーンする祝祭
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【座間殺人事件】なぜ異常な殺人を犯したか?
    • 【精神障害者】と座敷牢の真実
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『否定と肯定』
    • 【カタルーニャ】独立宣言の真意
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/新しい地図と古い地図
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【泣き虫チエ子さん】子どもを作らないことを選択する幸福論
    • バーレスクダンサーのチラリズム
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、滅びつつ栄えるポルノの国で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』