サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【あまちゃん】人気の裏で仕組まれた大人の目論見

国民的人気を誇るNHK朝ドラの裏側

原作や脚本、キャスティングなどが話題となるNHK朝の連ドラ。シリーズ88作目となる今回は、東北の漁村を舞台にした宮藤官九郎オリジナル脚本による『あまちゃん』が放映中だが、その出演者を見る限り、サイゾーではおなじみの大手芸能プロダクションの影がチラつく。その裏側では意外な利権争いがあるようで……。 

1309_news_ama.jpg
『あまちゃん』の舞台になった架空の町北三陸市観光協会のHP。

 『半沢直樹』(TBS)や『Woman』(日テレ)、『DOCTORS2』(テレ朝)など、話題作揃いとなった今クールのドラマ。なかでも、ひと際異彩を放っているのがNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』【1】だ。

 今年4月の放送開始以来、北三陸の海女をモデルにした同作の視聴率は軒並み20%を超える数字を弾き出し、最近では各週刊誌がブームに便乗した特集記事を組むほどだ。気の早い芸能メディアでは、主人公の母親役を演じる小泉今日子や大物女優役で出演している薬師丸ひろ子の『NHK紅白歌合戦』出場予想を報じている。

 その人気の背景には、女子高生が海女となり、やがてアイドルを目指すといった人気脚本家の宮藤官九郎によるストーリー構成や、主人公の能年玲奈、小泉ら個性豊かなキャスト陣の魅力などがあるわけだが、それと同時に、既存の芸能界の一大勢力による大きな仕掛けが事前に施されていたという。

「主要キャストの顔触れを見れば一目瞭然ですが、『あまちゃん』には芸能界のドンことバーニングプロダクション【2】の周防郁雄社長の意向が強く反映されています」とは芸能プロダクション関係者。

 そもそも『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役には企画段階から候補として元AKB48の前田敦子や元ももいろクローバーの早見あかりなどの名前も挙がっていたが、オーディションを経て白羽の矢が立ったのは、レプロエンタテインメント所属の能年だった。レプロといえば、長谷川京子や新垣結衣らを擁し、バーニングの有力傘下として広く知られている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』