> 201410の検索結果

201410 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】ドキュメンタリー監督・松江哲明のタブーを越えたドキュメント 第8回

「Vシネの10本の内9本はクソ」全裸で縛られたルビー・モレノに村西とおる製作『女ランボー』……Vシネマ地獄

――  確かに90年代の日本映画の状況は酷かった。『男はつらいよ』とアニメーション以外、安定した動員を見込めなかった。『踊る大捜査線』以前には、映画館が満席になるような邦画は年に数本しかなかったはずだ。それ...

「Vシネの10本の内9本はクソ」全裸で縛られたルビー・モレノに村西とおる製作『女ランボー』……Vシネマ地獄
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

私生活をバラ売りしない仲間由紀恵と吉田羊らの女優としての“格”

―― 女優・仲間由紀恵が六年の交際を経て俳優の田中哲司との結婚を発表した。一時は破局も伝えられた二人だが、女優には珍しく純愛を貫き通した。

私生活をバラ売りしない仲間由紀恵と吉田羊らの女優としての“格”
ニュース
【premium限定ニュース】

「やっぱり生きてた!」金正恩氏の健在をアピールした北朝鮮の動静報道の思惑とは?

――  9月3日以降、動静が全く伝えられなかったため暗殺説や逮捕説まで囁かれた金正恩について、北朝鮮公式メディア「朝鮮中央通信」は10月14日、健在であることを報じた。

「やっぱり生きてた!」金正恩氏の健在をアピールした北朝鮮の動静報道の思惑とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

レギュラー番組13本!もはや一発屋にはとどまらない"薄利多売"有吉弘行の処世術

――  レギュラー番組は13本、そのうち冠番組が10本と、もはや、バラエティ番組に欠かすことのできないタレント・有吉弘行。毒舌を武器に再ブレイクを果たしたのも今は昔、芸能界を代表するメインMCとして、数々の...

レギュラー番組13本!もはや一発屋にはとどまらない
連載
【特別企画】嫌煙ブームに物申す!【2】

タバコ1箱1000円のカラクリ タバコを狙い撃ちにした増税に見える問題点

―― ――たばこ税が議論されると、必ずといっていいほど欧米との比較がなされている。だが、そこには各国の税収をめぐる構造の差異があるというが……。

タバコ1箱1000円のカラクリ タバコを狙い撃ちにした増税に見える問題点
連載
【特別企画】嫌煙ブームに物申す!【1】

行き過ぎた喫煙規制は合憲なのか? 法的観点から見る禁煙嫌煙の是非

―― ――飲食店からオフィス、街中まで、あらゆるところで「禁煙」とされるエリアが広まっているように、近年は喫煙に対する規制がより激しくなっている。喫煙者の中にも「健康に対するリスクがあるものだから仕方ない」...

行き過ぎた喫煙規制は合憲なのか? 法的観点から見る禁煙嫌煙の是非
連載
レイザーラモンRGの「あるあるアダルトグッズ考」【最終回】

【今月のアダルトあるある】女性は深層心理の奥底で正常位以外を求めがち~

―― 今月が最終回となる当連載では、たくましい男性の特権ともいえる駅弁プレイを手軽に味わえる「ELock イーロック 【駅弁】」が登場。レイザーラモンRG氏が製品の魅力から熱いセックス論まで、ガツンとエッジ...

【今月のアダルトあるある】女性は深層心理の奥底で正常位以外を求めがち~
第2特集
いま再び燃えるプロレス【6】

「プロレス再燃は一部だけ」どインディ 団体のトップが眺めた業界の実情

―― ――全国津々浦々に点在するプロレス団体。その中でも自ら"どインディ"と述べながらも、興行を重ね着実にファンを獲得する団体、ガッツワールド。本稿ではインディ団体から見た現在のプロレス人気の再燃や、ガッツ...

「プロレス再燃は一部だけ」どインディ 団体のトップが眺めた業界の実情
連載
お色気性事学入門 第11回

【白石優杞菜×北方領土問題】性的な日露関係は極めて良好なので領土問題はどこかよそでやるべし!

―― ――AVメーカーMAXINGイチオシのAV女優さんにあえてカタい時事ネタを振ってみる当連載。今月のゲストは、10月にデビューする新人の白石優杞菜ちゃん。彼女は出身が北海道ということなので、北方領土問題...

【白石優杞菜×北方領土問題】性的な日露関係は極めて良好なので領土問題はどこかよそでやるべし!
第2特集
いま再び燃えるプロレス【5】

ブームに乗って復興中!?プロレスマンガに秘められた可能性

―― ――プロレスブームに乗って、1980〜83年に連載されていた人気マンガ『プロレススーパースター列伝』(小学館)が、密かにまた売り上げを伸ばしているという。プロレスマンガもまた、今ブームの恩恵をばっちり...

ブームに乗って復興中!?プロレスマンガに秘められた可能性
連載
町田 康の「続・関東戎夷焼煮袋」第23回

【イカ焼】――イカ焼を食べた。他の"粉もの"と一線を画するその食感の正体とは……

――  奇怪な海洋生物の女性が教えるところにしたがって、プッシュー、と音がするまで電子レンジで加熱して食したイカ焼の、その味はどんな味だったか。それは間違いなく少年の頃の記憶の味であった。どんな感じかを具体...

【イカ焼】――イカ焼を食べた。他の
連載
友達リクエストの時代【第23回】

「ネトウヨ」は、うたかたの流行が気まぐれに生み落とした私生児ではない

―― 「ネトウヨ」と呼ばれる人々がいる。一説によれば、彼らは21世紀のはじめにはすでに登場していたらしい。確かに、私自身の記憶でも、2002年の日韓W杯の前後には、2ちゃんねるの一部の板に、やたらと排外主義...

「ネトウヨ」は、うたかたの流行が気まぐれに生み落とした私生児ではない
第2特集
いま再び燃えるプロレス【4】

「週刊ゴング」編集長が語る「マスコミたちは、"難しいだろう"という反応です。」それでも盛り上がるプロレスメディアの今

―― ――2007年に休刊した人気プロレス専門誌「週刊ゴング」が、このたび復刊した。プロレスブーム再燃の様子は、こうした各メディアにもはっきりと表れているようで……その変遷を追った。

「週刊ゴング」編集長が語る「マスコミたちは、
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【25】

高1女子"首切り"事件の普遍性と更生可能性

――  本来ならば今回は、前号「裁判員制度導入で"得"をしたのは誰か?」の後編を展開する予定でした。そこに飛び込んできたのが、長崎県佐世保市の高校1年の女子生徒が同級生を殺害して遺体を解体したというショッキ...

高1女子
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.28

『GODZILLA/ゴジラ』ゴジラを完全に「神」として描く勇気──日本特撮映画界が持てなかったもの

――  この夏、98年以来となるハリウッド版『ゴジラ』が日本でも公開された。渡辺謙の出演や国内テレビ番組での宣伝も話題を呼んだ本作は、はたして怪獣映画のアップデートとなることができたのか?

『GODZILLA/ゴジラ』ゴジラを完全に「神」として描く勇気──日本特撮映画界が持てなかったもの
第2特集
いま再び燃えるプロレス【3】

「強さ」から「かっこよさ」へ、実況アナがリングサイドで見た"変化"の潮目

―― ――00年代中盤のプロレス冬の時代から現在に至るまで、実況を務めてきた清野茂樹アナウンサーが、女子のためのプロレスガイド『もえプロ(ハート) 女子のための"萌える"プロレスガイドブック』を刊行した。こ...

「強さ」から「かっこよさ」へ、実況アナがリングサイドで見た
連載
【DJ】 MOODMANのゲームに電源はいらない【2】

「小学生とどっぷりなごむ!休日午後の『ねこあつめ』」

―― 息子が「なんかかわいい」と私の袖を引っ張らなければスルーしていたはず……のジャケからしてゆるい一品ですが、昨秋のゲームマーケットで手に入れて以来、我が家ではなかなかのヘヴィローテーション。今回は『ねこ...

「小学生とどっぷりなごむ!休日午後の『ねこあつめ』」
連載
【サラリーマン】西国分寺哀の犯人は現場に戻る【7】

「続・まんだらけの鉄人28号人形を奪え!」

――  ティリィッティリィッティリィッティリィッティッティッティッ♪  盛大な文字数稼ぎではない。今回は、先日盗まれた「まんだらけ」の鉄人28号人形を再び盗み出すという趣旨なのだ。そこで、ルパン三世アニメ...

「続・まんだらけの鉄人28号人形を奪え!」
連載
【詩人】文月悠光のアイドルで現代詩【2】

「感電少女の"アイドル論"」

―― モノノフさんはアイドルだ  ――高城れに(ももいろクローバーZ)

「感電少女の
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【6】

「リテラシーの低い人は"列伝"を読めばいいのに」

――  今月号の第二特集「プロレス人気再燃の理由」で原稿を書いたが、『プロレススーパースター列伝』(小学館)のマンガ家として知られる原田久仁信氏への取材が、氏の多忙のため実現できなかったので残念だった。なの...

「リテラシーの低い人は
第2特集
いま再び燃えるプロレス【2】

"セコンド萌え"に"やられ萌え"プロレス人気を盛り上げる女子たちの本音

―― ――女子ファンの流入がプロレス人気復活を下支えしている、というのは前記事のみならず、各種メディアでも指摘されていることだ。それでは、実際に近年プロレスにのめり込んだ女子たちは、一体何に惹かれているのか...

連載
【CYZO COLUMN CURATION】西森路代の緞帳がおりたその後で【7】

【西森路代】「男子は見た目だけで評価されるべきではない?」

――  サッカー界、フィギュアスケート界など、スポーツ界にもイケメンがいれば、ファンもいる。こうした現象は、最近に始まったことではない。80年代、早稲田実業の荒木大輔は甲子園でアイドル的人気となり、ヤクルト...

【西森路代】「男子は見た目だけで評価されるべきではない?」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】服部昇大の流行解明3分間【7】

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、コミケとは?」

――  ご機嫌うるわしゅう、読者の皆様。朝7時台のニュース番組のちょっとしたトレンドコーナーのような本コラム。今月のテーマは「コミケ」ですよ。今やリアルに民放各局のニュースで紹介されたりしているコミケですが...

マンガ家・服部昇大先生が徹底解説!「つまり、コミケとは?」
連載
【CYZO COLUMN CURATION】西田藍のアイドル的"制服"偏愛論【6】

【アイドル・西田藍】「制服少女の先にある学校への"欲望"」

――  女性アイドルグループって、学校みたい。まっさらなところからアイドルになって、引退は卒業……。私も、短い期間ではあるが、アイドル=学校という図式を経験。日本最大のアイドルイベント、東京アイドルフェステ...

【アイドル・西田藍】「制服少女の先にある学校への
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第93回

肥大化した甲子園ビジネスの犠牲になる選手たち

―― ――松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大――。これまで、数多くの有名日本人投手がメジャーに挑戦してきたが、渡米後、早い時期に故障者リストに入ることも少なくない。その因果関係は明言できないが、ひとつだけ彼...

肥大化した甲子園ビジネスの犠牲になる選手たち
第2特集
いま再び燃えるプロレス【1】

冬の時代を耐えた体力と、宣伝戦略、そして世代交代―― 新参女子も古参ファンもいま再び燃えるプロレス

―― 1990年代後半から、冬の時代に身を置いてきたプロレス業界。今そこに、春が訪れつつある。新日本プロレスを中心に、動員が伸び、収益も増えているのだ。なぜ2014年の今になってプロレス人気が復活を果たした...

冬の時代を耐えた体力と、宣伝戦略、そして世代交代―― 新参女子も古参ファンもいま再び燃えるプロレス
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第82回

夭逝したネットの申し子に下されたアメリカ司法の鉄槌

――  アーロン・シュウォーツは1986年にシカゴで生まれ、3歳でスラスラ字を読むようになり、アップル・コンピュータをいじり始めた。彼は天才だったのだ。  映画『インターネットの申し子THE INTERNE...

夭逝したネットの申し子に下されたアメリカ司法の鉄槌
第1特集
ファッション×ウェブ戦略 最適解はどのアプリ?

コーデ共有か、イメージ共有か?ファッションSNSアプリ覇権闘争

―― ――スタートトゥデイが運営するコーディネート共有アプリや、写真共有SNS「インスタグラム」、あるいはモバイルオークションアプリ等、ファッション関連のアプリが花盛りだ。ウェブへの参入が遅れたファッション...

コーデ共有か、イメージ共有か?ファッションSNSアプリ覇権闘争
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第8回

法と権利は国家がうまれると同時に発生するものである

――  前々回、前回と、これまで2回にわたって所有権はどのように成立するのかという問題を考えてきました。ホッブズとロックはともに、国家はどのようになりたつのかを社会契約論で説明しながらも、所有権の成立につい...

法と権利は国家がうまれると同時に発生するものである
第1特集
服飾系学校の悲しき実態【3】

「コネ作りのために、あの有名デザイナーと××しちゃいました☆」 有名服飾スクール卒業生赤裸々座談会

―― ――ファッションスクールに通う学生たちの"リアル・ライフ"はいかがなものなのか?卒業生たちが赤裸々に語っちゃいます!

「コネ作りのために、あの有名デザイナーと××しちゃいました☆」 有名服飾スクール卒業生赤裸々座談会
第1特集
服飾系学校の悲しき実態【2】

課題課題でオシャレのヒマなし!? これが5大ファッションスクールだ!

―― ――東京都内で名をはせる5つのファッションスクールを、内部の声も拾いつつ勝手に採点しちゃいます!

課題課題でオシャレのヒマなし!? これが5大ファッションスクールだ!
第1特集
服飾系学校の悲しき実態

天下の文化服装学院を出たところでデザイナーには絶対なれない!? 服飾オシャレ学生のトホホな末路

―― ――数々の有名デザイナーを輩出した"トップ・オブ・オシャレ"文化服装学院から、存在がイマイチ「?」な東京モード学園まで、朝から晩までひたすら課題に明け暮れる学生生活を送るという、有名ファッション系スク...

天下の文化服装学院を出たところでデザイナーには絶対なれない!? 服飾オシャレ学生のトホホな末路
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【15】

【ナイル・ロジャース】色白一族の黒羊に生まれて……ディスコ名匠の硬骨物語 

――  ブラウン・ペーパーバッグ・テストというものをご存じだろうか?日本ではすっかりビニール袋に取って代わられた感があるが、かつて買い物の際に商店で供されていた、薄茶色の紙袋。それが「ブラウン・ペーパーバッ...

【ナイル・ロジャース】色白一族の黒羊に生まれて……ディスコ名匠の硬骨物語 
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

故郷と東京のはざまで

――  青森に小島一郎という孤高の写真家がいた。青森市で写真材料店を営む家に生まれ、県内でアマチュア写真家として知られていた父親・平八郎の影響もあって、幼い頃からカメラに親しんできたサラブレッドだった。小島...

故郷と東京のはざまで
第1特集
『POPEYE』のシティボーイを徹底研究【2】

【サイゾー的東京ガイド】歌舞伎町は日本のラスベガス・ストリップ!?

―― 『2014年5月号「東京’14」特集』に、目を疑う文面を発見した。東京の各街を50音順に紹介していく同企画。学芸大学駅にある鷹番二丁目の紹介に、「目黒区のウィリアムズバーグ。」というキャッチが載っか...

【サイゾー的東京ガイド】歌舞伎町は日本のラスベガス・ストリップ!?
第1特集
『POPEYE』のシティボーイを徹底研究【1】

一足2万円のニューバランスがマストアイテム! 蘇る"シティボーイ"はどこにいる ?

―― ――2012年のリニューアルに際し、Magazine for City Boysと銘打ち、ファッションだけでなくライフスタイルを提案して人気を博す、マガジンハウスの男性向けファッション誌「POPEYE...

一足2万円のニューバランスがマストアイテム! 蘇る
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第10回

「オリンピックが最後のチャンス!? 背骨なき個人とムラ社会化が招く東京の崩壊」

―― ――効果があるのかないのか、いまいちはっきりしないアベノミクスに日本が振り回されている中、東京だけは新しい商業施設がオープンしたり、高級マンションが飛ぶように売れたりと景気の良い話しが聞こえてくる。さ...

「オリンピックが最後のチャンス!? 背骨なき個人とムラ社会化が招く東京の崩壊」
第1特集
ド派手な小学生ファッションはこうして生まれる!

ネットでは大批判の嵐、雑誌の売れ行きは絶好調 カネと欲望渦巻くJSファッション誌界

―― ――ファッション誌全体が低調の状態が続く中で、女子小学生向けファッション誌が好調だ。この市場を牽引する3誌と、同じくローティーンファッション人気に一役買っているゲーム『アイカツ!』のコーディネート比較...

ネットでは大批判の嵐、雑誌の売れ行きは絶好調 カネと欲望渦巻くJSファッション誌界
インタビュー
小学4年生をなによりも愛する豚、登場

【ロースおじさん】経営者にして成功者──世の悩みを斬る、愛すべき豚

――  09年にスタートした格安ホームページ作成サービス「グーペ」。そのサイトのマスコットキャラクターとして存在する、ロースおじさんとお手伝いのミンチーの2匹の豚。グーペの広報ブログ(という名のロースおじさ...

【ロースおじさん】経営者にして成功者──世の悩みを斬る、愛すべき豚
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.29

ヘアヌード騒動で「KILL HIM」と言った藤田朋子が、抗議文を送ってきた!

―― へアヌード氷河期といわれてもう10年になるが、こんな時代だからこそ"高須ここにあり"ということを世に知らしめるために、かつて私がプロデュースした写真集3作の復刊を考えた。

ヘアヌード騒動で「KILL HIM」と言った藤田朋子が、抗議文を送ってきた!
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第76回

独自記事発信も始めたバイラルメディアというウェブメディアの新しい形

――  昨今日本のウェブ界隈では、バイラルメディアの賛否を論ずる声がかまびすしい。怪しげな手法で「いいね!」を稼ぐサイトや、既存の動画や画像を貼りつけただけのサイトが跋扈し、確かに批判の的になりがちな素地が...

独自記事発信も始めたバイラルメディアというウェブメディアの新しい形
第1特集
アイドル衣装の大河ドラマ【3】

国生さゆりが振り返る、80年代アイドル衣装の舞台裏 「おニャン子を救ったのはセーラーズなんです!」

―― ――わずか2年半の活動期間にもかかわわらず今なお伝説のアイドルグループとして語り継がれる、おニャン子クラブ。アパレルブランド「セーラーズ」を若者たちにはやらせるなど、社会現象を巻き起こした同グループで...

国生さゆりが振り返る、80年代アイドル衣装の舞台裏 「おニャン子を救ったのはセーラーズなんです!」
第1特集
アイドル衣装の大河ドラマ【2】

アイドル戦国時代を勝ち抜くために進化しすぎた現代アイドル"異形"衣装6選!

―― ――AKB48の隆盛も一段落し、熾烈を極めるアイドル戦国時代。なればこそ女たちは、鎧の代わりにフリルをまとう!差別化を図ろうとするあまり、トガりすぎてしまった"異形"のアイドル衣装をご紹介!

アイドル戦国時代を勝ち抜くために進化しすぎた現代アイドル
第1特集
アイドル衣装の大河ドラマ【1】

80年代フリフリから10年代"マッパ衣装"まで……アイドル衣装"タブー破り"の歴史を追う!

―― ――アイドルを形作るものは歌やダンスだけではない。彼女たちの着用する衣装こそ、アイドルとしてのアイデンティティをより強固にするアイテムなのだ!時代によって移り変わってきたアイドル像とその衣装の変遷を下...

80年代フリフリから10年代
ニュース
第2次安倍晋三改造内閣の前に山積する課題……

新内閣"乱打報道"と朝日新聞誤報騒動で新聞業界が共倒れ!?

―― 9月3日、第2次安倍晋三改造内閣が発足した。経産大臣に小渕優子氏、総務大臣に高市早苗氏など女性閣僚の登用でも話題となったが、消費税率の10%化問題、TPP問題、原発再稼働問題などなど目先の課題は山積。...

新内閣
インタビュー
「AV女優は幸せになれない」なんてことない!

【横山美雪】女優として活動の場を広げる才女が、まさかの引退宣言!?

――  AV女優としてデビューし、はや6年。ドラマ『闇金ウシジマくん』(TBS)をはじめ、映画『ストロベリーナイト』や『黒執事』といった話題作への出演など、積極的に活動の幅を広げる横山美雪。今年11月で25...

【横山美雪】女優として活動の場を広げる才女が、まさかの引退宣言!?
インタビュー
特別企画

「ローションまみれで悪と戦う」謎のヒーローの正体が明らかに! ミリオンガールズZ

――  キターーーーー!!!!!   先月号、顔がパンティで隠された写真が掲載され、読者からすさまじい反響があった謎のヒーロー「ミリオンガールズZ」。ついに、その正体が明かされた! 彼女たちの正体は、リー...

「ローションまみれで悪と戦う」謎のヒーローの正体が明らかに! ミリオンガールズZ
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第75回 「セレブ承認チャレンジ」

―― ――氷入りのバケツ片手に待っている自称セレブのながき一日

念力事報 第75回 「セレブ承認チャレンジ」
第1特集
「芸能人プロデュース」が増えた本当の理由

名義貸しで400万円の荒稼ぎ芸能人とファッションの胸算用

―― ――「梨花がプロデュースした服がバカ売れ!」「元AKB48篠田麻里子プロデュースのアパレルブランドが破綻!!」……。相変わらずアパレル業界では芸能人プロデュースものが人気だ。では、彼女らは一体何をして...

名義貸しで400万円の荒稼ぎ芸能人とファッションの胸算用
ニュース
アイドルたちはどこでライブをやればいいの!

ライブ会場争奪戦勃発! 閉鎖・改修問題で音楽業界に向かい風か

―― 停滞を続ける音楽業界に、さらなる試練がやってきそうだ。ミリオンセラー連発の90年代と比較して、CDのリリースや、配信による楽曲の売り上げに伸び悩む昨今の音楽業界において、いまや音楽ソフトと同等、もしく...

ライブ会場争奪戦勃発! 閉鎖・改修問題で音楽業界に向かい風か
サイゾープレミア

2017年5月号

美容と筋肉の(裏)事情

美容と筋肉の(裏)事情

学校では習わない"日本のキリスト教"史

学校では習わない
    • スコセッシの【沈黙】は嘘だらけ!?
    • 宣教師と【キリシタン】の実態

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」

姫乃たまグラビアと「アイドル限界説」
    • 連続解散に見る【アイドル】の限界
    • 【里咲りさ】が語るグループの終わり方
    • 【姫乃たま】が語るアイドル3年周期説

インタビュー

連載