サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > コロナ禍のLAで“必要不可欠”な大麻フード
第1特集
サイゾーPremium 特別企画「今こそ“食”を考える」

THC入りのグミやチョコがヘルシーで大人気! コロナ禍のLAで“必要不可欠”な大麻フード

+お気に入りに追加

――コロナ禍によりアメリカ各都市はロックダウンされたが、ロサンゼルス(以下、LA)ではなんと大麻ビジネスが儲かっていたという。その中でも近年、人気を集めているのが大麻の成分を含む食品=エディブルだ。一体、何がどうなってるの!? LA在住のライターであるバルーチャ・ハシム廣太郎氏が、大麻フードの現状をレポートする。(取材・文/バルーチャ・ハシム廣太郎)

2006_taimafood_01.jpg
(写真/Getty Images)

 LAのエリック・ガルセッティ市長が3月4日に新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく緊急事態宣言を出してから、“必要不可欠”な事業以外は休業を余儀なくされた。LAの代名詞ともいえるエンターテインメント産業は当然のこと一時的に営業停止となり、レストランすべてがテイクアウトのみとなった。ほとんどの企業は社員にリモートワークを命じ、生活の維持に欠かせない病院やスーパーなどのエッセンシャル・ワーカーのみが従来通りに仕事をすることを許された。

 ロックダウンは徐々に解除されつつあるが、コロナ禍中、LAをはじめカリフォルニアではある意外な産業が“必要不可欠”とみなされ、大繁盛している。それは、カンナビス(大麻)産業だ。

 同州では、1996年から医師による処方箋があればメディカル・カンナビスの使用が合法となり、2016年には嗜好用大麻が合法化、18年からは嗜好用大麻を販売できる免許がディスペンサリー(大麻の販売店)に交付され始めた。現在は、21歳以上なら酒屋でお酒を買うような感覚で大麻を買える。ディスペンサリーで運転免許証を見せさえすればいいのだ。もちろん、がん患者、不眠症患者、てんかん症患者、慢性疼痛に苦しむ人など、メディカル・ユーザーもディスペンサリーでカンナビス商品を購入する。

 大麻が合法化されてからは、商品の成分や生産者の情報が透明化され、大麻関連グッズのクオリティも格段に向上。かくしてカンナビス産業は、ここ数年で飛躍的に多様化し、LAでは19年に大麻入りのドリンクとフードメニューが楽しめるアメリカ発の大麻カフェ「Lowell Farms: A Cannabis Cafe」がオープンして話題となったり、観光客向けの大麻ツアーが人気を博したりしていた。

 ディスペンサリーについては、内装がとてもおシャレで、まるで洋服のセレクトショップのような雰囲気の店も多いが、そこで売られる商品のバラエティさには驚かされる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年8月号

「茜子」のグラビア新境地

「茜子」のグラビア新境地

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ