> 202205の検索結果

202205 の検索結果

インタビュー
P様の匣

【モト冬樹】古希を迎えたベテランタレントが語る「アマチュアの最高峰」映画

―― 出演者なのに「この映画についてなんと言っていいかわからないんだよ、俺も……」とコメントに困る「バカ映画」とは、一体!? バカ映画の巨匠・河崎実監督による“不条理どうぶつシリーズ”最新作『タヌキ社長』が...

【モト冬樹】古希を迎えたベテランタレントが語る「アマチュアの最高峰」映画
連載
澁川祐子の「味なニッポン戦後史」【1】

専業主婦率上昇で浸透した「だし」をめぐる狂騒 「うま味」(前編)

―― 甘い、辛い、酸っぱい……日本の食生活で日常的に出くわす味がある。でも実は、“伝統”なんかではなく、近い過去に創られたものかもしれない――。身近な味覚を通して、知られざる戦後ニッポンを掘り起こす! 日本...

専業主婦率上昇で浸透した「だし」をめぐる狂騒 「うま味」(前編)
第1特集
深刻なる盗撮問題も勃発

悪徳行為の温度も上昇 令和時代のサウナ愚行

―― 人気YouTuberのはじめしゃちょーが「もうサウナに行くのをやめます。もうムリムリ、アホらしい」と、マナーを守らぬ利用者に対する苦言がヤフトピに挙がるなど、ますます過熱する昨今のサウナブーム。マナー...

悪徳行為の温度も上昇 令和時代のサウナ愚行
連載
小原真史の「写真時評」【111】

北の玄関口はこだて

―― 過去から見る現在、写真による時事批評 「写真発祥地の原風景 幕末明治のはこだて」展(東京都写真美術館)を訪れたのは、ちょうどロシアによるウクライナ侵攻が始まった頃だった。この展覧会には箱館が函館という...

北の玄関口はこだて
第1特集
国営放送のハッキングも実は眉唾もの?

ロシアに宣戦布告で再注目も……アノニマスの危うい正義と限界

―― ロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシアへの宣戦布告や国営放送のハッキングなどを喧伝し、再注目を浴びている国際抗議集団「アノニマス」。正義の名の下に違法性が高い抗議活動まで行う彼らは、“謎のダークヒーロー...

ロシアに宣戦布告で再注目も……アノニマスの危うい正義と限界
第2特集
エースダンサーがサイゾーに出張撮影

「バーレスク東京」エースダンサーもも 六本木で艶やかに舞う踊り子「地雷系」×「ヴィンテージ」

―― 六本木のショークラブ「バーレスク東京」の人気者で、『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)に出演したことで全国的な 知名度を得た、業界大注目の“もも”が初登場! 本誌撮影陣が思い描く「地雷系女子」にめ...

「バーレスク東京」エースダンサーもも 六本木で艶やかに舞う踊り子「地雷系」×「ヴィンテージ」
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第164回

オスカーを得たウィル・スミスの強すぎる“父権”

―― 雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。 ある女性のテニスプレイヤーが4万ドルを手に入れるところを目にしたリチャー...

オスカーを得たウィル・スミスの強すぎる“父権”
第1特集
「はひふへほー」と叫ぶポストモダンな悪!

アンパンマン最大の敵 〈ばいきんまん〉とは誰だ?

―― 長年、日本の子どもたちに親しまれてきた『アンパンマン』。その世界の大まかな構造は今さら説明するまでもないが、 いつも正義の主人公やその仲間たちに悪事を働くばいきんまんは、実のところ何者なのか。結局はア...

アンパンマン最大の敵 〈ばいきんまん〉とは誰だ?
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【74】

成年の記者会見で見せた愛子様の非のうちどころのないプリンセス像

―― 日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます 3月の記者会見では、春の芽吹きを思わせる清楚な淡いグリーンのツーピースを着用された愛子様。成年を迎え一層お綺麗になられたようで、天皇陛下...

成年の記者会見で見せた愛子様の非のうちどころのないプリンセス像
第1特集
どんな罪を犯した人間が行く場所か

『源氏物語』紫式部も堕ちた! 日本と西洋の〈地獄〉ガイド

―― 日本では昔から、大人が悪さをする子どもを「地獄へ堕ちるよ」と叱った。ただ、地獄の概念は他国にもある。それは仏教やキリスト教でどのように定義され、日本や西洋の社会でいかにとらえられてきたのか。そして、近...

『源氏物語』紫式部も堕ちた! 日本と西洋の〈地獄〉ガイド
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【175】

「選挙買収疑惑」を断ち切るための公選法改正とは

―― ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地 先の参院選で広島選挙区を舞台に露骨な選挙買収が行われたことが明らかになったが、当時、これは例外的なケースだと思われていた。しかし、実際はそうではな...

「選挙買収疑惑」を断ち切るための公選法改正とは
第1特集
平成・令和仮面ライダーが表現する現代の“悪”【2】

まるでYouTuberみたい!? 今や“正義”を掲げない現代仮面ライダーの姿

―― 「平成・令和仮面ライダーが表現する現代の“悪”【1】」の最後に触れた『ヒーローと正義』の著者である白倉伸一郎氏は、『仮面ライダークウガ』にプロデューサー補として参加し、その後平成前期9作品のうち7作で...

まるでYouTuberみたい!? 今や“正義”を掲げない現代仮面ライダーの姿
第1特集
平成・令和仮面ライダーが表現する現代の“悪”【1】

カルト集団の一員から私利私欲の暴走へと変化 平成・令和仮面ライダーが表現する現代の“悪”

―― 正義のヒーローを描くフィクション作品は、常に悪人と向き合ってきたと言えるだろう。中でもいまだに根強い人気を誇る 「仮面ライダー」シリーズを見ると、そこでは実に多岐にわたる悪の姿が活写されている。主に平...

カルト集団の一員から私利私欲の暴走へと変化 平成・令和仮面ライダーが表現する現代の“悪”
インタビュー
P様の匣

【阪元裕吾】「日本映画批評家大賞」新人監督賞を受賞! 26歳の若き監督による映画の創り方

―― 「お客さんから1900円という大金をもらっているので、その分、密度の濃い体験をお返ししたい」──若手映画監督が考える実写邦画の魅力と懸念点。 2人の女の子の「ゆるい同棲生活」と「本格殺し屋活動」を描い...

【阪元裕吾】「日本映画批評家大賞」新人監督賞を受賞! 26歳の若き監督による映画の創り方
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【75】

幽霊、悪党たちが笑うおぼこい業界。

―― ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった? 生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉 今号の特集テーマは「悪」らしいが、少女マンガの「極...

幽霊、悪党たちが笑うおぼこい業界。
第1特集
「悪い髪型」の変遷【2】

コワモテの象徴! パンチパーマとアイロンパーマの勃興史

―― 本文では紹介しきれなかったが、「悪い髪型」といえばこれらである。日本独自の髪型はどうやって誕生し、なぜ廃れていったのか? かつて、不良だけではなく、ヤンチャな人たちの髪型の代表格とされていたのものには...

コワモテの象徴! パンチパーマとアイロンパーマの勃興史
第1特集
「悪い髪型」の変遷【1】

校則でツーブロック禁止! 「悪い髪型」とは何なのか

―― 中学や高校の校則ではツーブロックさえも、「悪い髪型」とされてしまうそうだが、そんなことを言ったらリーゼントやパンチパーマといった、昔からのヤンキーの髪型はどうなる? そこで、学校教育における「悪い髪型...

校則でツーブロック禁止! 「悪い髪型」とは何なのか
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【19】

【New Kids On The Block】ニュー・キッズ今昔物語

―― 人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う! ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック 1994年の解散までに経験したツアーは...

【New Kids On The Block】ニュー・キッズ今昔物語
第1特集
“ヤクザ”と恋する少女マンガ

若頭に溺愛されたい!? 今、少女マンガで“極道”がアツい

―― 現在、少女マンガの世界において「極道」との恋愛モノが人気ジャンルになっている。あの「なかよし」にも、女子高生×若頭の恋愛模様が掲載されているのだ。もともとヤクザはフィクションの世界で人気のモチーフだが...

若頭に溺愛されたい!? 今、少女マンガで“極道”がアツい
連載
AmamiyaMaakoの「スタジオはいります」【9】

【TOMOKO IDA】考えすぎず行動へ すべては体当たり!

―― クリエイティブを学び取れ! 気鋭のDTM女子による音楽道場破り 今月はダンサー、DJを経てビートメイカー/プロデューサーとして活躍されているプロデューサー・TOMOKO IDAさんの制作部屋にお邪魔し...

【TOMOKO IDA】考えすぎず行動へ すべては体当たり!
第1特集
業界が見極める “悪”の境界線

逮捕報道はもう慣れた? 音楽に必要な普遍的不良性

―― どの分野においても、どこか惹かれる不良的な要素。本稿では音楽業界のマーケティングにおける“悪”の部分に焦点を当て、「どこまでがOKで、どこからがアウトか」の境界線について座談会を決行。果たして、その悪...

逮捕報道はもう慣れた? 音楽に必要な普遍的不良性
インタビュー
P様の匣

【tofubeats】「もうネタにするしかなかった」突発性難聴とコロナで自覚したイメージと現実の乖離

―― 10年前、神戸のベッドルームで名曲「水星」を生み、「平成生まれのトラックメイカー」と呼ばれていたtofubeats。東京への移住、結婚、コロナ禍を経て作り上げた新作とは?

【tofubeats】「もうネタにするしかなかった」突発性難聴とコロナで自覚したイメージと現実の乖離
連載
DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【15】

【サイゾーpremium特別版】好きなものを好きなだけ JUN INAGAWA 参上

―― ダンスフロアからの新たな刺客。DARUMAとJOMMYの画期的音楽探究。 「職業・絵描き」であり、今やDJ/クリエイター/イベンター/デザイナー/マンガ家など、あらゆる肩書をフルスロットルで炸裂させ...

【サイゾーpremium特別版】好きなものを好きなだけ JUN INAGAWA 参上
第1特集
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第91回

フェイクニュースがあふれるこの世界で、僕らはSNSを使いこなすことができるのか?

―― 通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案! ロシアによるウクライナへの侵攻が始まってから、ネットには各陣営のプロパガンダ...

フェイクニュースがあふれるこの世界で、僕らはSNSを使いこなすことができるのか?
第1特集
歴史上人物のイメージの変遷

大正時代に作られた新撰組のイメージ 『鎌倉殿の13人』が変えた歴史上悪役の本当の評価

―― 日本史には、長く悪人として語られてきた数々の歴史上の人物が存在するが、そのイメージをあえて覆す創作も珍しくない。悪評はなぜ生まれ、語られるのだろうか。ここでは過去の大河ドラマを中心、“歴史上の悪役”の...

大正時代に作られた新撰組のイメージ 『鎌倉殿の13人』が変えた歴史上悪役の本当の評価
連載
萱野稔人と巡る超・人間学【第25回】

萱野稔人と巡る【超・人間学】――ウクライナ危機と“大国”をめぐる地政学

―― 人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有する学識者と“人間”について語り合う。 ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始、国際秩序はこの戦争によってどう変わるのか。プ...

萱野稔人と巡る【超・人間学】――ウクライナ危機と“大国”をめぐる地政学
第1特集
シリコンバレーに受け継がれる錬金術

ジョブズ、孫正義が広げた風呂敷の中身 テック業界にのさばる大ボラ起業家列伝

―― ビジネスの最先端を突き進むテック業界。そんな多くのサービスは我々の生活を豊かにしたことに異論を持つ人はほぼ皆無だろう。だが、その裏側では業界に脈々と受け継がれた“ホラと詐欺”による錬金術があることもま...

ジョブズ、孫正義が広げた風呂敷の中身 テック業界にのさばる大ボラ起業家列伝
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE TECH」【30】

プーチンの首根っこにスズをつける、謎の調査集団「べリングキャット」が急拡大

―― あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化に、社会や法律、倫理が追いつかない現代。世界でさまざまなテクノロジーが生み出され、デジタルトランスフォーメーションが進行している。果たしてそこは、ハイテクの...

プーチンの首根っこにスズをつける、謎の調査集団「べリングキャット」が急拡大
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
善悪の二元論で割り切れないダーティなインフルエンサー

ガーシーにコレコレ……暴露系YouTuberに見るポスト・トゥルース時代のメディア・リテラシー

―― 東谷義和氏ことガーシーやコレコレ氏といった、いわゆる“暴露系YouTuber”がネットニュースを騒がせている中で、彼らの善悪についても議論が分かれている。今やポスト・トゥルース時代を象徴するような存在...

ガーシーにコレコレ……暴露系YouTuberに見るポスト・トゥルース時代のメディア・リテラシー
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第157回「ウクライナの空」

―― 短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ 念力事報 第157回「ウクライナの空」

念力事報 第157回「ウクライナの空」
第1特集
世界の過激派集団最前線【2】

ネオナチを意識した極右組織が各国で台頭! ほぼテロリスト扱いの世界の過激派集団

―― ネットニュースなどでその名前は見かけるが、各国にそういった団体がいるので認知しにくい。そこで、海外の主要な極右・ネオナチ組織を紹介!イギリス 「ミス・ヒトラー」コンテストも開催 ナショナル・アクション...

ネオナチを意識した極右組織が各国で台頭! ほぼテロリスト扱いの世界の過激派集団
第1特集
世界の過激派集団最前線【1】

アゾフ大隊はやっぱりネオナチ? 世界で極右集団が台頭する理由

―― ロシアによるウクライナ侵攻の大義名分として、プーチン大統領は「ウクライナのネオナチ化」をたびたび主張している。確かに、開戦前から同国には欧州各国から極右が集まっていたというが、そんなに昨今の欧州ではオ...

アゾフ大隊はやっぱりネオナチ? 世界で極右集団が台頭する理由
第1特集
ソ連・ロシアの近現代史から読み解く

スターリン、ゴルバチョフらと比較! 「最高指導者」プーチンの 歴史的な評価とは?

―― ロシアのウクライナ侵攻。それを強行し、国際的な非難を浴びているプーチン大統領は今、世界一の悪人と呼べる存在かもしれない。戦場の惨状や現時点での彼の思惑については毎日あれこれ報じられているが、ソ連時代か...

スターリン、ゴルバチョフらと比較! 「最高指導者」プーチンの 歴史的な評価とは?
インタビュー
P様の匣

【喜多乃愛】演技も食レポも日々勉強! 注目の若手女優は杉咲花さんを見習いたい

―― 『花のち晴れ』や『弱虫ペダル』など、話題のドラマや映画に数多く出演する若手女優の歩みたい道筋とは? 現在公開中の映画『味噌カレー牛乳ラーメンってめぇ〜の?』に主人公の親友役として出演。過去にも『ハラス...

【喜多乃愛】演技も食レポも日々勉強! 注目の若手女優は杉咲花さんを見習いたい
連載
マルサの女

【あまつまりな】メモを取るようにしました。

―― 本誌2度目の登場で、1年ぶりに巻頭グラビアを飾っていただいたのは、3月30日にAMATSU名義で念願の歌手デビューを果たした、“2.5次元モデル”のあまつまりなさん。最近は数多くのグラビア誌やマンガ誌...

【あまつまりな】メモを取るようにしました。
サイゾープレミアム

2022年4・5月号

バーレスク東京・ももグラビア

バーレスク東京・ももグラビア

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ