> 201412の検索結果

201412 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

高級中華料理店のオーナーが鍵を握っている? 高倉健の急逝で芸能マスコミが勘ぐる“高額遺産騒動”の行方

―― 芸能メディアで報じられるものには大きく分けて二つある。メディアが自らの取材で得た情報に基づいて記事にするものと、芸能界から発せられる情報による記事。

高級中華料理店のオーナーが鍵を握っている? 高倉健の急逝で芸能マスコミが勘ぐる“高額遺産騒動”の行方
ニュース
【premium限定ニュース】

落選理由は曲よりバック!?ますます勢力争いが激化する紅白の歌手選考

―― おおみそかに放送されるNHKの「第65回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が26日に発表され、紅組は27組、白組は24組の計51組の出場が決定した。

落選理由は曲よりバック!?ますます勢力争いが激化する紅白の歌手選考
ニュース
【premium限定ニュース】

『来年から始まる、アジア全域での活動が待ち遠しい‼』 紅白落選でもお膳立てされてすっかりその気になった浜崎あゆみ

―― 歌手の浜崎あゆみが大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」から落選したことを、11月23日付の「スポーツニッポン」が報じた。

『来年から始まる、アジア全域での活動が待ち遠しい‼』 紅白落選でもお膳立てされてすっかりその気になった浜崎あゆみ
ニュース
【premium限定 短期集中連載】「マッチョ」と「ヘタレ」で斬る!現代格差論 第2回

与沢翼的なるビジネス書作家にコンサルタント……信者ビジネスにハマるマッチョワナビーたち

―― 「格差」が社会論の中で常に中心におかれ、「勝ち組/負け組」というキーワードが一般化した昨今。政治、経済、文化などなど、現代社会における人間のあらゆる営みで生じている、ゆがみやきしみ、構造不全、機能不全...

与沢翼的なるビジネス書作家にコンサルタント……信者ビジネスにハマるマッチョワナビーたち
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

“お妾さん”から“枕営業”へ――芸能界で鉄板の下半身を使った営業力

―― 昔、老舗の高級クラブのオーナーママのホステスの訓示を聞かせてもらったことがある。「あなた方はプロとしてこの道に入ってきたのですから、みなさんが持っている“子宮”を、子供を産むためのものと思っちゃダメよ...

“お妾さん”から“枕営業”へ――芸能界で鉄板の下半身を使った営業力
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

布川敏和の直撃は「ゴミの日の八時頃」? 暴力団の名前を出し恫喝する“独占直撃”の悲喜交交

―― テレビ、新聞、雑誌を問わず「独占」という言葉を使うケースが多い。文字通り「独り占め」を意味するのだが、本来、渦中の人の単独インタビューなどに成功した場合など誰が見てもスクープした時に使う。

布川敏和の直撃は「ゴミの日の八時頃」? 暴力団の名前を出し恫喝する“独占直撃”の悲喜交交
ニュース
【premium限定ニュース】

数字の差はイケメン人気? 綾瀬はるかの完勝ムードになったドラマ対決の勝因

―― 10月に同時間の裏番組としてスタートし、視聴率対決が注目されていた、綾瀬はるか主演の「きょうは会社を休みます。」(日本テレビ)と沢尻エリカ主演の「ファーストクラス」(フジテレビ)。

数字の差はイケメン人気? 綾瀬はるかの完勝ムードになったドラマ対決の勝因
ニュース
【premium限定ニュース】

仕事は“フリー並み”の好待遇!? フジテレビが加藤綾子に気を使いまくる理由

―― 「めざましテレビ」の放送中に体調不良により退席したカトパン。翌々日には元気な姿を見せファンはホッとひと安心。フジテレビいち多忙な女子アナといわれているだけに心配するむきもあるようだが、局内からは意外な...

仕事は“フリー並み”の好待遇!? フジテレビが加藤綾子に気を使いまくる理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

『田原俊彦&中山美穂』から『ウーマン村本&ベッキー』まで! 芸能界“女尊男卑”社内恋愛だらけの野放し状態の変遷

―― 芸人とタレントの熱愛報道がしきりに伝えられている。“バイきんぐ”の小峠英二とタレントの坂口杏里。そして、スキャンダル処女と呼ばれて久しいタレントのベッキーが“ウーマンラッシュアワー”の村本大輔との熱愛...

『田原俊彦&中山美穂』から『ウーマン村本&ベッキー』まで! 芸能界“女尊男卑”社内恋愛だらけの野放し状態の変遷
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

戦略的離婚が影響した“高倉健という男の生きざま”と熱愛報道が出なかった本当の理由

―― 高倉健さんが亡くなった(享年・83)。「健さんはいつも不死身。どんなに切られても死なない。死ぬはずがないと思っていた」と真顔で語るファンもいる。スクリーンで観る健さんの役柄と被らせていたからである。

戦略的離婚が影響した“高倉健という男の生きざま”と熱愛報道が出なかった本当の理由
第2特集
【ウェブ限定】アイドルはなぜ大学に進学するのか?【4】

堀越と日出も意外に厳しい! 芸能マネが語る高校生アイドルたちのスクールライフ悲喜こもごも

―― サイゾー12月号の第二特集は「アイドルはなぜ大学に進学するのか?」。大学全入時代に突入し、タレント・アイドルたちの進学率もどんどん上がっている背景にはどんな事情があるのか、本誌で分析してきました。では...

堀越と日出も意外に厳しい! 芸能マネが語る高校生アイドルたちのスクールライフ悲喜こもごも
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

吉永小百合と高倉健——芸能トップ記者が見た国民的映画俳優の栄枯盛衰

―― 先日、映画俳優の高倉健が急逝した。追悼記事では、国民的俳優と女優である高倉健と吉永小百合の競演や対談が多く放映された。

吉永小百合と高倉健——芸能トップ記者が見た国民的映画俳優の栄枯盛衰
連載
麻生泰のコンプレックス駆け込み寺【3】

【戸田れい】 デビュー10年どんどん後輩に追いぬかれるグラドルの悲哀「悩みを打ち明けられなくて薄毛に!」

―― 麻生 戸田さんはおきれいだし、コンプレックスとは無縁のように見えますね。

【戸田れい】 デビュー10年どんどん後輩に追いぬかれるグラドルの悲哀「悩みを打ち明けられなくて薄毛に!」
連載
町田 康の「続・関東戎夷焼煮袋」第25回

【イカ焼】――いよいよ大坂上陸。本能が突き動かすイカ焼屋への旅路

―― 南へ下る道路には避難民があふれ、僕は10トントラックで大阪へやってきた。というのは友部正人の「大阪へやってきた」という楽曲の歌い始めの文句である。

【イカ焼】――いよいよ大坂上陸。本能が突き動かすイカ焼屋への旅路
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第84回

名門大学で起こる人種差別論争を笑い飛ばせ

―― 「親愛なる白人生徒たちへ」サマンサ・ホワイト(テッサ・トンプソン)は大学の学生ラジオで呼びかける。「黒人の友だちが1人いるくらいで『私は人種差別主義者じゃない』なんて言わないで。今は2人以上いないとね...

名門大学で起こる人種差別論争を笑い飛ばせ
第1特集
アイドルはなぜ大学に進学するのか?【1】

早稲田も慶應も、いまやタレントだらけ!! アイドルたちはなぜ大学進学を選ぶのか?

―― 大学全入時代といわれて久しいが、昨今、芸能活動を行うタレントであっても大学に進学する例は珍しくない。1999年に広末涼子が早稲田大学教育学部に入学した際、入学式に報道陣が押し寄せ世間を大いに騒がせたの...

早稲田も慶應も、いまやタレントだらけ!! アイドルたちはなぜ大学進学を選ぶのか?
連載
藏本天外の奇想天外【2】

メンタリスト藏本天外がズバリ!【仁科克基】は意外に素直で嘘がつけない人間です!

―― メンタリスト藏本天外氏と、毎月登場するゲストによる”メンタル対談”連載。前月のミラクルひかるさんに続き、今月は平成の破天荒男、仁科克基さんをお招きし、その素顔に迫ってみました。

メンタリスト藏本天外がズバリ!【仁科克基】は意外に素直で嘘がつけない人間です!
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.30

『花子とアン』朝ドラ黄金期の中で「名作」扱いされる風潮に喝!中園ミホはこんなもんじゃない

―― 『あまちゃん』や『カーネーション』を上回り、過去10年で最高の平均視聴率(22.6%)をたたき出した『花子とアン』。だが本稿では、同作が名作扱いされることに「待った」をかけたい。

『花子とアン』朝ドラ黄金期の中で「名作」扱いされる風潮に喝!中園ミホはこんなもんじゃない
第1特集
ひとりで棚100メートル担当する書店員のブラック労働

版元も取次ももはや諦め気味?困難極める書店チェーンの経営事情

―― ――アマゾンの席巻や電子書籍の普及で、本格的に書店の経営状況がヤバいことになっている、とはここ数年言われ続けてきた。そこにきて消費税増税で、この春夏も閉店・廃業を余儀なくされる書店の数は激増。紙媒体で...

版元も取次ももはや諦め気味?困難極める書店チェーンの経営事情
連載
お色気性事学入門 最終回

【杉村太蔵×吉沢明歩】性教育改革の先導者として立ち上がれAV女優たち!

―― AVメーカー・MAXINGイチオシの女優さんにあえてカタい時事ネタを振ってみる当連載も、残念ながら今回で最終回。そこで、最終回スペシャル企画として、デビュー12年を迎えてなおAV女優のトップランナーで...

【杉村太蔵×吉沢明歩】性教育改革の先導者として立ち上がれAV女優たち!
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第10回

リベラリズムの原理の可能性よりも、その限界について

―― 自由、とは私たちの社会におけるもっとも基本的な原理の一つです。「リベラリズム」(自由主義、自由の原理)という言葉をあえてつかうことはないかもしれませんが、たとえば東京一極集中を避けるために東京での居住...

リベラリズムの原理の可能性よりも、その限界について
第1特集
防衛産業が日本を救う!?【3】

有刺鉄線で囲まれた”檻”の中でも、エリート意識は人一倍!厳重なスパイ対策が敷かれた防衛産業関係者の本音

―― 国策事業とはいえ、大きな利益のない防衛部門にかかわる社員たちの給与は、ほかの社員と比べて高いわけではないという。その上、彼らの置かれた環境もうらやむものではないようで……。

有刺鉄線で囲まれた”檻”の中でも、エリート意識は人一倍!厳重なスパイ対策が敷かれた防衛産業関係者の本音
第1特集
防衛産業が日本を救う!?【2】

潜水艦は1隻売れれば640億円!防衛産業で大躍進なるか!? 要チェック企業リスト

―― 「防衛装備移転三原則」によって実際に恩恵を受けるのは、果たして……? ここでは、今後の防衛産業で注目すべき6企業をピックアップした。

潜水艦は1隻売れれば640億円!防衛産業で大躍進なるか!? 要チェック企業リスト
第1特集
防衛産業が日本を救う!?【1】

平和利用への”期待”と”懐疑”──三菱重工の潜水艦開発でついに動く”防衛マネー”

―― ――安倍政権は今年、集団的自衛権行使容認に続き、「武器輸出」解禁を打ち出した。これらは安倍首相が唱える”戦後レジームからの脱却”を象徴する政策であり、未来から振り返れば歴史の転換点となるものだろう。果...

平和利用への”期待”と”懐疑”──三菱重工の潜水艦開発でついに動く”防衛マネー”
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【27】

全国を行脚するプロの生業“窃盗犯”1万人の実像

―― 2014年10月19日の読売新聞の報道によると、14年7月に岡山県倉敷市で発生した小5女児監禁事件などを受け、岡山県警が県内の小学生~高校生とその保護者を対象にアンケートを実施したところ、保護者の92...

全国を行脚するプロの生業“窃盗犯”1万人の実像
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【17】

【イギー・アゼリア】黒人英語に秀でた豪州女がヒップホップを変える!?

―― アメコミの実写化と、70~90年代ヒット作のリブート/リメイクが目白押しのアメリカ映画界。こないだの『ヘラクレス』も、同じロック様(ドウェイン・ジョンソン)が主演した02年作『スコーピオン・キング』の...

【イギー・アゼリア】黒人英語に秀でた豪州女がヒップホップを変える!?
第1特集
AKB48擁する一大芸能プロダクションの秘密【2】

名物広報サルオバサンってどんな人?知る人ぞ知るAKS有名スタッフの経歴

―― ――わずか数年でトップアイドルの地位にまで上り詰めたAKBグループ。だが、その快進撃の裏には、御大・秋元康氏やメンバーのみならず、数多くの現場スタッフの努力があったはずだ。その中でも局地的有名人にスポ...

名物広報サルオバサンってどんな人?知る人ぞ知るAKS有名スタッフの経歴
第1特集
AKB48擁する一大芸能プロダクションの秘密【1】

日本の芸能界を席巻する新興勢力── 今や国内最強の芸能プロ?AKSと系列企業の社歴

―― ――AKB48グループの多くのメンバーが在籍するAKS。人材派遣業として登録されているこの会社だが、同社所属以外の人気メンバーを大手芸能プロに所属させているためか、はたまた非上場のためか、その実情は掴...

日本の芸能界を席巻する新興勢力── 今や国内最強の芸能プロ?AKSと系列企業の社歴
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【4】

「"完璧なまゆゆ"という非現実性」

―― 現実的すぎるところを見せない――渡辺麻友(AKB48)

「
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【9】

「新宿の紀伊國屋書店はナンパの聖地になり得るか?」

―― ない! マンガコーナーがない!!新宿の紀伊國屋書店本店を訪れて愕然とした。

「新宿の紀伊國屋書店はナンパの聖地になり得るか?」
連載
【DJ】MOODMANのゲームに電源はいらない【4】

「深夜の飲食店でただ一人『わんおぺ」で重労働体験!」

―― 今年8月、牛丼チェーン「すき家」を全国展開するゼンショーホールディングスが、深夜時間帯の一人勤務体制(「ワンオペ」)について、全店舗での解消に取り組むと発表し、大きなニュースとなりました。

「深夜の飲食店でただ一人『わんおぺ」で重労働体験!」
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【8】

「小池栄子さん、お米のご用命は編集部までお願いします」

―― 数あるプロレス隠語のなかでも、特に気に入っているのがカネを意味する「お米」という言葉だ。

「小池栄子さん、お米のご用命は編集部までお願いします」
第1特集
日本郵政の深すぎる闇

ブラック企業よりもヤバい!自爆営業、横領、自殺……日本郵政のキケンな病理

―― 今年も年賀状の販売が始まったが、新年の挨拶はメールやLINEで済ませようとしている読者も多いだろう。

ブラック企業よりもヤバい!自爆営業、横領、自殺……日本郵政のキケンな病理
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【9】

【西森路代】「永遠を願う女性ファン、悩むイケメン俳優」

―― 最近ネットで、とある舞台の感想ブログを契機に、イケメン俳優と演技についてのトピックが話題になった。そこで気になったのは、イケメン俳優自身が「イケメンであること」を求められる芝居より、演技力を試される芝...

【西森路代】「永遠を願う女性ファン、悩むイケメン俳優」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【9】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、実写版ぬ~べ~とは?」

―― 世に妖怪を扱った作品はぎょうさんありますが、最近彗星の如く現れたのが……そう、ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ)。

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、実写版ぬ~べ~とは?」
連載
【脚本家】林賢一の優雅で感傷的な説明書【1】

「iPhoneユーザガイドをガチ読みしたら、ぶっ飛んだ!」

―― 世の中には説明書が溢れているが、きちんと読まれることはない。だが本来、説明書は一文字残らず読まなくてはならないテキストである。

「iPhoneユーザガイドをガチ読みしたら、ぶっ飛んだ!」
第1特集
会社四季報は、もはやエロ本なのです!

三菱東京UFJセメの、みずほウケ……!?“会社擬人化”のディープな世界

―― 2次元にも3次元にも飽きたらず、とうとう”モノ”としての無機物にまで手を出してしまった迷える子羊の腐女子たち。

三菱東京UFJセメの、みずほウケ……!?“会社擬人化”のディープな世界
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第95回

朝日新聞が終わった日、そしてリベラルの行方

―― 一連の騒動により、部数のみならず、その信頼をも失墜させた朝日新聞。国内唯一無二のクオリティペーパーともてはやされるも、今やその影もない。だが、そもそも朝日新聞の記事は、本当に"リベラル"で"高品質"な...

朝日新聞が終わった日、そしてリベラルの行方
第1特集
トヨタ式リボーンの正体【2】

トヨタがもしサイゾーとコラボしたら……!?緊急”広告提案”!「CAR SEX of the Year」

―― サイゾー関連サイトに連載を持ち、本誌にも登場したことのある紗倉まなちゃんの件は業界に衝撃が走った。だが、いまトヨタは”リボーン”中。この機に乗じて、僭越ながら小誌も企画を提案してみたい。イメージが刷新...

トヨタがもしサイゾーとコラボしたら……!?緊急”広告提案”!「CAR SEX of the Year」
第1特集
トヨタ式リボーンの正体【1】

天下のトヨタがAV女優を起用!?クルマ離れ加速で謎の広告戦略

―― ここのところ、トヨタがヘンだ。ドラえもんや戦国武将をパロディにしたCMをはじめ、ニコニコ動画発の”弾いてみた”アーティストをCMに起用するなど、およそナショナルクライアントがこれまで手がけなかったよう...

天下のトヨタがAV女優を起用!?クルマ離れ加速で謎の広告戦略
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

三次元の第一次世界大戦

―― 今年は第一次世界大戦(1914〜18年)勃発からちょうど100年目にあたる。人類史上初の世界大戦となったこの戦争では、毒ガスや潜水艦、飛行船、飛行機、戦車など数々の新兵器が使用され、それまでの局地的な...

三次元の第一次世界大戦
第1特集
記者が語る新聞ギョーカイの人々【2】

1000万プレイヤー朝日から風来坊毎日まで 5大紙“ありがち記者”像

―― ――本文でも話を聞いた各紙記者のコメントをもとに、各紙の典型的記者像をご紹介!

1000万プレイヤー朝日から風来坊毎日まで 5大紙“ありがち記者”像
第1特集
記者が語る新聞ギョーカイの人々【1】

朝日の年収は産経・毎日の倍の1000万円!記者が語る新聞ギョーカイの人々

―― ――従軍慰安婦、吉田調書報道で評判は地に堕ちながら、それでも新聞記者が口をそろえて朝日に転職したいと語るのはなぜなのか?

朝日の年収は産経・毎日の倍の1000万円!記者が語る新聞ギョーカイの人々
連載
友達リクエストの時代【第24回】

人は歳を重ね、成長し、偏向して行く……だから友だちはナマモノなのだ

―― 思い出は、地面に埋まっている。

人は歳を重ね、成長し、偏向して行く……だから友だちはナマモノなのだ
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.31

浅草ロック座破産!?誤報騒動のウラにある、公序良俗という名の”エロヘイトスピーチ”

―― 10月、「浅草ロック座の運営会社、齋藤観光が破産した」という報道が流れた。実際には、今年8月まで運営の一部に携わっていた会社が倒産したというだけであり、現在は関連会社の東興業が通常通り営業している。

 浅草ロック座破産!?誤報騒動のウラにある、公序良俗という名の”エロヘイトスピーチ”
第1特集
グーグルは自動派、アップルは手動派

リジェクト3回でアカウントが飛ぶ!? “エロ”でアップルとせめぎ合うアプリ制作者の苦悩

―― ――ここまではバイラルメディアの興亡やニュースアプリの現状について見てきたが、実際のアプリ制作者とアプリ販売のプラットフォームを持つアップルやグーグルの間には、どのようなやり取りがなされているのだろう...

リジェクト3回でアカウントが飛ぶ!? “エロ”でアップルとせめぎ合うアプリ制作者の苦悩
連載
彼女の耳の穴【20】

【菜々緒】aikoさんが歌い始めたら、雨がやんだんです。

――  母がよく音楽を聴く人だったので、小さい頃から車の中とかでいろんな音楽を聴いて育ってきました。自分で意識して聴くようになったのは……私は小学校3年生から中学に入るくらいまで、ダンスを習っていたんですけ...

【菜々緒】aikoさんが歌い始めたら、雨がやんだんです。
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第12回

PCユーザーはすでにマイノリティ!?スマホネイティブ世代のドライなインターネット観

―― 犯罪自慢、不適切な発言、パクリ、企業の不正など、気がついてみたらインターネットは常に炎上している。

PCユーザーはすでにマイノリティ!?スマホネイティブ世代のドライなインターネット観
第1特集
ニュースアプリの可能性とは?【2】

スマニューもグノシーも意外と未完成…… ニュースアプリ勝手にミシュラン

―― ――乱立して、その使い方にしてもいまいちどれがいいのかわからないニュースアプリ。そこでここでは、ITライター、IT系コンサルタント、広告PR担当の異業種の方々にレビューしてもらった。

スマニューもグノシーも意外と未完成…… ニュースアプリ勝手にミシュラン
第1特集
ニュースアプリの可能性とは?【1】

スマニュー大躍進でどれだけ儲かってるのか!? ニュースメディア乱立の功罪

―― ――グノシーやスマニューが巨額調達を実施したり、バイラルメディアも雨後のたけのこのごとく急増している。このなかから、スマホ用のニュースアプリのトップ企業になるのはどのメディアか?

スマニュー大躍進でどれだけ儲かってるのか!? ニュースメディア乱立の功罪
サイゾープレミア

2017年8月号

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

連載