サイゾーpremium  > 連載  > 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」【第一回】/ダンサー・君島かれんの野良知性
連載
五所純子「ドラッグ・フェミニズム」【第一回】

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】麻薬のドレスを脱ぎ捨てるダンサー・君島かれんの野良知性

+お気に入りに追加
1811_002050000035_300.jpg
ドラッグとはじめて接触したのは14歳のときだったという。(写真/草野庸子)

 仲見世通を抜け、かれんが先へ先へと歩いていく。客を引っ張るでもなく、物を売りつけるでもなく、会話を交わすでもなく、男たちが等間隔をおいて点々と立つ。キャバクラや性風俗店のケバい色彩のなか、人間たちはぼんやりする。「かれんちゃん、変わったね」、男が切り裂くように囃した。「私、変わったんだよ」。かれんが叫んで返した、声のほうには目もくれずに。男の声量のほうが、わずかに大きかった。

 錘だ。どす黒くて、べったりとつなぎ留めて、いつまでも足を引っ張る。ぐれ始めたのは中学生のとき、持ち前の正義感からいじめられっ子をかばうと、全員から敵に回された。はじめて街を出たいと思ったのは18歳のとき、亡き母の念願でもあったダンスに励み、ゴーゴーダンサーとして名前が売れだすと、地元の仲間ほどそれを傷つけた。芸能界をあきらめたのはいつだったか、舞台裏で女性タレントと話すうちに、過去を洗いざらい暴かれる職業なのだと気づいた。「バカはすぐ終わる街」「ここで生まれたくなかった」「人生リセットできるなら早く川崎から引っ越す」、そう言いながらかれんは今も地元に住んでいる。ここから逃げたくないのかと聞かれれば、「昔の関係は切りたいけど、地域としては居心地がいいから。都心にアクセスいいし、ラクだし」と、あっけらかんと笑う。

「いろんな騙され方して、裏切られなかったことなくて、人間不信になって、闇ばっかつくられて。そこに薬物はだいたいあった。だから大事な話は誰にもしない。人を信じたい気持ちは撒き餌みたいに少しずつ分ける。この街で学んだこと」

 かれんには、話したくても話せないことがある。話しても書けないことがある。

「あのときだけは、普通に幸せになると思ったし、普通への憧れが強くなってたのに。ウチはお母さんが死んでるから命の大切さを知ってるし、周りは堕ろしたり、シングルで育ててたり、結局はクスリ漬けになってる母親も見てきてるから。私はそうはならない、普通の家庭やるって、決めてた。私の人生は切り上げて全然いいよ、あなたの言う通りにしますよ、平気でそう考えてた。でも、なんかわかった。わかりたくないけどわかりましたよ、もう」

 未来を思い描けば描くほど、嫌な現実をなぞってしまう。幸福は女と子だけで成り立つわけがないと思うほど、かれんが直面する画は母子像ばかりだった。

女の切り札は使わないほうがカッコいい


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』