サイゾーpremium  > 連載  > 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」【第一回】/ダンサー・君島かれんの野良知性
連載
五所純子「ドラッグ・フェミニズム」【第一回】

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】麻薬のドレスを脱ぎ捨てるダンサー・君島かれんの野良知性

+お気に入りに追加

――覚醒剤、コカイン、大麻、向精神薬……クスリに溺れる女たちを嗤うのはたやすい。だが、彼女らの声に耳を澄ませば、セックスやジェンダーをめぐる社会の歪みが見えてくる。これは、文筆家・五所純子による“女とドラッグ”のルポであり、まったく新しい女性論である。

1811_002065880007_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
2018年2月、コカイン使用の疑いで逮捕されたゴーゴーダンサーの君島かれん。(写真/草野庸子)

「あんま覚えてないんですよね」

 まただ。かれんも言う、リナも真弓も言った。初めてクスリをやったのはいつ? 捕まったときの状況は? どう殴られた? あいつと出会ったきっかけは? 過去の重要な局面を問うと、彼女たちは“覚えていない”と答える。はぐらかしているのではない。実に記憶が曖昧なのだ。自分の身に起きていることに注意深くブックマークをつけながら今を体験している人なんていない。それは押し入り強盗でなく、忍びやかに日常に溶け込み、気づけば私がそれだった。他人に見える転機と、本人が感じる転機とは、たぶん違う。

 現在21歳の君島かれんは、2018年2月に逮捕された。コカインを使用したとする麻薬取締法違反容疑。

「びっくりしたのは、弁護士に見せられたヤフーニュース。“一緒にいた知人”とか“職務質問”とか間違ってて、何言ってんのって。20日間勾留されたけど、誰にも助けを求めてないし、悲しくて泣いたこともない。でも、先輩とか仕事仲間とか毎日来てくれて、それも責める感じじゃなくて、『気持ちわかるから』って気遣ってくれて、うれしかった。親? 家族に頼るのは違くないですか。私、10代で何度も家裁(家庭裁判所)行って、『今のうちはいいけど、20歳超えて捕まったら家出てけよ』って、父親と約束したから」
 全国各地のクラブ・イベントに引っ張りだこのゴーゴーダンサー。フリーランスで活動するかれんは、アガリもケツも自分持ち。一般人よりもずっと私事が明かされるが、芸能人のように守ってくれる事務所はない。「有名人とゲトーの間」と自分の位置を言い切り、「(警察は)ちょうど狙いやすかったんでしょ」と冷ややかに振り返る。メディア露出が増え、ヒップホップ界隈の逮捕劇が続いた時期だった。警察とメディアが組んだ薬物乱用防止キャンペーンに巻き込まれたと見る向きもある。かれんには執行猶予3年の判決が下り、逮捕後3カ月で復帰した。「とにかく現場に詫びを入れたかった」。あれから時間がたった今も、筋の通らない自分に怒り、筋を通せない自分に焦る。――復帰早すぎ、どうせまたやるだろ、この薬物中毒者――。かれんを一躍押し上げたSNSの声、仲間の囁き、職場の評判、噂話がすみやかに牙をむく。インスタグラムの光は強く、どさ回りの影は濃い。華々しく着せられていく汚名をどう拭い去るか、それともこのまま転落するか。ひとりの女が劇場化した。

「薬物のこと知ってる? コカインとシャブの違いも知らないくせに。――そう言いたかった。それに逮捕自体、なんで今なんだろうって。いろいろやってきて、いろいろ足洗ったのに、今さらたかがコカインで……。“たかが”なんて言ったらまたヘイトが増えるってわかってる。けどさ。地元周りはシャブ中がめちゃくちゃ多くて、そういうのが嫌で、昔の人間関係は全部切ってきた。でも、まだ。この前、中学からの友達に会ったら超ガリガリで。――もうやめたっしょ。やめたやめた。いや、やってるっしょ。やってないことないけど。ほら、やってんじゃん――。その子、赤ちゃんに母乳あげれないって。それで喧嘩になって、あれから口きいてない」

 かれんは14歳のときに大麻を吸った。あるいは脱法ハーブだったか。もうどちらかわからない。地元・川崎駅前の仲見世通、ローソン脇の地べたに座り、女子3人でナンパ待ちするのが日課だった。家から一駅分の距離、さえない近所よりも、人も店も金も多い街のほうが刺激的で楽しい。夜となれば帰宅者や酔客や客引きが増えていく通りで、彼女たちの姿は自分で思っているよりも小さく幼い。女も男も若いのも老いたのも声をかけてきて、そのなかから厳選するように友達の輪を広げる。あるとき活きのいい男たちの車に乗る。「これ吸ってみ。新しいタバコ」。差し出された紙巻き煙草はくたびれていて、臭いがきつい。吸うと、頭がすこんと抜けた、体がぶわりと浮いた。なにこれやばいおもしろい。

「そこからですね。自分から特別探さなくても、よく見たら近くにいっぱいあった。カモフラみたいなもので、それまで柄が浮かんで見えなかっただけ。今だって、私がシャブでもコカインでも欲しいって言ったら、今日中に手に入る。ここはそういう街だから。14歳は早かったし、きっかけはナンパだったけど、遅かれ早かれ、やる環境にいたんだと思う。ドラッグって絶対自分からじゃないですよね。

 あと、ヒップホップの後押しもあったかな。3歳からダンスやってて、中学のときから意味もわからずDJ PMXとかキミドリとか聴いてて、そんなふうに音楽が入ってくるのとガンジャとかハーブが入ってくるのって変わんなかった。みんなが白い目で見るのに余裕でやってる奴、それがイケてると思ってたし。中二病精神全開だった。けど、アイス・キューブが『実はマリファナ吸ってませんでした』って言いだしたら、逆に大騒ぎになるよね。あの頃はまだわかってなかったけど、ラップもちゃんと聴いたらドラッグに線引きがあって、マリファナとかコカインはキメてイエーイっていうのはあっても、シャブはダメだって言ってる。『俺は“冷たいの”で人生のどん底まで落ちたけど、そこから這い上がって今があるんだ』って。シャブが出てくるとしたら、そういうストーリーでしょ。私はそれ、すごいわかる」

シングル、麻薬中毒……見てきた“不幸”な母親


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー

NEWS SOURCE

インタビュー

連載