サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【芸能】KARA、少女時代は落選? 日本一早い紅白歌合戦出場予想
ニュース
日韓問題だけじゃない――紅白キャスティングの裏

KARA、少女時代はやっぱり落選!? 日本一早い! 紅白歌合戦出場予想

+お気に入りに追加
1211_az_KARA.jpg
KARA『エレクトリックボーイ』

 早いもので、今年も残すところわずか2カ月余り。音楽業界では、例年同様に暮れの祭典「NHK紅白歌合戦」の話題で持ちきりだ。

「紅白」といえば、11年は10月に全国で施行された暴力団排除条例の影響により、過去にコワモテ筋との接点が取り沙汰された常連演歌歌手の“落選”が危惧された。結果的には、NHKサイドの「過去は問わない」という通達により、無事に出場を果たすことができたわけだが、今年は昨年以上に社会問題が選考に大きな影響を及ぼしそうだ。某レコード会社スタッフはこう語る。

「なんといっても日韓問題がネックになるでしょうね。昨年は、折からの韓流ブームの後押しを受けてKARAや少女時代が出場しましたが、ここまで竹島問題がこじれてくると、NHKも韓流アーティストの抜擢には及び腰になるでしょう」

MEMO紅白歌合戦
12月31日に生中継される『NHK紅白歌合戦』のこと。アイドルから演歌歌手まで、幅広い出演者であらゆる世代が楽しめる構成になっている。近年では、韓流ブームによりK-POP歌手の出場に注目が集まるが、反韓感情が高まる中、韓国勢の出場に黄色信号が灯っているという。

 日韓問題がこじれる中、昨今ではBS日テレやBSジャパンが韓流ドラマの放送を中止したり、韓流タレントの来日イベントが延期されるなど、芸能界にも大きな影響が出ている。

「メンバーが『独島は韓国の領土』と公言している少女時代は、ほぼ出場はないとみていい。8月にソウルで行われた帰国会見で『竹島はどこの領土か?』との質問を受けて沈黙を貫き、母国でバッシングを受けながらも日本への気遣いを見せたKARAも『出場はない』という。東方神起に関してはエイベックスという大きな後ろ盾があり、過去に複数回の出場実績があることから出場を後押しする報道がチラホラと出ていますが、安泰とはいえませんね」(某スポーツ紙・音楽担当記者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』