> 201302の検索結果

201302 の検索結果

連載
彼女の耳の穴【01】

【相武紗季】──音楽に頼り切ることがなくなった。いまなら遠距離恋愛もできるかも

―― 私と音楽との距離感。最近は、「いつも自然とそばにいてくれるもの=音楽」なような気がします。ヘッドホンを着けてiPodで聞くことも多いですし、家に帰ってまずすることは、そのiPodをスピーカーにつなぐこ...

【相武紗季】──音楽に頼り切ることがなくなった。いまなら遠距離恋愛もできるかも
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第10回

「いつかできることは、すべて今日でもできる。」だから、小明はいつまでも結婚できない!?

―― 今月の格言「いつかできることは、すべて今日でもできる。」ミシェル・ド・モンテーニュ(Michel de Montaigne)1533年、フランス生まれ。ルネサンス期の哲学者。著書『エセー』の中で「ク・...

「いつかできることは、すべて今日でもできる。」だから、小明はいつまでも結婚できない!?
連載
萱野稔人の"超"現代哲学講座 第30回

自民党の"金融緩和による公共事業の促進"で将来世代が負担を押し付けられる!!民主主義の原理的限界

―― 2012年は総選挙によって幕を閉じました。投票の結果、自民党が大勝し、3年3カ月続いた民主党政権に代わって再び政権を担うことになりました。今回考えたいのは、その昨年末の総選挙をつうじてあらわになった民...

自民党の
連載
性具知新。第4回

いずれは"セックスアンドロイド"も登場か!?ワイルドワン社長が明かすオナホールの未来

―― 今月で4回目を迎える当連載では、ハイテクの粋を凝らした電動オナホール「サイクロン・50」をピックアップ。第2回に登場したワイルドワンの代表取締役社長・武藤哲哉氏に、電動オナホールの魅力や歴史、市場での...

いずれは
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【17】

書店や図書館などでは破廉恥な行為が隠然と行われている!? 図書館司書の若奥様に根掘り葉掘り聞いてみた

―― 今月のセクハラ問答相手 図書館司書Iさん(29歳)小説家志望で、現在は某大学図書館勤務。昨年結婚したばかりの新婚ホヤホヤ。

書店や図書館などでは破廉恥な行為が隠然と行われている!? 図書館司書の若奥様に根掘り葉掘り聞いてみた
第2特集
NHK大河の闇【6】

腐女子社会学者・金田淳子が萌え狂ったBLカップリング多発しまくりの『平清盛』

―― 12年に放送された『平清盛』は、一般には視聴率が低くとも、ドラマファンからは人気が高かったといわれている。が、実はもうひとつ、『清盛』が虜にした層があるのだ。それは、腐女子層。『清盛』にハマった社会学...

腐女子社会学者・金田淳子が萌え狂ったBLカップリング多発しまくりの『平清盛』
第2特集
NHK大河の闇【5】

「史実と違う」でちょっとウンザリ!? 『平清盛』歴史考証の学者が泣いた学者仲間からの"悲しい批判"

―― 批判も多かった12 年『平清盛』の歴史考証を担当した東大教授の歴史学者・本郷和人氏に、「歴史考証家の役割とはなんなのか」について話を聞いた。彼が感じた、NHKスタッフの仕事ぶりとは?

「史実と違う」でちょっとウンザリ!? 『平清盛』歴史考証の学者が泣いた学者仲間からの
第2特集
NHK大河の闇【3】

「原稿料だって国会通してますから!」民放ドラマとはここが違う! 『龍馬伝』脚本家が語る大河の作り方

―― 『HERO』『海猿』シリーズ(共にフジテレビ系)といった、エンターテインメント色の強い作品で数々のヒット作を生み出してきた脚本家・福田靖氏。そんな彼が、2010年の大河ドラマ『龍馬伝』を手がけることに...

「原稿料だって国会通してますから!」民放ドラマとはここが違う! 『龍馬伝』脚本家が語る大河の作り方
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.9

『平清盛』──低視聴率なんて関係ない! 制作陣が挑んだ、この傑作を観よ!!

――  今月号の小特集では大河ドラマについて取り上げてきたが、それでは12年まさに紛糾した『平清盛』の真の魅力とはなんだったのか? 『清盛』に魅せられた2人の男がアツく語り合う!

『平清盛』──低視聴率なんて関係ない! 制作陣が挑んだ、この傑作を観よ!!
連載
法社会学者・河合幹雄の法痴国家ニッポン【5】

尼崎事件に見る普遍性と現代性

―― 「日本の犯罪史を塗り替えた」などとして世を騒がせている尼崎連続変死事件。主犯と目されていた角田美代子容疑者の自殺で、さらに事件の真相に注目が集まっています。しかし、犯罪学的に見ると実は、ある意味におい...

尼崎事件に見る普遍性と現代性
第2特集
NHK大河の闇【1】

視聴率奪取の宿命を追った50年史 NHK大河ドラマを蝕む"作家主義"の弊害

―― ─ドラマファンには評価が高かったにもかかわらず、視聴率的には惨敗した2012年『平清盛』をはじめ、昨今視聴率低迷に悩むNHKの看板ドラマシリーズ「大河ドラマ」。50年の歴史を持つこの枠も、今岐路に立た...

視聴率奪取の宿命を追った50年史 NHK大河ドラマを蝕む
第2特集
NHK大河の闇【2】

大河のせいで倉本聰が北海道に移住!? 国民的ドラマに炸裂したスキャンダル列伝

―― 963年の『花の生涯』に始まり、13年の『八重の桜』まで、実に52作品を数える大河ドラマの歴代作品。リアルタイムでは観ていなくとも、伝説的作品として知っているものも少なくないだろう。むろんその中には、...

大河のせいで倉本聰が北海道に移住!? 国民的ドラマに炸裂したスキャンダル列伝
連載
町田康の「続・関東戎夷焼煮袋」第3回

お好み焼きの王である豚玉 焼きそばのせお好み焼き・モダン焼 "モダン"が示す大阪人の魂

―― 豚は辛かった。豚小屋を掃除する際、水が冷たくて手がもげるかと思った。豚は自分勝手で人の気持ちを忖度することなどまるでなく自己主張ばかりしていた。もう養豚の手伝いは二度とやりたくない。今度、頼まれたらな...

お好み焼きの王である豚玉 焼きそばのせお好み焼き・モダン焼 
第1特集
安倍政権で異変?北朝鮮との危険な関係

父と総連の密接交際を隠すのに必死!? 安倍内閣と北朝鮮が抱える時限爆弾

―― 今般の選挙で様変わりした日本の政界の勢力図。この変化は、当然諸外国との外交にも影響を与える。先日、ミサイル発射騒動を起こした北朝鮮も、外交上重要な国家の一つだ。これまで北朝鮮と日本の政治家の間には有形...

父と総連の密接交際を隠すのに必死!? 安倍内閣と北朝鮮が抱える時限爆弾
連載
友達リクエストの時代【第3回】

社会に出た人間は新しい友だちを作ることができない!? 友だちとは"学校"の副産物なのだ

―― 小学生に友だちの数を尋ねると、たぶん曖昧な答えが返ってくる。100人と言うかもしれない。30人と答えるかもしれない。どっちにしても、彼らは自分の友だちの数を正確に数えることができない。

社会に出た人間は新しい友だちを作ることができない!? 友だちとは
第1特集
【プレミア限定ver.】キケンな脱法ドラッグ市場【3】

【プレミア限定ver.】マジックマッシュルームも今は昔…超詳述!脱法ドラッグの歴史

―― 一昔前には合法ドラッグと呼ばれていた脱法ドラッグ。その歴史を追いたい!>70年代 抗精神薬(睡眠薬)のペンザリンが市販され、ダウン系ドラッグとして愛用された。これが合法ドラッグのルーツではないかという...

【プレミア限定ver.】マジックマッシュルームも今は昔…超詳述!脱法ドラッグの歴史
第1特集
キケンな脱法ドラッグ市場【2】

ハーブにバスソルト…"マイアミ・ゾンビ事件"を引き起こした脱法ドラッグの使い方

―― 脱法ハーブばかりが取り沙汰されているが、脱法ドラッグのカタチはそれだけではない。現在、人体への摂取を目的としない“合法ドラッグ”とうたって業者が販売しているのが、この3タイプである。

ハーブにバスソルト…
第1特集
キケンな脱法ドラッグ市場【1】

精神を破壊するクスリは規制不可能!? 脱法ドラッグの危険な市場原理

―― 2012年、使用者による事故や事件が頻発し、社会問題化した脱法ドラッグ。厚生労働省は薬事法の指定薬物と似ていれば一括で規制する「包括指定」の導入を決めたが、そもそもどんな人間が売り、そして買っているの...

精神を破壊するクスリは規制不可能!? 脱法ドラッグの危険な市場原理
連載
田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十回】職場の人と微妙に距離が…部下を火傷させる病巣とは?

―― 田中圭一の【ビジネススキル向上SFマンガ】未来からのシナン~目指せ!アタリーマン~

【第十回】職場の人と微妙に距離が…部下を火傷させる病巣とは?
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第33回

選挙から考える

―― 12年末の衆議院選挙から約1カ月、年が明けて今、改めてこの国は大きな暗礁に乗り上げてしまったな、と思っている。最初に個人的な立場を明記しておくが、僕は安倍晋三の「美しい国」的なビジョンにはまったく共感...

選挙から考える
第1特集
変貌する"ヤクザ抗争"最前線【2】

激化する抗争の原因は? 主要地区のヤクザ抗争事情と驚きの抗争事件簿

―― ──周知の通り、激しい抗争が繰り広げられる九州地区含め、ほかの都市ではどのような抗争が起こっているのか?[山一抗争に匹敵する長期化]■最新ヤクザ抗争 九州“死闘”編 今、ヤクザ社会で最も注目を集めるの...

激化する抗争の原因は? 主要地区のヤクザ抗争事情と驚きの抗争事件簿
第1特集
変貌する"ヤクザ抗争"最前線【1】

抗争は本当に激減したのか? 不戦屈敵から平和共存へ "ヤクザ抗争"変貌最前線

―― 暴力団関係者による抗争や発砲事件を目にする向きも多いだろう。だが実は、現在は最も暴力団による抗争が少ない時代だという。そんな抗争の最新事情を見てみよう。 2012年12月27日、福岡など5県の公安委員...

抗争は本当に激減したのか? 不戦屈敵から平和共存へ
連載
下着と水着の考証学 第17回

[東名をかっ飛ばすのが好きな女]綺美香──カーセックスは、Bまでがイイんです。

―― 去年、48歳の時に「奇跡の大型美淑女」っていうキャッチコピーでAVデビューしたんですけど(笑)、熟女っていっても新人なので、撮影はまだまだ緊張しちゃいますね。2月からはミリオンというメーカーさんへ移籍...

[東名をかっ飛ばすのが好きな女]綺美香──カーセックスは、Bまでがイイんです。
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.06

中国共産党・習近平総書記体制誕生でネットは規制一辺倒から世論工作へ変わる!

―― 政治の面でもビジネスの面でも、近年日本が熱い視線を注ぐ国・中国。今年秋には第18回中国共産党大会が行われ、今後の5年を統治してゆく習近平総書記体制が固まった。悪名高いグレートファイヤーウォールに阻まれ...

中国共産党・習近平総書記体制誕生でネットは規制一辺倒から世論工作へ変わる!
第1特集
今、一番ヤクザに愛される車【2】

ポイントは乗り心地とアフターケア! ベンツにレクサス 最新ヤクザの人気車種一覧

―― ──ヤクザにとって車とは重要な商売道具。では、最近の流行はどのような傾向なのだろうか?国内外の高級車から話題のBOX型ミニバンまで、ヤクザの支持を得る車種とその理由を見てみよう。

ポイントは乗り心地とアフターケア! ベンツにレクサス 最新ヤクザの人気車種一覧
第1特集
今、一番ヤクザに愛される車【1】

省スペースのミニバン人気が上昇中!? 今、一番ヤクザに愛される自動車事情

―― ヤクザが乗る車といえば、ベンツやBMWといった高級車を思い浮かべる向きが多いだろう。だが、現在ではそうした流行にも変化が訪れており、レクサスやミニバンといった国産車に注目が集まっているという。

省スペースのミニバン人気が上昇中!? 今、一番ヤクザに愛される自動車事情
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

野生動物の死をめぐるドラマ

―― 写真家・宮崎学の作品に「死」というシリーズがある。山中で朽ちていく野生動物の死骸を、赤外線感知装置付きのロボットカメラで定点観測したものだ。一定時間ごとに自動撮影されるだけでなく、死骸に向けて照射され...

野生動物の死をめぐるドラマ
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「未来の党がネットでボコボコに」

―― 衆院選では自民党が圧勝し、民主党が惨敗。第三極では日本維新の会に票が集まったものの、存在感を出せないままでした。そんな中、ネットで異彩を放ったのが日本未来の党。公示前に登場した謎のサイトは一瞬大きく話...

人気エントリー定点観測@はてな 「未来の党がネットでボコボコに」
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【3】

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件

―― 人気もあり金もあるスター選手となれば、ブラックな人たちが近寄ってくるのは避けて通れない道なのだ!【1】ディエゴ・マラドーナ[ナポリ(当時)/アルゼンチン]世界最高のスーパースターとしてサッカー界に輝か...

イタリアだけじゃない! サッカー界・名選手たちの黒い交際と世界の八百長事件
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【2】

イタリアサッカー界"腐敗"の象徴「カルチョ・スキャンダル」とはなんだ?

―― カルチョ・スキャンダルとは、06年5月に発覚したイタリアサッカー界史上最悪の八百長事件のことである。セリエAの名門サッカークラブであるユベントスの元GMであるルチアーノ・モッジらが主犯格とされ、自チー...

イタリアサッカー界
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【1】

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇

―― 裏社会、イタリア。その2つのキーワードでまず最初に思いつくのは当然、マフィア。裏社会を牛耳る彼らは華々しいサッカー界を操る大きな存在となっている。八百長や選手・審判への脅迫、そしてクラブそのものにまで...

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇
ニュース
盗用疑惑での炎上も「宣伝になる」とお喜び?

"傍若無人"上杉隆の横暴で、自由報道協会がいよいよ崩壊中!

―― このところテレビ出演や雑誌の連載などで注目を集める半面、「週刊文春」での、安倍晋三首相の選挙事務所に関する捏造記事(09年2月26日号)や日刊ゲンダイの連載などで、被災地や原発に関する明らかな事実誤認...

連載
神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」 第73回

衆院選が浮き彫りにした現行選挙制度の瑕疵

―― 2012年12月16日、第46回衆議院議員総選挙が行われた。大方の予想通り、民主党の議席は激減し、自民党が政権与党に返り咲いた。しかし、同選挙の投票率は戦後最低の59・32%を記録。また、小選挙区比例...

衆院選が浮き彫りにした現行選挙制度の瑕疵
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第56回

頭脳労働から工場の単純労働まで未来ではテクノロジーが仕事を奪う

―― 製造業の工場において、ロボットが生産ラインに導入されて労働者の仕事を奪っている、というのは長らく言われてきたことだ。しかしそれが事ここに至って、さらに進化した形でテクノロジーが人間の仕事に介入してくる...

頭脳労働から工場の単純労働まで未来ではテクノロジーが仕事を奪う
第1特集
ネット犯罪で進化するシノギ事情【3】

海外にサーバーが置いてあっても違法!! 弁護士に聞くネット犯罪の法解釈

―― インターネット上の犯罪は、サービスの提供者と利用者が別の国というケースも多い。そのため、よく「国内法に引っかかるサイトでも、サーバーが海外であれば国内法では裁けない」といわれることがあります。

海外にサーバーが置いてあっても違法!! 弁護士に聞くネット犯罪の法解釈
第1特集
ネット犯罪で進化するシノギ事情【2】

半グレ集団も参入し――インターネットの時代別 主なネット犯罪の歴史とその手口

―― 1990年代後半より、日本でも広く普及したインターネット。現在では生活に欠かせないものとなっているネットだが、人が多く集まるところに裏社会の人間が参入してくるのも必然だ。黎明期より“裏社会のシノギの場...

半グレ集団も参入し――インターネットの時代別 主なネット犯罪の歴史とその手口
第1特集
ネット犯罪で進化するシノギ事情【1】

スパイウェアのアンドロイドアプリをばらまく犯罪グループも!? ネット犯罪で進化する裏社会のシノギ事情

―― いまや誰もが当たり前に利用するインターネット。しかし、そんなインターネットは、違法薬物売買や個人情報の奪取、詐欺サイトなど、裏社会の人間たちからシノギの場として活用されてきた裏面がある。

スパイウェアのアンドロイドアプリをばらまく犯罪グループも!? ネット犯罪で進化する裏社会のシノギ事情
ニュース
自民党政権で活気づくのは、経産省と産経新聞?

経産省vs財務省のバトル勃発!? 新聞記者が語る霞ヶ関の政権交代

―― A さて、民主党がぼろ負けして安倍晋三内閣が発足、永田町や霞ヶ関のほうの”政権交代”はどうよ? B 霞ヶ関では、民主党の「政治主導」体制でやりにくくなっていた官僚たちが、「自民党政権で前のように気持ち...

経産省vs財務省のバトル勃発!? 新聞記者が語る霞ヶ関の政権交代
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第64回

ひとりを殺すための犠牲 失われたアメリカの正義

―― 2011年5月2日深夜、パキスタンのアボッターバードに、米国海軍特殊部隊を載せたヘリコプターが突如飛来した。01年9月11日の同時多発テロ首謀者とされるオサマ・ビン・ラディンを急襲するためだ。作戦決行...

ひとりを殺すための犠牲 失われたアメリカの正義
連載
花くまゆうさく

「カストリ漫報★」

―― 花くまゆうさく「カストリ漫報★」

「カストリ漫報★」
第1特集
"iPSホラ吹き男"森口尚史が怒りの宣戦布告!

"iPS細胞お騒がせ男"森口尚史が騒動の裏を暴露「真実を言うと私は米軍に葬られるかもしれない」

―― 12年10月、読売新聞により「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を6例実施した」と大々的に報じられた森口氏。ところがすぐに多くの疑義が提起され、同新聞は「森口氏の説明は虚偽」とし、一連の記事を誤報...

ニュース
メリー氏の怒りを買った遺書の存在も怪しい?

東山紀之と森光子の仲はすでに冷え切っていた!? 本誌が知る2人の本当の関係

―― 国民栄誉賞や文化勲章などを受賞した、女優・森光子が急逝したのは12年11月10日。京都祇園の芸妓の母と紡績会社の御曹司の間に生まれるも、私生児として育てられた彼女の数奇な人生と功績を、各メディアが報じ...

東山紀之と森光子の仲はすでに冷え切っていた!? 本誌が知る2人の本当の関係
連載
お騒がせ男の”最初で最後の懺悔録”──高須基仁 の「全摘」 No.10

『散骨』の装丁画家の死をきっかけに誓う2013年はエロス版ドン・キホーテを作るぞ!!

―― 2012年、芸能人から闇の人までさまざまな人が亡くなった。それは例年のごとくなので特別な感覚はないが、衝撃だったのは、私の処女小説『散骨』(光文社)の装丁画を手がけた、画家で武蔵野美術大学教授の三嶋典...

『散骨』の装丁画家の死をきっかけに誓う2013年はエロス版ドン・キホーテを作るぞ!!
ニュース
自民党支持の自衛隊 他党への協力は消極的?

"安倍総理ラブ"な自衛官たちが告白する国防軍化と自民党への期待

―― 今回は、実際に海上自衛隊で隊務を遂行する下士官のトップである海曹長と、その1つ下の階級である1等海曹の方々にお集まりいただきました。まず、3年3カ月続いた民主党政権を、皆さんはどのように見ていましたか...

第1特集
政治家たちが断ち切れないヤクザとの"不適切な関係"【3】

現役暴力団幹部が証言 狙い目シノギは金融と海外事業 ヤクザは自民党政権を大歓迎や!

―― 改正暴力団対策法や暴力団排除条例などで、シノギがしづらくなったというヤクザ。だが、時代の変化に合わせてその姿を変えていくのもヤクザである。ここでは、与党交代という新たな変革を受けて、ヤクザたちがどう変...

現役暴力団幹部が証言 狙い目シノギは金融と海外事業 ヤクザは自民党政権を大歓迎や!
第1特集
政治家たちが断ち切れないヤクザとの"不適切な関係"【2】

学校では教えてくれない!? 政治と裏社会のニュースを読み解くための"あいうえお"

―― 危なすぎて(?)世の中では報じられない政治と裏社会の関係。ここでは、親子で、そして家族で読んで、“未来のニッポン”のために、政治の裏側に興味を持ってもらうため、“タブーなし”の黒池上彰さんがその関係に...

学校では教えてくれない!? 政治と裏社会のニュースを読み解くための
第1特集
政治家たちが断ち切れないヤクザとの"不適切な関係"【1】

ヤクザにお願いして当選する政治家も!? 暴対法強化でも絶てない裏社会との関係

―― 政治家が反社会的勢力との交際を暴露されれば、一大スキャンダルとなり、閣僚が辞任に追いこまれたり、有力な議員が失脚する例は多い。一方で、これだけスキャンダルになるのだから、珍しいことなのか?

ヤクザにお願いして当選する政治家も!? 暴対法強化でも絶てない裏社会との関係
インタビュー
『食物繊維は摂るな! ミネラルとかいらねーし!』

【小阪由佳】「カツカレーは私を裏切らなかった!」──"デブリート"と化した本当の理由

―― 三段腹がはみ出す制服で175Rの歌を熱唱……そんな衝撃のライブから3年、”食ハラスメント”の実態を自ら告白する。

【小阪由佳】「カツカレーは私を裏切らなかった!」──
連載
──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第55回「なんだったんだ? 3YEARS」

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ

念力事報 第55回「なんだったんだ? 3YEARS」
連載
コッソリ教えて!! ギョーカイ(秘)座談会 第5回

ソニーのセキュリティ意識はユルユル!?お粗末IT事情を関係者が徹底暴露!!

―― パソコンはもはや一家に1台は当たり前。スマホも急速に普及し、個人情報の宝庫であるデジタルデバイスに対するセキュリティの必要性が声高に叫ばれ始めている。しかし現実は、そうした危機意識とはほど遠いのが現状...

ソニーのセキュリティ意識はユルユル!?お粗末IT事情を関係者が徹底暴露!!
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー