> 綾瀬はるかの検索結果

綾瀬はるか の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

NHK『紅白歌合戦』司会、広瀬すず以上の“超サプライズ候補”とは?

――  この時期になると持ち上がるのが、大みそかに放送されるNHK『紅白歌合戦』の司会や出演者のさや当てだ。  昨年は安室奈美恵の登場で盛り上がったが、今年は例年以上の“目玉不足”。華のある出演者が少ない...

NHK『紅白歌合戦』司会、広瀬すず以上の“超サプライズ候補”とは?
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

ドラマ界を仕切るホリプロvsスターダストの頂上決戦

――  世代交代で揺れる「ジャニーズ事務所」の動向をライバル事務所は冷静に見つめているという。某芸能でプロ幹部が話す。

ドラマ界を仕切るホリプロvsスターダストの頂上決戦
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?

――  今期ナンバーワンヒットとなった綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)は、9月18日に放送された最終回で平均視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、有終の美...

綾瀬はるかにドラマ視聴率完敗! それでも石原さとみが唯一勝っている分野とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』映画化へ!? Fカップ美巨乳ヌードが、ついに解禁か

―― 「2018年に綾瀬はるかが巨乳を完全解禁する」と、業界関係者の間で持ち切りだ。  綾瀬といえば、10月期に主演したドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)が全話平均12.7%(ビデオリサーチ調...

綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』映画化へ!? Fカップ美巨乳ヌードが、ついに解禁か
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

“不倫報道”完全スルーのマギー『精霊の守り人』出演に、綾瀬はるかが悲鳴?

――  綾瀬はるかも眉間にシワを寄せていることだろう。  モデルのマギーが、11月25からスタートする綾瀬主演のNHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人 最終章』で女優デビューすることがわかった。彼女は...

“不倫報道”完全スルーのマギー『精霊の守り人』出演に、綾瀬はるかが悲鳴?
ニュース
【premium限定ニュース】

綾瀬はるか、『精霊の守り人』爆死で長澤まさみ級のセクシー路線にシフト?

――  昨年3月から始まった綾瀬はるか主演のNHKファンタジードラマ『精霊の守り人』が大苦戦。綾瀬の女優生命までも危ぶまれているという。テレビ誌ライターが語る。

綾瀬はるか、『精霊の守り人』爆死で長澤まさみ級のセクシー路線にシフト?
ニュース
目玉ナシの紅白に内ゲバのレコ大で年末は何を見る?

タモリがNHKにキレた!革新派の反旗で三代目JSBかAKBかで割れるレコ大!荒れる年末歌番組の行方

―― 今年も残すところあと1カ月半、毎年この時期になると芸能界で注目を集めるのが暮れの音楽特番『NHK紅白歌合戦』と『輝く! 日本レコード大賞』(TBS)だ。もはや形骸化されている祭典とはいえ、出場・受賞を...

タモリがNHKにキレた!革新派の反旗で三代目JSBかAKBかで割れるレコ大!荒れる年末歌番組の行方
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

綾瀬はるか熱愛の真贋——スポーツ紙スクープと週刊誌スクープの“差”とは?

―― スポーツ紙と週刊誌のスクープは根本的に違う。それを改めて痛感したのが、元旦発行の日刊スポーツに載った「綾瀬はるか・松坂桃李」の熱愛記事。

綾瀬はるか熱愛の真贋——スポーツ紙スクープと週刊誌スクープの“差”とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

数字の差はイケメン人気? 綾瀬はるかの完勝ムードになったドラマ対決の勝因

―― 10月に同時間の裏番組としてスタートし、視聴率対決が注目されていた、綾瀬はるか主演の「きょうは会社を休みます。」(日本テレビ)と沢尻エリカ主演の「ファーストクラス」(フジテレビ)。

数字の差はイケメン人気? 綾瀬はるかの完勝ムードになったドラマ対決の勝因
第1特集
"美少女狂い"な男が吠える! 俺があのコを愛する理由──吉田 豪が選ぶ「マイベスト美少女」

綾瀬はるかはマヌケと清純が同居する奇跡的な存在

―― ──男なら誰でも心の中に存在しているであろう"マイベスト美少女"。そこで、小説、...

綾瀬はるかはマヌケと清純が同居する奇跡的な存在
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』