サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 本当に働きたい【芸能プロ】はどこ?

──大手から中堅まで、男女5人の芸能マネージャーが集結。給与、勤務時間、仕事量、抱えているタレントの質、芸能界における力の発揮しやすさ、さまざまな観点から「オレらが本当に働きたい芸能プロ」「本当に働きたくない芸能プロ」を徹底検証!!

[座談会参加者]
A…中堅プロダクションマネージャー
B…大手プロダクションマネージャー
C…中堅プロダクションマネージャー
D…小規模プロダクション代表
E…大手プロダクションマネージャー

1206_az_geinou.jpg
『武井咲写真集「PLUMERIA」』(小学館)

 芸能マネージャーにとって、働きやすい会社とはどんなところだろうか? 売れっ子を多数抱えている大手事務所か、それとも小規模で家族的な事務所か。やはり芸能界のドンがいるあの事務所か……? 素人から見ると、大手芸能プロのほうが給料も高く、いい仕事がたくさん舞い込んでくるのではないかと思われるが、実際はそうとは限らないようだ。現役マネージャーが選んだイチオシ芸能プロは、実はあの会社だった!

A 私が嫌いな事務所は、上戸彩や米倉涼子らが所属するオスカープロモーションだな。とにかく、古賀誠一社長が自分のお気に入りをゴリ押ししている印象がある。マネージャーも、社長に気に入られないとすぐに配置替えされるという噂だし。社長の言うことは絶対だから、下の人間は大変だと思うな。

B 武井咲のプッシュの仕方はすごいよね。確かに彼女は逸材。あんなに無理やり仕事を入れられても、消耗しないなんてすごいよ。とはいっても、あの売り方はオスカーならでは。たとえば中谷美紀や竹内結子ら多くの女優を抱えるスターダストプロモーションだったら、逆に露出を控えて希少性を高める……なんて方向でいくんだろうけど。

C スターダストといえば、ももクロ(ももいろクローバーZ)の人気が沸騰してるね。その割にはあのユニット、ビジネス的にそこまでうまくいってるわけじゃないって聞いたことがあるんだけど、実際はどうなんだろう? スターダストの細野義朗社長は元オスカー。業界では、石を投げれば元オスカーに当たる。底辺からトップまで、オスカー出身者は多いよね。

D スターダストは、以前はオスカー同様ワンマンっぽい印象があったけど、最近はそうでもないな。各部署のチーフマネージャーが、すごくしっかりしているイメージがある。なにせももクロなんて、細野社長のあの古い感性からは絶対に出てこないでしょ(笑)。

E 吉本興業はどう? 夜中の2時から会議、なんてことが普通にあって、ビックリするよね。マネージャーひとりで10人近くの人気タレントを担当しているなんてざらだから、各タレントの現場に来るなんて基本的にないんだけど、それでもめちゃくちゃ大変そう。あまりの激務に、すぐ辞めるマネージャーも多いよね。

D 激務でも、「ノウハウを学んで独立する」とか、目標を見つけてモチベーションが保てればいいんだろうけどね。なんせこの業界、新陳代謝が働きにくい。老舗プロは、もっと若い力を生かせるように、解体して世代交代したほうがいいと思う。氷川きよしらが所属する演歌系芸能プロ・長良プロダクションの長良じゅん会長が先日亡くなったから言うわけじゃないけど、こういった芸能界の黒幕たちが亡くならないと新陳代謝が起こらないなんて、業界としてちょっとおかしいと思うな。

C 老舗プロといえば、中山秀征、ネプチューンらが所属するナベプロ(ワタナベエンターテインメント)も嫌い。ナベプロを辞めたある社員は、渡辺ミキ社長から「1年間はこの業界で働くな」ってキツく注意されたらしいよ。さらに1年後、別の事務所に入社するときは、必ず社長に報告して筋を通せと。それでも社長が裏で「入社させるな」なんて手を回すこともあるとか。そこまでするのは、自社のノウハウや情報がバレるのがイヤだから。自分のところだって他社から経験者を引き抜いてきているのに、ひどい話だよ。

E 僕が新卒でナベプロを受けた時、「新入社員は3年間は契約社員」と言われて驚いた。3年も正社員になれないなんて……と、受けるのを辞めたよ。

D 最大手だって100人かそこらの規模の会社がせいぜいのこの業界で、新卒をバンバン採用しているってことは、それだけ辞めていく人も多いということ。有名プロ、老舗プロだから働きやすいってわけでもないんだよね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』