> 201309の検索結果

201309 の検索結果

ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

ますます使いづらい女優に…プライベートが順調でも仕事が冴えない鈴木京香

――  交際が報じられていた女優の鈴木京香と俳優の長谷川博己が同棲中で、結婚が秒読みであることを「女性セブン」(小学館)9月26日号が報じている。 同誌によると、約半年前から鈴木の自宅である超高級マンション...

ますます使いづらい女優に…プライベートが順調でも仕事が冴えない鈴木京香
ニュース
【Premium限定】「サ上とロ吉ミーツaiiグッドみんな」発売記念特別インタビュー

松坂時代に横浜高校の応援団長ラッパーサイプレス上野が甲子園のサイン盗み批判に喝ッ!

―― ――地方アイドルグループNegiccoのアルバムに収録された楽曲「ナタ―シア」に、HIP HOPからサイプレス上野とロベルト吉野(サ上とロ吉)が参加しているかと思えば、B-BOY PARKというHIP...

松坂時代に横浜高校の応援団長ラッパーサイプレス上野が甲子園のサイン盗み批判に喝ッ!
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

中森明菜の命運――今だから語れる近藤真彦との“本当の”関係と破局会見の真相

――  "半年も表舞台に出ないとすぐ忘れられる"というのが定説の芸能界。だが、休業して2年7カ月も経つも、今だに忘れられることがない歌手、それが中森明菜である。先日、TBSの名物番組だった『ザ・ベストテン』...

中森明菜の命運――今だから語れる近藤真彦との“本当の”関係と破局会見の真相
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

のりピーに加藤茶も“参入”!! 芸能人たちがますます飛びつくおいしすぎるパチンコ営業

――  先ごろ発売された「東京スポーツ」が8月31日に女優で歌手の酒井法子が大阪市内のパチンコ店でホール営業を行い、集まったファン約1000人の前で同年代にアイドルとして活躍した菊池桃子のモノマネをノリノリ...

のりピーに加藤茶も“参入”!! 芸能人たちがますます飛びつくおいしすぎるパチンコ営業
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

いつの間にか“戦犯”扱い? 女優業では事務所の戦略が見事に外れた本田翼

――  10年ぶりに復活した江角マキコ主演のオフィスドラマ「ショムニ2013」。過去3作放送された連続ドラマはいずれも高視聴率を記録し、今作もそれなりの数字が期待されたが、初回こそ18・3%の高視聴率を記録...

いつの間にか“戦犯”扱い? 女優業では事務所の戦略が見事に外れた本田翼
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

家バレ防止でついにお引っ越し! 2度のスキャンダル発覚で重度の人間不信に陥った橋本愛

――  9月28日の最終話に向けてますます盛り上がるNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」だが、出演者の中でドラマ以外で最も話題を集めたと思われるのは能年玲奈演じる主人公・天野アキの親友・足立ユイを演じた橋...

家バレ防止でついにお引っ越し! 2度のスキャンダル発覚で重度の人間不信に陥った橋本愛
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

安達祐実がヌード写真集を出版した本当の理由

――  ヌード写真集のタイトルは「私生活」。大人の女に変身との意図があるという――。安達祐実の写真集は、久々のスクープヌードといえるかもしれない。当の写真集だが、ヘアヌードではないセミヌードに近いもの。手ブ...

安達祐実がヌード写真集を出版した本当の理由
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.17

維新でトップ当選を果たしたアントニオ猪木は、 暴力も金も超越したところにいる突然変異だ!

――  7月に行われた参院選で、日本維新の会から立候補したアントニオ猪木が当選、18年ぶりの国政復帰を果たした。この件で、私は次の2人を重ねて考えた。 ひとりは、前田日明。2010年の参院選で民主党から出馬...

維新でトップ当選を果たしたアントニオ猪木は、 暴力も金も超越したところにいる突然変異だ!
第2特集
ディズニー(裏)ガイド【6】

ジブリ作品の原稿チェックもディズニーが!? 厳しい写真チェックと媒体差別(?)の実態

―― ──雑誌やテレビなど、メディアへの露出も多いディズニー。当然、その掲載、放映までには取材から校正までさまざまなやり取りが発生する。取材人は禁断のバックヤードにも入れるというが……彼らが見た、裏の顔とは...

ジブリ作品の原稿チェックもディズニーが!? 厳しい写真チェックと媒体差別(?)の実態
連載
中村うさぎのアダルトクエスト【クエストLV.3】

セックスに挑む前に、 まずは女性の性感帯を熟知せよ!

――  第1回、第2回と、強力なオナホールを次々と手に入れ、ついにオナニーステージをクリアしたと思われた童貞戦士ディータ。しかし、次なるステージの扉を開いたかと思いきや、修行の厳しさにディータは脱走してしま...

セックスに挑む前に、 まずは女性の性感帯を熟知せよ!
第2特集
ディズニー(裏)ガイド【5】

仕事がない日は3時間で帰される!過去最高益を支えるキャストの苦悩

―― ──ゲストの知らないディズニーリゾートの裏側を知るためには、現場のキャストたちに聞け! ということで、元アルバイトスタッフたちに集まってもらい、知られざる現場の”過酷さ”とキャラクターたちのヒエラル...

仕事がない日は3時間で帰される!過去最高益を支えるキャストの苦悩
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【24】

「一度撮らせてください!」江戸むらさき・磯山がその熱いAVへの想いを語る!

―― ──今回は、AV好きを公言されているお笑いコンビ「江戸むらさき」のボケ担当、磯山良司さんのご登場です。アフリカのエチオピアで原住民と青姦までしてしまうという本作、いかがでしたか? 磯 あの~、外人男優...

「一度撮らせてください!」江戸むらさき・磯山がその熱いAVへの想いを語る!
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

歴史は繰り返す――藤圭子が陥った過去の呪縛と本当の家族との関係

――  芸能界に衝撃が走った歌手の藤圭子(享年62)の自殺。近年は宇多田ヒカルの実母として有名であったが、既報の通り、その運命は数奇なものだった。 近況をまとめておくと、2007年に宇多田照實氏と離婚。その...

歴史は繰り返す――藤圭子が陥った過去の呪縛と本当の家族との関係
第1特集
ディズニー(裏)ガイド【4】

オリエンタルランド=ブラック企業を裏付ける!? ディズニー3大事件簿とは?

―― ──巨額の広告投下によるマスコミ籠絡で、なかなか報じられないディズニーの黒い疑惑。ここでは本誌が選んだ黒い事件簿を3本選んでご紹介!

オリエンタルランド=ブラック企業を裏付ける!? ディズニー3大事件簿とは?
第2特集
ディズニー(裏)ガイド【3】

裏社会との癒着に、問題食品の多用……ディズニーを静かに揺るがした3大事件簿

―― ──東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)がいかにグレーなバックボーンを持つ企業であるかは前項で軽く触れたが、ここではマスコミ報道で表沙汰になった過去の”事件”を通して...

裏社会との癒着に、問題食品の多用……ディズニーを静かに揺るがした3大事件簿
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第17回

キンコメ高橋が吠える「愚行で得するのって、結局サイゾーでしょ?」

―― 今月の格言「ある者の愚行は他の者の財産である」フランシス・ベーコン 1561年、イングランド生まれ。「帰納」の概念を提出したことで知られる哲学者。「知識は力なり」の言葉は有名。1626年没。

キンコメ高橋が吠える「愚行で得するのって、結局サイゾーでしょ?」
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【12】

ストーカー犯罪の背景に見る安易な警察叩きの誤り

――  2013年6月26日、ストーカー規制法が改正され、規制対象となる「つきまとい行為」に「連続してメールを送信する行為」が追加されるなどしたことが大きく報じられました。この法改正の直接のきっかけになった...

ストーカー犯罪の背景に見る安易な警察叩きの誤り
第2特集
ディズニー(裏)ガイド【2】

完全な夢の国もスポンサーには気を使う!? 写真で見る!ディズニーランド協賛企業リスト

―― ──ディズニーランドでは、企業が協賛金を払うことで、パーク内の施設を広告宣伝などに使用するシステムを取っており、現在は26社が参加している。だが、どう見ても違和感ありまくりで、そのロゴを見ると否が応で...

完全な夢の国もスポンサーには気を使う!? 写真で見る!ディズニーランド協賛企業リスト
第2特集
ディズニー(裏)ガイド【1】

「スポンサー料3億円」「非正規雇用中心」黒いビジネスで稼ぐディズニー裏ガイド

―― ──夢と魔法の国、東京ディズニーランドが1983年4月の開園から、今年で30周年。東京ディズニーシー(2001年9月)の開園に合わせて、東京ディズニーリゾートとなったことで、その人気は加速、国内レジャ...

「スポンサー料3億円」「非正規雇用中心」黒いビジネスで稼ぐディズニー裏ガイド
第1特集
サイゾーpremium限定

【無料公開】芸術家たちの本当の戦略とは? 真の芸術タブーを破った本11選

――  芸術とは、禁忌をめぐる物語である──。そんなキャッチフレーズが作られそうなほど、芸術とタブーは密接にからみあった関係にある。だが、タブーを破ることが芸術である、と言い切ってしまえるほど、芸術とタブー...

【無料公開】芸術家たちの本当の戦略とは? 真の芸術タブーを破った本11選
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第40回

参議院選挙とインターネット

――  さる7月21日に行われた参議院選挙は、大方の予測通り自民党の大勝に終わった。この結果をもたらした原因については当然、さまざまなものが考えられる。アベノミクスへの率直な期待と評価、政党ごとの支持率が充...

参議院選挙とインターネット
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第71回

射殺事件の無罪判決で蘇るもうひとつの惨劇

――  7月13日、17歳の少年トレイヴォン・マーティン君を射殺したジョージ・ジマーマンに無罪判決が出た。 2012年2月、夜7時頃、フロリダ州の住宅街で、トレイヴォン君は、近所のコンビニでアイスティーを買...

射殺事件の無罪判決で蘇るもうひとつの惨劇
連載
彼女の耳の穴【07】

【壇蜜】私、一度に2つのことはできないんです。だから、エッチのときには音楽はいらないかな。

――  キリンジさんと椿屋四重奏さん。「好きな音楽は?」と聞かれて真っ先に思い浮かべるのが、このおふたかたです。でも、ライブに行って彼らの吐息や実像に触れ合いたいとは思いません。音楽誌の対談で中田裕二さん(...

【壇蜜】私、一度に2つのことはできないんです。だから、エッチのときには音楽はいらないかな。
第1特集
変わりゆくストリート・アートの現在地【2】

本人不在でも売れる! バンクシーら、代表的なグラフィティアーティスト6選

―― ■正体不明のアートゲリラ! Banksy[メッセージ]反戦、民族、政治 社会批判性の強い作品を数多く発表するバンクシー。彼の存在が世界的に知られたのは、イスラエルとパレスチナ自治区を隔てる分離壁付近で...

本人不在でも売れる! バンクシーら、代表的なグラフィティアーティスト6選
第1特集
変わりゆくストリート・アートの現在地【1】

バンクシーの落書きが5000万円! グラフィティは本当にアートなのか?

―― ──80年代以降、ストリートから生まれたアートとして評価を受けるグラフィティ・アート。もともとは単なる落書きだったものが、現在では数百万円を超える値がつく作品もあるという。ここでは、2013年ストリー...

バンクシーの落書きが5000万円! グラフィティは本当にアートなのか?
連載
友達リクエストの時代【第10回】

そのボキャブラリーを脱ぎ捨てればたちまちフレンドリーな人間になれる

――  2000年の12月に、10日間ほどの旅程で、インドを訪れたことがある。仕事といえば仕事なのだが、肝心の仕事の中身は、なりゆきまかせというのか、最後まで未定だった。「交通費と宿泊費は負担するが、ギャラ...

そのボキャブラリーを脱ぎ捨てればたちまちフレンドリーな人間になれる
第1特集
カルト宗教に見る"スピリチュアル・アート"の可能性【3】

政府支配下にあった芸術の変化 屋台に並ぶ宗教画たち北朝鮮への影響は?

―― ──2005年から翌年にかけて、北朝鮮と国境を接する中国・延辺朝鮮族自治州の国境の町を歩いていると、キリストや聖母マリアなどの宗教画を土産物として売る屋台が、あちこちで目についた。

政府支配下にあった芸術の変化 屋台に並ぶ宗教画たち北朝鮮への影響は?
第1特集
カルト宗教に見る"スピリチュアル・アート"の可能性【2】

村上隆の作品こそスピリチュアル・アート! 日本の新興宗教とアートのカンケイ

―― ──日本にもまた、創価学会や世界救世教をはじめ、数多くの新興宗教が存在する。彼らにも、独自のアートは存在するのだろうか?

村上隆の作品こそスピリチュアル・アート! 日本の新興宗教とアートのカンケイ
第1特集
カルト宗教に見る"スピリチュアル・アート"の可能性【1】

麻薬商人の神様が芸術に昇華!? 南米に広がるカルト宗教アートの実態

――  アートといえば、もとをたどれば宗教画と共に発展してきた歴史がある。そして、そんな宗教関連芸術の中で、今、新たな美術現象が起きているという。カルト宗教の聖地と化したラテン・アメリカに広がる、”カルト宗...

麻薬商人の神様が芸術に昇華!? 南米に広がるカルト宗教アートの実態
連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第80回

「囚人のジレンマ」が導いた「なんとなく原発大国」

―― ──7月の参議院選挙は、大方の予想通り自民党の圧勝で幕を閉じた。今回の参院選において、マスメディアで取り沙汰されたのは、「ネット選挙の解禁」や「憲法改正」などだった。電力各社が、原発の再稼働を申請する...

「囚人のジレンマ」が導いた「なんとなく原発大国」
第1特集
美大芸大ヒエラルキーの実態【3】

おれたちが最高学府だぜっ! 現役東京藝大生イケイケ覆面座談会

―― ──超難関を勝ち残った彼らは日々何を思い、勉学にいそしんでいるのか? 現役東京藝大生たちの感性とキャンパスライフをちょっぴりのぞき見!

おれたちが最高学府だぜっ! 現役東京藝大生イケイケ覆面座談会
第1特集
美大芸大ヒエラルキーの実態【2】

語りたがりからメンヘラ巨乳まで──東京五美大の学生はこんなだ!

―― ──一般大でいえば東京六大学に相当する東京五美大を、その特徴から勝手に分類!

語りたがりからメンヘラ巨乳まで──東京五美大の学生はこんなだ!
第1特集
美大芸大ヒエラルキーの実態【1】

卒業すればただのフリーター!? 伊勢谷友介も村上隆もビックリ!! 東京藝大&五美大の虚像と実態

―― ──「東京藝術大学がトップ」くらいの知識はありながらも、一般大学を卒業した者にとっては未知の世界である美術・芸術系大学。それらの大学や学生の特徴、そしてそのヒエラルキー構造まで、アーティストの卵たちが...

卒業すればただのフリーター!? 伊勢谷友介も村上隆もビックリ!! 東京藝大&五美大の虚像と実態
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【3】

ゲットーと少林寺の絆! 真説、米黒人(ハート)カンフー

――  クエンティン・タランティーノ・プレゼンツと銘打たれた異色のカンフー映画。それは、本国アメリカでは昨年11月公開済みなのに、ここ日本では8月3日にようやく封切られた『アイアン・フィスト』だ。異色と呼ぶ...

ゲットーと少林寺の絆! 真説、米黒人(ハート)カンフー
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.16

『風立ちぬ』──宮崎駿の業と本質が凝縮された本作を受け、次の世代に課せられた使命

―― 『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる宮崎駿の新作アニメが公開された。公開2週で早くも累計動員220万人、興行収入28億円を突破と今夏最大のヒット作となりそうだ。「遺作」とも銘打たれた本作で、宮崎駿は何...

『風立ちぬ』──宮崎駿の業と本質が凝縮された本作を受け、次の世代に課せられた使命
第1特集
芸術と共に歩むメディアの裏側

美術手帖、芸術新潮からブルータスまで!! 雑誌とアートのキケンな関係を徹底検証

―― ──これまで本誌は、ファッション誌や音楽誌では、メーカー側から雑誌側へ巨額の広告費が動き、誌面もその広告費に大きく影響されることを暴いてきた。はたしてこの構造は、美術誌においても成立しているのだろうか...

美術手帖、芸術新潮からブルータスまで!! 雑誌とアートのキケンな関係を徹底検証
連載
町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」第10回

お好み焼きをひっくり返す、その"最良の時"とは何時なのか

――  皮肉と茶番の混ぜ合わせ丼。白昼。唯々諾々とお仕着せの、万民向けの、真の文化を知らぬ戎夷に向けた解説書きを見つつ。これに従ってお好み焼きを焼く我と我が身の情けなさ。そを噛みしめつつ、訳のわからぬ、きつ...

お好み焼きをひっくり返す、その
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「『文春』の浅薄さに非難轟々」

―― フィギュアスケートの安藤美姫選手が4月に女児を出産したことをテレビ番組で突然公表し、世間はあっと驚きました。父親を明かさなかったことから、安藤選手への誹謗中傷がFacebookページに書き込まれる事態...

人気エントリー定点観測@はてな 「『文春』の浅薄さに非難轟々」
第1特集
悪どく儲ける絵画販売商法の現状【1】

こんな売り方したくなかった!? C・ラッセン、ヒロ・ヤマガタ…悪徳絵画販売商法の実態

―― ──美術界の本流からは無視されてきたヒロ・ヤマガタやクリスチャン・ラッセンといったアーティストがいる。彼らが美術界で冷遇されてきた理由の一つには、その販売手法にあった。”絵画商法”と呼ばれる悪名高い売...

こんな売り方したくなかった!? C・ラッセン、ヒロ・ヤマガタ…悪徳絵画販売商法の実態
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

年収4000万円、新居にベンツ購入も――加護亜依復帰に見る芸能人の本当の旨み

――  加護亜依が芸能界に復帰した。といっても復帰宣言しただけで、今後の仕事はまだ未定だ。さらに、“加護亜依”という名前は元所属事務所が商標登録をしており、事務所側は加護名義の活動には芸名の使用料を求めると...

年収4000万円、新居にベンツ購入も――加護亜依復帰に見る芸能人の本当の旨み
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第37回

監視社会とプライバシーの再定義

――  人から監視されるというのは誰だっていやなものですね。私的な生活や通信まで覗きみられればプライバシーの問題にもかかわります。そのプライバシーの問題を深く考えさせる出来事が少しまえにありました。アメリカ...

監視社会とプライバシーの再定義
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

写真から鳴り続ける妻の死の残響

―― 「表象」「上演」「代理」を指す「representation」という言葉には「喪の黒布で覆われた空の棺」という意味があるという。写真も不在の死者を「再現前」させるメディウムのひとつだろう。古屋誠一はこ...

写真から鳴り続ける妻の死の残響
第1特集
なぜ企業はアートを支援するのか?【3】

約4000億円の行政文化予算はどこへ行く!? 癒着とずさんな基準で選ばれる助成金の是非

―― ――前頁までは、企業がその経営理念の中でアートを支援する企業メセナについて見てきたが、ここではさらに視野を広げて、税金を使ってアート活動を支援する、公共団体による助成金について見て行きたい。

約4000億円の行政文化予算はどこへ行く!? 癒着とずさんな基準で選ばれる助成金の是非
第1特集
なぜ企業はアートを支援するのか?【2】

あのお硬そうな企業が実はこんなことをやってますよ! ジャンル別メセナ活動一覧

―― ――ここではさらに視野を広げて、企業が行うメセナをジャンルごとに分類、代表的な施設などをご紹介!

あのお硬そうな企業が実はこんなことをやってますよ! ジャンル別メセナ活動一覧
第1特集
なぜ企業はアートを支援するのか?【1】

リストラしても美術館は存続…経営との板挟みになる!? メセナ続ける企業の実情

――  近年、言葉だけは一般的になった企業によるメセナ活動。不況の影響で企業経営に厳しい目が向けられる中で、なぜこうしたメセナは行われ続けるのか──?

リストラしても美術館は存続…経営との板挟みになる!? メセナ続ける企業の実情
連載
田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十七回】思考停止の管理職たちよ熱意をもって生まれ変われ!

―― 田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十七回】思考停止の管理職たちよ熱意をもって生まれ変われ!
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第63回

iOS、Androidから第三極OSへ アプリストア支配からアプリを解放せよ!

――  iOSとAndroidが支配してきたモバイルOSの世界に、新たな動きが起こってきている。この動きは、スマートフォンに完全移行しつつあるモバイルの世界の中心を、再び大きく変える可能性をはらんでいる。2...

iOS、Androidから第三極OSへ アプリストア支配からアプリを解放せよ!
第1特集
奮闘続くアート業界関係者座談会【2】

サブカル展は森美術館の十八番?今足を運ぶべき日本の美術館8選

―― 少々アクセスの悪い立地にあるが、「生誕100年 岡本太郎展」(11年3~5月)、「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」(12年2~5月)など、幅広い年代にリーチする企画展を毎年開催している。今年はな...

サブカル展は森美術館の十八番?今足を運ぶべき日本の美術館8選
第1特集
奮闘続くアート業界関係者座談会【1】

ジブリにマンガ、サブカルチャー展頼り!? 奮闘続くアート業界関係者覆面座談会

―― ――要注目の企画展があちこちの美術館で開催されている近年。瀬戸内国際芸術祭やあいちトリエンナーレなど、地方の芸術祭も盛り上がっている。しかしそのお膳立てをするアート業界は、リーマンショック以降の傾きで...

ジブリにマンガ、サブカルチャー展頼り!? 奮闘続くアート業界関係者覆面座談会
サイゾープレミア

2017年10月号

(裏)動画案内2017

(裏)動画案内2017
    • 【レシピ動画】の儲け方
    • 【園山真希絵】がレシピ動画を斬る
    • 【DAZN】巨額投資回収を拒む壁
    • 【アメリカ】のコンテンツ争奪戦
    • 【このハゲー】動画のお値段
    • 【週刊誌】がテレビ局に売った動画
    • 【ウェブCM】出演芸能人のお値段
    • 【2大炎上ウェブCM】を白黒裁判!
    • 【ウェブCM炎上】に見る女心
    • 【人気YouTuber】が脱いでみた
    • 【MC漢】が小学生と大激論
    • 【心霊動画】の潮流と愉しみ方
    • 厳選!本当に怖い【心霊動画】
    • 【トランプ】の中傷動画戦略
    • 【ネガティブキャンペーン】6選
    • IT技術者が語る【DMM.R18】の魅力
    • 学者が分析【エロ動画】閲覧の代償
    • 【オナニー向け】神デバイス
    • 2017年版【オナニー】ガイド
    • プロが見る【ヌケるAV】

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • みうらうみ「現役音大生の(禁)水着」

哲学的アニメ批評的水着グラビア

哲学的アニメ批評的水着グラビア
    • 【鹿目凛】と東大教授の化学反応

NEWS SOURCE

    • 【スマステ】打ち切りの真相
    • 【大谷翔平】がMLBに投げ売り!?
    • 芸能界のドンと【レコ大】どうなる?

インタビュー

    • 【ワンピクセル】接触できないアイドルはライブで魅せる!
    • 【福永未来】万引き依存症、地獄の苦しみと救済
    • 【Awich】夫を射殺で失ったラップ界の才媛

連載

    • 【青山ひかる】ニコ動が好きなんです。
    • 【藤田ニコル】彼氏と聴いてたback number
    • 『ユアタイム』、下から見るか?横から見るか?
    • 日本企業の【AI・IoT】は絶望的な結果!?
    • ゲス不倫くらいで騒ぐな!地下格闘技を見ろ!
    • 【菊地成孔】ミュージシャンと文筆家、2つの顔トーク
    • 思い出を作る【米軍基地】の盆踊り
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【2パック】ラッパーの物語が銀幕へ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 【アダルトチルドレン】ですべては親のせい!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『デトロイト』
    • 【理工系優位】がもたらす大学教育と知の劣化
    • 小原真史の「写真時評」/戦死者たちの肖像(中)
    • 打ち上げミサイル、下から見るか?横から見るか?
    • ジャングルポケット/ずっと舐めていられる!擬似ちくびの魅力
    • 【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】女心と秋の空は、まるで神隠し
    • 「バイオクイーン」ショコラの果てなき野望
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • YouTuberよどこへ行く…幽霊、現代香具師たちの難儀な炎上
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』