> 最新記事
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

「代表作は、みのもんたのセクハラ」で大丈夫!? 元TBS・吉田明世アナ、フリー転身後の勝算は……

――  今や芸能界では、フリー女子アナウンサーが飽和状態だ。  そんな中、1月にTBSを退社した吉田明世アナが、2月からサザンオールスターズ、福山雅治、吉高由里子らが所属する大手事務所・アミューズに所属す...

「代表作は、みのもんたのセクハラ」で大丈夫!? 元TBS・吉田明世アナ、フリー転身後の勝算は……
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

嵐・活動休止と、ファンが追い詰めた"アイドル"大野智・休業のワケ

――  NHKのニュース番組がトップで扱うほどの衝撃だった。人気アイドルグループ「嵐」が2020年末を持って活動休止を発表した。1月27日(日)夜8時から開いたメンバー5人の会見には200人近い報道陣が集ま...

嵐・活動休止と、ファンが追い詰めた
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

橋本環奈の“修整”写真集は「マネキンみたい」!? ファンから不満続出で……

――  1月25日に公開となった映画『十二人の死にたい子どもたち』が、観客動員ランキングで初週2位発進。興収20億円が狙える勢いだという。  注目を浴びているのは“4番”のキャラクターを演じている橋本環奈...

橋本環奈の“修整”写真集は「マネキンみたい」!? ファンから不満続出で……
第2特集
特別企画「ザ・グレイテストラウンドガール」

圧巻の「ザ・グレイテストラウンドガール」11人!――むせかえる色香で観客全員を一発ノックアウト!

―― 日本チャンピオンや、誰もが知っている人気選手もいない――。そんな中、選手たちの熱戦と、スタイル抜群の美女たちをズラリと揃えるという、類を見ない試みで観客の大きな声援を集めるボクシング興行があった。

圧巻の「ザ・グレイテストラウンドガール」11人!――むせかえる色香で観客全員を一発ノックアウト!
連載
[連載]カナ夫&カナ子の「LA大麻栽培記」【3】

マリファナの“収穫量”を増やすテクと“天敵”の急襲

―― カナビス(マリファナ)を自宅で栽培している人たちと会話をすると、もっともよく出てくる言葉が“yields(収穫量)”。カナビスを育てているときに水のpH(水素イオン指数。液体の酸性・アルカリ性の程度を...

マリファナの“収穫量”を増やすテクと“天敵”の急襲
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

嵐・活動休止会見「無責任じゃないか」発言の記者、木村拓哉も激怒させていた!

――  1月27日にメンバー5人がそろって会見し、来年末での無期限活動休止を発表した人気グループ・嵐だが、会見で話題となったのが、ある記者からの“無責任質問”だった。

嵐・活動休止会見「無責任じゃないか」発言の記者、木村拓哉も激怒させていた!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

ビートたけしが嵐を酷評! 「SMAPのほうが上」「レベルが違った」発言のワケとは?

――  芸能メディアでは、ジャニーズの人気グループ・嵐が2020年をもって活動休止を電撃発表したニュースで持ち切りだが、その中で、ビートたけしの発言が異彩を放っている。  客員編集長を務める「東京スポーツ...

ビートたけしが嵐を酷評! 「SMAPのほうが上」「レベルが違った」発言のワケとは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

常盤貴子『グッドワイフ』で“大御所”橋爪功と確執?「証人」の発声をめぐり……

――  役作りの成果は「吉」と出ているのか、それも「凶」と出ているのだろうか。  1月27日に放送された常盤貴子主演のドラマ『グッドワイフ』(TBS系)第3話の平均視聴率が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関...

常盤貴子『グッドワイフ』で“大御所”橋爪功と確執?「証人」の発声をめぐり……
連載
伊藤文學の薔薇族回顧譚【5】

【薔薇族回顧譚】ゲイメディア史、群雄割拠時代の幕開け

―― 「薔薇族」は、1971年の誕生以降、出会いや自己表現の場を求める男性同性愛者の強い支持を受け、多いときで3万部ほども発行されるようになった。この数字は今と違い、出版界に活気があった当時としてもそれなり...

【薔薇族回顧譚】ゲイメディア史、群雄割拠時代の幕開け
連載
友清哲のビールの怪人【8】

不死鳥のごとく甦った孤高の天才ブルワー!――今度は変化球だけでなく速い直球で勝負!

―― 今から2~3年前、「万人受けするビールは造らない」と宣言し、颯爽と業界に登場したブルワーがいる。

不死鳥のごとく甦った孤高の天才ブルワー!――今度は変化球だけでなく速い直球で勝負!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

TBS・宇垣美里アナが見た「銃乱射の夢」は“性的欲求の表れ”か?

――  それが意味する深層心理は?  TBSの宇垣美里アナが、1月28日に発売された「週刊プレイボーイ」(集英社)の連載コラムにて、自身が「よく見る夢」について言及。これがテレビでのキャラ同様の闇深さだ

TBS・宇垣美里アナが見た「銃乱射の夢」は“性的欲求の表れ”か?
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

マッカーサーと昭和天皇(1)

―― あと数カ月で平成も終わろうとしているが、昭和が終わった日のことは、よく覚えている。当時小学生だった私は、友人のA君宅で昭和天皇崩御のニュースをひとしきり見た後にテレビゲームで遊び、夕方帰宅した。夜にな...

マッカーサーと昭和天皇(1)
連載
おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ研究所」

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】ますますエッチしなくてもよくなるオナホ〈ピストンキング 電王〉

―― アダルトグッズ研究所は、新年早々、運営業務にてんてこ舞い。植野君とアントニー君が次々と書類を運び、おたけ所長が必死に決裁しているんですが、いつまでたっても終わりません。それもそのはずで、どう見てもハン...

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】ますますエッチしなくてもよくなるオナホ〈ピストンキング 電王〉
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

嵐、活動休止“電撃発表”でドラマ・映画界の「ジャニーズ離れ」急加速!

――  芸能界に激震が走った。27日、嵐の5人が都内で会見を開き、2020年いっぱいでの活動休止を発表。所属のジャニーズ事務所は16年末に解散したSMAPに続き、看板グループを失うことになった。

嵐、活動休止“電撃発表”でドラマ・映画界の「ジャニーズ離れ」急加速!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『ロンハー』火曜深夜移動で“打ち切り”前夜? フット・後藤輝基が消える!

―― “執行猶予”がついたものの、V字回復の見込みは限りなく低そうだ。 『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)1月25日放送回にて、放送時間が変更されることが発表された。同番組は、火曜夜9時から金曜夜9...

『ロンハー』火曜深夜移動で“打ち切り”前夜? フット・後藤輝基が消える!
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』