> 201910の検索結果

201910 の検索結果

ニュース

コミックサイト「ウーコミ!/woocomi!」公開のお知らせ

―― 株式会社サイゾーは、女性のための“共感”コミックサイト「ウーコミ!」を10月11日にオープンいたします。

コミックサイト「ウーコミ!/woocomi!」公開のお知らせ
インタビュー
独創的なセンスを持つ新世代アーティスト

【Daichi Yamamoto】恵まれた音楽環境で育った新世代のアーティストは、ラップだけにとどまらず、歌をも操る。

―― 今もなお新たな才能の発掘場として機能する〈SoundCloud〉にて頭角を現したDaichi Yamamoto。独創的なセンスで作り上げられたデビュー盤『Andless』を引っ提げて本誌に登場。

【Daichi Yamamoto】恵まれた音楽環境で育った新世代のアーティストは、ラップだけにとどまらず、歌をも操る。
連載
友清哲のビールの怪人【16】

ビールだけでなく人材も作る! ブルワーを育てるブルワー……ビール造りを末永く教えていく!

―― 各地のブルワーを訪ねてまわる際、「どちらで修業されたんですか?」というのがお決まりの質問のひとつになっている。そこで高い確率で名が挙がるのが、今回ご紹介する栃木マイクロブルワリーである。

ビールだけでなく人材も作る! ブルワーを育てるブルワー……ビール造りを末永く教えていく!
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「神国日本」の残滓(下)

―― 戦前・戦中の「海外神社」には、日本政府や軍が皇民化教育の一環として創建した「政府設置神社」と、日本人移民有志らが創建した「居留民設置神社」があり、合計で1600社以上もあったといわれている。写真家の稲...

「神国日本」の残滓(下)
連載
おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ博物館」【6】

【おたけ×植野行雄×アントニー】デカさも動きもハンパない!〈バイブ〉の最終形態を見た

―― 訪れた人々を幻想世界へといざなう、アダルトグッズ博物館。その一角にある植物園では、スタッフのおたけ氏に連れられて、植野氏とアントニー氏が草花や鳥たちを鑑賞しているようです。愛らしい小鳥のさえずりに耳を...

【おたけ×植野行雄×アントニー】デカさも動きもハンパない!〈バイブ〉の最終形態を見た
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【33】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】インスタカメラマン〈RANBU〉のアダルトな鍵アカウント

―― ある時、インスタグラムで初めて見て釘付けになった写真があった。RANBU(演舞)という名前のアマチュア・フォトグラファーが撮った裸の女性の写真だ。そもそも彼のアカウントには鍵がかかっているのだが、俺の...

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】インスタカメラマン〈RANBU〉のアダルトな鍵アカウント
第2特集
セクシーすぎて一発KO寸前!? グレイテスト・ラウンドガール

いつもより艶っぽい!? ラウンドガールが見せちゃう? 魅せちゃう!

―― 本誌で何度か紹介してきた通り、元世界王者の戸高秀樹氏が会長を務める戸高秀樹ボクシングジム主催の「ザ・グレイテストボクシング」は、毎回10人以上のラウンドガールたちが腰を振り、リングに華を添えている。今...

いつもより艶っぽい!? ラウンドガールが見せちゃう? 魅せちゃう!
連載
五所純子「ドラッグ・フェミニズム」【第十一回】

【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】子を愛せない母・エリがアヤワスカ茶会で探した“さみしさ”

―― 「2011年3月11日、震災の夜、主人が帰ってこなかったんです。『仕事が終わらないから事務所に泊まる』って。私は息子と家にいて、すごく不安でした。あのとき、主人は浮気してたんですよね。表参道のカフェで...

 【五所純子/ドラッグ・フェミニズム】子を愛せない母・エリがアヤワスカ茶会で探した“さみしさ”
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第142回

中国資本の米工場は奴隷労働か……でも最低賃金は日本の倍!!

―― オバマ前大統領が映画会社を始めた。その名も「ハイヤーグラウンド(スティーヴィー・ワンダーの歌から)」。

中国資本の米工場は奴隷労働か……でも最低賃金は日本の倍!!
第2特集
サイゾー×Fresh!

【グランプリ・瀬戸 栞】「グラビアクイーン発掘オーディション」

―― 「メルヘンな世界に包まれたワクワクの撮影でしたし、Fresh!のグランプリ記念のグラビアなので、アイドルを始めてから今日までの一番の思い出になりましたっ!」

【グランプリ・瀬戸 栞】「グラビアクイーン発掘オーディション」
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【52】

ノルウェー王女が心酔するシャーマンと小室さんに共通点? 良家の女性たちがハマる男の定義

―― 眞子様と小室圭さんは一瞬同じアメリカにいたのに、七夕の織姫と彦星のように会えなかったのでしょうか。小室さんは結婚を目標に勉学に励み、成績上位25%に入ることができたそうですが、いまだ将来のビジョンが見...

ノルウェー王女が心酔するシャーマンと小室さんに共通点? 良家の女性たちがハマる男の定義
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【153】

【神保哲生×宮台真司×藤島 大】ラグビーW杯を100倍楽しむ醍醐味はブレークダウン

―― 9月20日に日本で開幕するラグビーW杯。今回は都立秋川高校、早稲田大学ラグビー部OBでスポーツライターの藤島大氏と、桐蔭学園、ICU、コロンビア大学ラグビー部OBである神保哲生氏の2人が、「ラグビーを...

【神保哲生×宮台真司×藤島 大】ラグビーW杯を100倍楽しむ醍醐味はブレークダウン
第1特集
心霊写真は廃れてしまったのか?

“グラビア”的に考察してみる心霊写真の現在――空前のブームはなぜ衰退した!? 心霊写真の存在意義を問う

―― 「肩の上に見知らぬ女性の顔が!」「雑木林に無数の男が!」「写真に無数の火の玉が!」――トイレに行くことや、ひとりで風呂に入ることにすら恐怖心を植え付けた心霊写真という存在。1970年代中期から始まった...

“グラビア”的に考察してみる心霊写真の現在――空前のブームはなぜ衰退した!? 心霊写真の存在意義を問う
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【53】

技術がAVとアダルトゲームを接続する――幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。

―― Netflixの『全裸監督』が話題だが、80年代のアダルトビデオ(AV)の異様な雰囲気をリアルタイムで知っているのは、たぶん70年代中盤に生まれた筆者の世代が最後だと思う。とはいえ、87年の時点では小...

技術がAVとアダルトゲームを接続する――幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【73】

【ライオネル・リッチー】老兵は死なず、復活する!?――逆襲のライオネル・リッチー

―― ミッシー・エリオットのようなイノベイティブなアーティストがカムバックすれば、歓迎されるのは当然だ。

【ライオネル・リッチー】老兵は死なず、復活する!?――逆襲のライオネル・リッチー
第1特集
"グラビア"は女性にとって悪か?【1】

バストの強調は女性の性的な客体化だ!――フェミニズムにとって“悪”なのか? #MeToo時代のグラビア問題

―― 日本のマンガ雑誌や週刊誌では“伝統的”に掲載されてきた水着グラビア。しかし、それはやはり、フェミニズムにおいて批判の的となり得る“女性表象”なのか――。ポルノグラフィやセックスワークに関する議論も参照...

バストの強調は女性の性的な客体化だ!――フェミニズムにとって“悪”なのか? #MeToo時代のグラビア問題
第1特集
"グラビア"は女性にとって悪か?【2】

今後は出るのか……女子大生が作った『がるびあ』とは?

―― 「女性向けグラビア」をコンセプトに、グラビアの美しさを世の女性たちに伝えるため、企画から制作までをすべて女子大生のみで行う――。それが、グラビアフォトブックの『がるびあ~Girls Gravure~』...

今後は出るのか……女子大生が作った『がるびあ』とは?
連載
NewsPicks後藤直義の「GHOST IN THE CHINA」【12】

世界最強の麻雀AIを生み出した、マイクロソフトの中国人研究者の狙い

―― 「ちょっと面白い発表があるので、上海で取材しませんか」

世界最強の麻雀AIを生み出した、マイクロソフトの中国人研究者の狙い
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【40】

盆踊りブームはバズの産物!?――「盆踊り×SNS」の親和性

―― この連載では「盆踊りが盛り上がっている!」ということを数年前から声高に叫び続けてきたわけだが、この夏はわざわざ自分から言うまでもなく、SNSなどを通じて各地からその盛り上がりが伝えられた。各地の櫓にD...

盆踊りブームはバズの産物!?――「盆踊り×SNS」の親和性
第1特集
ソフマップの原点を探る!

きっかけは隠し撮りを防ぐため!――トップレスを撮るために大集合!? 素人撮影会の元祖は海女だった

―― グラビアアイドルやコスプレイヤーを撮影するアマチュア・カメラマンを対象とした有料の撮影会が、毎週末都市部のどこかで開催され、人気を集めている。こうした撮影会は昔から行われてきたが、その潮流をさかのぼっ...

きっかけは隠し撮りを防ぐため!――トップレスを撮るために大集合!? 素人撮影会の元祖は海女だった
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【51】

本当にちゃんともてなせるのか?――なんとなく、『クリステル』

―― 先日、家の近所を散歩中、とある飲み屋の看板が目に入った。「熟女BAR~O・MO・TE・NA・SHI~」

本当にちゃんともてなせるのか?――なんとなく、『クリステル』
第1特集
アリアナ・グランデに大変身!?

【新人YouTuber森ニーナ】30歳に見えぬベビーフェイス――“近未来B-GIRL”なアジアン・セクシー

―― 改めて「年齢はただの数字」ということを知らしめた、モデル兼新人YouTuberの森ニーナさん。日本人の父とフィリピン人の母親を持ち、ナチュラルなセクシーさはそのままに「これまで見たことのない森ニーナ!...

【新人YouTuber森ニーナ】30歳に見えぬベビーフェイス――“近未来B-GIRL”なアジアン・セクシー
インタビュー
多義的な表現技法としてのラップ

【なみちえ】「外的要因に左右されたくない」複雑な現実をとらえる技法をラップに見いだした藝大生

―― 「おまえをにがす」と繰り返し、外来種のカメを川に逃すさまをラップする動画が話題となっている。そこに映し出された女性ラッパーは東京藝術大学の学生だというが、彼女は何を表現しようとしているのか?

【なみちえ】「外的要因に左右されたくない」複雑な現実をとらえる技法をラップに見いだした藝大生
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第69回

【クロサカタツヤ×板倉陽一郎】実はリクルート存続の危機!? リクナビ内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ

―― リクナビが就活生の「内定辞退率」を、ユーザの閲覧状況などから勝手にスコア化して企業に販売していたとして大きな問題になっている。単なる個人情報ではなく、就職活動という人生を左右する情報の取扱いとしてある...

【クロサカタツヤ×板倉陽一郎】実はリクルート存続の危機!? リクナビ内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
第1特集
見よ!男性の肉体美!

【肉体改造MC・DK】が魅せたヒップホップ×筋肉美――鍛え上げられたスキルと筋肉

―― 第4回『高校生ラップ選手権』にて準優勝を獲得した新世代のラッパー、DK。現在24歳の彼は、大阪を拠点に精力的に音楽活動を行うかたわら、体を鍛え上げるワークアウトにも余念がない。そんなラップと筋肉でその...

【肉体改造MC・DK】が魅せたヒップホップ×筋肉美――鍛え上げられたスキルと筋肉
連載
オトメゴコロ乱読修行【54】

もしもあなたに娘がいたら…『さよならミニスカート』と村上春樹の間で揺れる親心

―― あなたが小学6年生の娘をもつ父親だとしよう。

もしもあなたに娘がいたら…『さよならミニスカート』と村上春樹の間で揺れる親心
第1特集
80万フォロワーを抱えるカリスマ

【西村歩乃果】フォロワー数80万人超のインフルエンサー! 人気TikTokerの表裏一体撮!

―― TikTokで80万人超のフォロワーを抱える、話題のインフルエンサーがサイゾーに初登場! もともと、美容業界の裏方だったものの、「かわいいから表に出る仕事をしたほうがいい」という、周囲の猛烈な薦めでア...

【西村歩乃果】フォロワー数80万人超のインフルエンサー! 人気TikTokerの表裏一体撮!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.86

最後の(?)イベント開催! 年末に大ブレイクするのは山里亮太&稲垣吾郎と予測

―― この夏、テレビは吉本興業の闇営業問題とジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏死去の話題ばかりだった。それぞれの所属タレントが総出で大パフォーマンスを行った。

最後の(?)イベント開催! 年末に大ブレイクするのは山里亮太&稲垣吾郎と予測
第1特集
LDHから稀代の"開拓者"が登場

三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE【ELLY】7つの顔――グラビア的“男性美”を考える

―― グラビア特集恒例の「男性グラビア」に今回被写体として選抜したのは、三代目J SOUL BROTHERSのパフォーマー・ELLYだ。普段はダンサーとしてだけでなく、ラッパーとしても活躍する彼がそのアーテ...

三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE【ELLY】7つの顔――グラビア的“男性美”を考える
連載
萱野稔人と巡る超・人間学【第5回】

萱野稔人と巡る【超・人間学】――「宇宙生物学と脳の機能から見る人間」(前編)

―― 今回のゲストは受験生専門の心療内科クリニック院長の吉田たかよし氏。NHKアナウンサー、政治家秘書、宇宙生物学、脳科学の研究者など、多彩な経歴を持つ吉田氏に生命の進化、人間の脳について問う。

萱野稔人と巡る【超・人間学】――「宇宙生物学と脳の機能から見る人間」(前編)
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第135回「笑う全裸監督」

―― 数万の借金で悩む小ささを全裸監督に笑われた夏

念力事報 第135回「笑う全裸監督」
第1特集
タピオカブームの最終兵器

「甘さ控えめ」の神乳!【都丸紗也華】とタピオカの“モード”な関係

―― 本誌に幾度となく登場し、“神乳”で読者を魅了してきた紗也華ちゃん。一方、女子高生や女子大生を中心に空前のブームとなっているタピオカミルクティー。両者が交わったとき、甘すぎない“モード”な世界が立ち現れ...

「甘さ控えめ」の神乳!【都丸紗也華】とタピオカの“モード”な関係
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【大和田南那】食いしん坊キャラで人気爆発! 元AKBエースのハタチの宣言

―― 2017年にAKB48を卒業後、女優、タレントとマルチに活躍中の大和田南那ちゃんが初登場。クールな“青”の世界に包まれてもらいました。そんな南那ちゃん、初の写真集が発売されたばかりですね。

【大和田南那】食いしん坊キャラで人気爆発! 元AKBエースのハタチの宣言
第1特集
奇跡の恵体に熱視線!超巨乳グラドルたち

“土偶アイドル”“樽ドル”に続く新フレーズ――体格がいい“恵体”グラドルが人気!「バスト1m」規格外アイドルの世界

―― 雑誌の表紙を飾るグラビアアイドルのあおりコピーには必ず胸のカップ数が躍る。そんな中、ごく稀に目にするのが「100センチ」という絶対的指標だ。大きさを表すのにわかりづらいカップ数とは違う、豊満なおっぱい...

“土偶アイドル”“樽ドル”に続く新フレーズ――体格がいい“恵体”グラドルが人気!「バスト1m」規格外アイドルの世界
インタビュー
憧れの存在を追いつつ自分自身の道を進む!

【中村里帆】スマホゲームのCMで話題のモデルが変顔に目覚めた健気な理由とは?

―― 「ヴ」の発音にこだわるお姫様役のCMで話題のファッションモデルは、憧れの女優と話題の映画でまさかの共演を果たす!

【中村里帆】スマホゲームのCMで話題のモデルが変顔に目覚めた健気な理由とは?
連載
マルサの女

【北向珠夕】33歳に見られたんです。

―― まだ19歳ながらファッションモデル顔負けの8等身ボディでスタッフのおじさんどもを圧倒したのは、アグネス・ラムや松嶋菜々子らが名を連ねる旭化成グループキャンペーンモデルの第43代目に選出された北向珠夕さ...

【北向珠夕】33歳に見られたんです。
第1特集
奇跡の恵体に熱視線!超巨乳グラドルたち

サイゾー厳選! 次代のグラビアを担う!?――現役バスト100センチ超えグラドル選

―― 業界に現れるのは1年でもひとりか2人かと言われるバスト100センチ超えグラドル。ここでは、現役で活躍する彼女たちの中からおすすめの子をピックアップ!

サイゾー厳選! 次代のグラビアを担う!?――現役バスト100センチ超えグラドル選
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』