サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 『あまちゃん』人気で【小泉今日子】が紅白内定!?

1308_az_amachan.jpg
『春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編』ジャケ写の有村架純がアイドル時代のキョンキョンに本当似ている。

 毎週20%超えの高視聴率を記録し、回を重ねるごとに話題になっているNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』だが、ついに音楽業界を席巻し始めた。

 主演の能年玲奈演じる天野アキの母親・春子役の小泉今日子が劇中で歌った「潮騒のメモリー」がレコチョク「着うた」の週間ランキング(7月17日から23日)で初登場1位を獲得。

 先月19日には同ドラマのサウンドトラックが発売され、今月31日には「潮騒のメモリー」のシングルが、8月28日には脚本を手がける宮藤官九郎が監修・選曲という、小泉演じる春子がアイドル歌手を夢見ていた80年代の楽曲を収録したコンピレーションアルバム『春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~』が2バージョン同時に発売される。

「このままだと劇中でアキらが使った方言『じぇじぇじぇ』が『新語・流行語大賞』にノミネートされることは確実で、大賞受賞の可能性も高いだけに、その勢いをおおみそかの紅白まで引っ張って目玉として盛り上げることになる。そこで早くも局内で浮上しているのが、88年以来25年ぶりの紅白出場となる小泉が紅組のトリを務め、『潮騒のメモリー』でしっとりとしめるというプラン。『あまちゃん』は数字を持っているし、小泉の所属事務所は“芸能界のドン”こと周防郁雄社長率いるバーニングプロダクション。紅白の歌手選考にも絶大な権限を持っており、ほかの出場歌手から不満の声があがるはずがない」(音楽関係者)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載