>   > 自民党にも、民主党にも任せられない──革...
ぶれない政党・共産党、もし政権を取らば【1】

自民党にも、民主党にも任せられない──革命遂行! 共産党に未来はあるのか?

+お気に入りに追加

──"格差社会化"が叫ばれ、プロレタリア文学の古典『蟹工船』がブームになる中、「ぶれない政党」日本共産党に注目が集まっている。そこで、共産党がホントに政権を取るためにはどうすればいいのか、マジメに分析。さらには、共産党トップ・志位和夫衆議院議員にも直撃!!!

(本記事は2008年10月号掲載のものを再構成したものです。)

共産党委員長の志位和夫氏。
(写真/有高唯之)

 日本共産党(以下、共産党)が突如巻き起こったブームに沸いている。きっかけは、2008年2月に行われた衆議院予算委員会。共産党の志位和夫委員長が、派遣労働者の窮状について、福田康夫首相らを相手に舌鋒鋭く問いただしたことに端を発する。この際の動画が、動画投稿サイト「ニコニコ動画」などにアップされるや、国会質問としては異例の大反響を呼び、各メディアがこぞってそれを取り上げたのだ(当特集【4】志位委員長のインタビュー参照)。続いて、小林多喜二のプロレタリア小説『蟹工船』やマルクス関連書籍が若者を中心にブームとなり、それに呼応して、共産党と志位委員長のメディア露出が急増。党員増加といった地味なニュースでさえ、各メディアで大きく報じられうようになった。

 思えば共産党は、民主党の結成(1998年)以降、二大政党制の波にのまれ、冬の時代を過ごしてきた。最近2回の選挙では、05年衆院選で9議席、07年7月の参院選ではわずか3議席(非改選4議席)と惨敗。また、党員数も、87年の48万4000人をピークに減少し、ここ10年は35~40万人前後にとどまっているだけでなく、党員の高齢化も深刻だ。機関誌「しんぶん赤旗」(日曜版含む。以下、「赤旗」)の購買者数に至っては、ピーク時の355万人(80年)から、半数以下の164万人(06年)にまで激減した。07年までは、ブームどころか、衰退の一途をたどるのは必定と見えたものだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』