> 竹書房の検索結果

竹書房 の検索結果

第1特集
【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”

【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”

―― 男性読者諸氏にはあまりなじみがないかもしれないが、女性向けマンガも少女マンガやレディースコミックに限らず、昨今はBL、TL、サブカル系と細分化が進み、ある種、男性向け以上に幅広い展開を見せている。

【プレミア限定ver.】女性向けマンガ編集者の”男子会”
第1特集
書店員たちが匿名で語るマンガの実情

『ワンピース』がついに落ち目に!? 書店員が明かす”ヒット作”の実情と出版社との関係

―― マンガが流通する現場にいる書店員たちには、今年のマンガ界はどう映ったのだろうか? 本当は売れてない(!?)ヒット作から、出版社との丁々発止のやりとりまで、その内情を聞いた。

『ワンピース』がついに落ち目に!? 書店員が明かす”ヒット作”の実情と出版社との関係
第1特集
マンガ編集者が匿名で語るマンガ業界の未来

マンガ編集者が告白する業界の陰り 『ジョジョ』ブームの裏で博報堂が暗躍!?

―― マンガ雑誌、単行本共に売り上げが下がるなど、絶好調に思われたマンガ業界にも少し陰りが見えてきた2012年。マンガ編集者たちは、現在のマンガ業界をどのように見ているのか?

マンガ編集者が告白する業界の陰り 『ジョジョ』ブームの裏で博報堂が暗躍!?
第1特集
メディアタブーの最前線[地方紙]

地方紙が追及したタブー事件 県庁と同和団体との癒着に迫った”今こそ明かせる”闇融資問題の裏

―― 2001年に高知新聞で30回にわたって連載された「黒い陽炎 県闇融資究明の記録」をご存じだろうか? 地方紙ならではの粘り強い調査報道で同年、日本新聞協会賞を受賞。あれから約10年が過ぎた今、同事件とは...

地方紙が追及したタブー事件 県庁と同和団体との癒着に迫った”今こそ明かせる”闇融資問題の裏
第1特集
メディアタブーの最前線[雑誌]【2】

新右翼団体・一水会代表 木村三浩氏が語る 「暴排令を排せ!」の思想

―― 私は、暴排条例には大きく分けて3つの問題点があると指摘してきました。 第一に、世の中はいろいろな人々で構成されていて、誰と付き合おうと自由であるということ。警察に、「ヤクザとは付き合うな」と言われる筋...

新右翼団体・一水会代表 木村三浩氏が語る 「暴排令を排せ!」の思想
第1特集
メディアタブーの最前線[雑誌]【1】

ウェブサイトにご用心! 暴排条例によって実話誌は凋落……ヤクザが加担するネットメディアの恐喝

―― 暴力団排除条例の施行によって、雑誌業界ではヤクザ雑誌の終焉がまことしやかに囁かれている。ところが、ヤクザ雑誌が下火になると、今度はウェブでヤクザ情報が飛び交うようになるなど、不穏な動きもたくさんあるよ...

ウェブサイトにご用心! 暴排条例によって実話誌は凋落……ヤクザが加担するネットメディアの恐喝
第1特集
極道を貫いた侠たちは「歴史上の人物」だ!

急変するコンビニコミック"隠れヒット"仁侠マンガの裏

―― 主人公となった本人の写真を表紙に使っているのは、竹書房のシリーズのみ。これも人気...

急変するコンビニコミック
サイゾープレミアム

2020年8月号

「茜子」のグラビア新境地

「茜子」のグラビア新境地

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ