>   > 嘘かホントか? ラーメンと犯罪の"密接な...
第2特集
ラーメンが危険ってホント?【1】

嘘かホントか? ラーメンと犯罪の"密接な"カンケイとは?

+お気に入りに追加

──デフレが進む中、唯一価格上昇が進み、不況に逆行している業界がある。それが、"ラーメン"だ。しかしそんな中で、長いこと一部で ある"仮説"が囁かれて来た。いわく、「ラーメンが犯罪と隣合わせにある」とか──。はたしてラーメンは本当に危険なのか?  それとも、"人気モノ"に集まるうがった視線? ここでは、ちょっとカゲキな"ラーメン犯罪誘発説"を唱える人々に耳を傾けてみた。

1006_ibaraki.jpg
茨城県警のHP。同県警は89年にジャンクフードと犯罪の発生率についてレポートを発表している。

 昨今、ラーメン店主や業界をリードする評論家陣が起こした事件が、あらためて注目されている。メディアが報じた過去の事件には、暴力衝動・倒錯した性衝動が歪んだ形で発露しているものが多く、何か特別な作用が働いているのでは? というのだ。食品ジャーナリスト・郡司和夫氏は、栄養学の観点から犯罪とラーメンの密接な関係についてこう語る。

「ラーメン店主が性犯罪、暴力犯罪を起こしやすい、という仮説を実証した研究例や報告はありません。ラーメンに限らず、ある食形態、食材が特定の犯罪を導き出すとは断言できないからです。しかし、粗悪なジャンクフードと犯罪発生の関係については公式な研究発表があります。89年に茨城県警が、91年に群馬県警が相次いで行ったレポートです。補導少年と一般少年の食事情を比較した調査でしたが、とりわけ茨城県警が筑波大に依頼して行った調査には驚かされました。野菜類、米、魚を食べず、インスタント、ファストフードなどを常食している少年ほど犯罪を起こす傾向が明らかで、中でも、朝からカップ麺を食べている少年ほど重罪で捕まる傾向が見られたんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』