> 地方の検索結果

地方 の検索結果

第1特集
地方政経雑誌のジャーナリズム【2】

「財界」という冠は同じでも、それぞれに関係性はない!?――ヤバすぎるローカル政経雑誌8選

―― こちらでは、前記事で触れた雪国のヤバい政経雑誌を紹介していく。

「財界」という冠は同じでも、それぞれに関係性はない!?――ヤバすぎるローカル政経雑誌8選
第1特集
地方政経雑誌のジャーナリズム【1】

表紙はまるで雪国の「噂の真相」……!? 地元政治家と企業を狙い撃ち! 北海道・東北・北陸の政経雑誌

―― 近年は地方紙によるスクープが注目されているが、雑誌も負けていない。例えば北海道、東北、北陸には、その地域の醜聞を取り上げる政経雑誌があり、そこでの記事は時に全国紙でも後追いされることがあるという。ただ...

表紙はまるで雪国の「噂の真相」……!? 地元政治家と企業を狙い撃ち! 北海道・東北・北陸の政経雑誌
第1特集
秋田美人は虚構なのか?

イデオロギー操作は誰によって行われた?――「秋田美人」は虚構なのか? 地域別美人説の潮流

―― 「秋田美人」「京美人」「博多美人」などの地域別美人の名称はメディアでもたびたび取り上げられているが、一般的に世間で流布しているその土地の風土に関連させたような説は、根拠として乏しいのではないか? 都市...

イデオロギー操作は誰によって行われた?――「秋田美人」は虚構なのか? 地域別美人説の潮流
第2特集
新知事誕生の今こそ考える条例モンダイ【1】

議員提出の条例案は1市当たり年間ひとつ!?議員が条例を作れない地方自治体の問題点

―― 我々の生活と密接なつながりがある条例の概要や影響力を見てきたが、では、「そもそも条例とは誰が作っているのだろうか? 専門家に話を聞いた。

議員提出の条例案は1市当たり年間ひとつ!?議員が条例を作れない地方自治体の問題点
第1特集
ゆるキャラの二の舞い?形を変えた補助金ビジネス【2】

再生回数900回って大丈夫か!? イイネ! とトホホ…で、判定する!――ここがヘンだよ地方自治体PR動画

―― サイゾートホホ動画撲滅委員会が調査したイイネ! とトホホ……動画をピックアップ!

再生回数900回って大丈夫か!? イイネ! とトホホ…で、判定する!――ここがヘンだよ地方自治体PR動画
第1特集
ゆるキャラの二の舞い?形を変えた補助金ビジネス【1】

再生数200万回超の「地方創生PR動画」ブームを検証! 補助金で作られるオナニー動画!? 地方自治体PR動画の功罪

―― 地方自治体が制作するPR動画が密かに話題だ。ものによっては数百万PVを稼ぐものなども現れている。だが、巨額の自治体補助金を使い数千PVほどしか稼げない動画が量産されているのも実情だ。大手広告代理店も参...

再生数200万回超の「地方創生PR動画」ブームを検証! 補助金で作られるオナニー動画!? 地方自治体PR動画の功罪
第1特集
ニッポンのラップ30年史【3】

盛り上がっているのは東名阪だけ!? 地方在住のMCが見た活況の本音

―― 1999年から「B-BOY PARK」でスタートしたMCバトル、05年から現在まで継続する人気イベント・UMBの影響もあって、00年中期は全国津々浦々のクラブやライブハウス、果ては駅前などの路上でサイ...

盛り上がっているのは東名阪だけ!? 地方在住のMCが見た活況の本音
第1特集
地方出版社発!ご当地のタブーな裏側

読者の高齢化で社会福祉モノが人気!? 田岡組長との関係を語る自伝も…地方出版社が暴いた地域のタブー

―― 日本の各地には、その土地独自の文化などを伝える出版社が存在している。その中には、東京の人間にはなかなかアプローチできない、地元ならではのタブーを暴いたものもあるという。ここでは、東京ではお目にかかれな...

読者の高齢化で社会福祉モノが人気!? 田岡組長との関係を語る自伝も…地方出版社が暴いた地域のタブー
第2特集
ローカルバラエティが面白い【4】

寒風吹きすさぶ名古屋、吉本寡占の大阪……4大都市圏ローカルタレント名鑑

―― ここまで見てきた通り、いまローカルバラエティにはさまざまな期待と可能性がかけられている。では“地元”を盛り上げているタレントといえば、どんな人物が揃っているのか? 4大都市圏(札幌・名古屋・大阪・福...

寒風吹きすさぶ名古屋、吉本寡占の大阪……4大都市圏ローカルタレント名鑑
第2特集
ローカルバラエティが面白い【3】

【たむらけんじ×月亭八光】吉本は関西ローカルの“独占企業”!始まった世代交代と地方の戦い方とは?

―― 獅子舞を持ち「ちゃー」のギャグでおなじみのたむらけんじ、“太鼓持ち芸人”と呼ばれ関西では見ない日のない月亭八光。キー局番組への出演こそ少ないものの、大阪でのレギュラー本数は、たむけん10本、八光12本...

【たむらけんじ×月亭八光】吉本は関西ローカルの“独占企業”!始まった世代交代と地方の戦い方とは?
第2特集
ローカルバラエティが面白い【2】

「水どう」を生んだHTBの次の鉱脈も!? 放送圏外でもどうにか見るべき!要注目のローカルバラエティ8選

―― いまローカルバラエティが面白い──といっても、では一体どんな番組が各地で盛り上がっているのか?ここでは、ライター・構成作家のやきそばかおる氏に、北海道から沖縄まで、放送圏外でも要注目の番組を8本セレク...

「水どう」を生んだHTBの次の鉱脈も!? 放送圏外でもどうにか見るべき!要注目のローカルバラエティ8選
第2特集
ローカルバラエティが面白い【1】

松本人志、岡村隆史が大阪に帰り、九州芸人・華丸大吉がブレイクし……ローカルバラエティがいま面白い!

―― 情報環境としてのテレビの在り方が旧来と変化しつつある今、「非東京圏のバラエティ番組が面白い」と耳にする機会が増えた。法的にはグレーゾーンなやり方も含めれば、放送圏外での視聴も可能になっている。なぜ今、...

松本人志、岡村隆史が大阪に帰り、九州芸人・華丸大吉がブレイクし……ローカルバラエティがいま面白い!
第1特集
都内にいながら地方旅行!

銀座に密集するも補助金依存……都内に点在する"アンテナショップ"のさむ~い経営事情

―― 東国原前宮崎県知事がメディアの注目を集めていた頃、新宿駅にある宮崎県のアンテナショップもまた、注目を集めた。現在、各県のアンテナショップが銀座や新宿の一等地に乱立するが、その経営の裏を覗いてみると、な...

銀座に密集するも補助金依存……都内に点在する
第1特集
経済効果500億円超えの『龍馬伝』に続け【2】

伊能忠敬役は堺雅人で決定!? 次の「大河」の主役は誰だ? 勝手にキャスティング!

―― ──2014年の大河ドラマはV6岡田准一主演の『軍師官兵衛』に決定しているが、ではその次の大河ドラマは…?ここでは勝手に今後の大河ドラマの題材と主演を選定してみた!

伊能忠敬役は堺雅人で決定!? 次の「大河」の主役は誰だ? 勝手にキャスティング!
第1特集
経済効果500億円超えの『龍馬伝』に続け【1】

地方自治体の夢は日曜夜ひらく!? 「大河ドラマ」誘致合戦の実情

―― ──「我が町をNHK大河ドラマの舞台に!」。以前にも増して、全国各地でそうした誘致活動が活発化している。地方都市の衰退が懸念されるなか、大河ドラマで町おこしをして経済活性化をねらっているのである。はた...

地方自治体の夢は日曜夜ひらく!? 「大河ドラマ」誘致合戦の実情
第1特集
映画『サウダーヂ』が描く地方のリアル【2】

相模原で蠢く人種混成ヒップホップ・クルー......SIMI LABがえぐる"地方"のリアル

―― ──神奈川県は相模原を拠点とするSIMI LABという人種混成のヒップホップ・ク...

相模原で蠢く人種混成ヒップホップ・クルー......SIMI LABがえぐる
第1特集
映画『サウダーヂ』が描く地方のリアル【1】

[鼎談]富田克也×開沼 博×磯部 涼ーー産業破綻、ドラッグ、原発......隠蔽された"地方"の絶望

―― 写真は、山梨を拠点に活動する田我流演じる日本人ラッパー(上)と、対立するブラジル...

[鼎談]富田克也×開沼 博×磯部 涼ーー産業破綻、ドラッグ、原発......隠蔽された
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』