> 暴力団の検索結果

暴力団 の検索結果

ニュース
浦和レッズ人種差別横断幕問題だけでない応援団問題

新体制中日ドラゴンズ!ホームでもアウェイでも 応援団不在の黒い理由

―― 3月28日、プロ野球2014年シーズンが開幕。楽天イーグルス・田中将大のMLB挑戦などオフも話題の多かった球界だが、その陰で、中日ドラゴンズに大問題が生じていた。プロ野球の試合には、外野席で応援のリー...

新体制中日ドラゴンズ!ホームでもアウェイでも 応援団不在の黒い理由
第1特集
プロ野球の裏に暗闘あり【1】

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!

――  2013年のプロ野球は、「55本タブー」がついに破られた記念すべき年になった。一方で、”統一球”と呼ばれる新規格のボールに関して、NPB側が変更を明らかにしていなかったことが発覚し、それに伴い加藤良...

ついに”55本HRタブー”が破られた裏で政界を巻き込むセ・パ覇権闘争が勃発!
第1特集
最強組織"トップ交代"の裏

大物親分の暴露本『鎮魂』の余波か? 山口組7代目体制をめぐる不協和音

――  先日、山口組の中核をなす弘道会において、トップの交代が明らかになった。かつて、警察庁長官から「弘道会の弱体化なくして山口組の弱体化はなく、山口組の弱体化なくして暴力団の弱体化はない」とまで言われた同...

大物親分の暴露本『鎮魂』の余波か? 山口組7代目体制をめぐる不協和音
第1特集
現代日本人が欲する禁忌メディア

ニッポン人は「禁忌」が大好き!? メディアで絶賛増殖中! 最新版「タブー」の定義

―― ――書籍のタイトルや雑誌メディアにおける「タブー」という語の使用状況の推移、そして著名ジャーナリストが考える「タブー」等々をリサーチすることにより、現代日本人にとっての「タブー」をあぶり出す!

ニッポン人は「禁忌」が大好き!? メディアで絶賛増殖中! 最新版「タブー」の定義
第1特集
稀代の悪役俳優が語る「東映俳優とヤクザの深い関係」【2】

【芸能ジャーナリスト・二田一比古】が語る京都撮影所の【恐】ルール

――  私が東映・京都撮影所によく取材に出掛けたのは、映画『仁義なき戦い』シリーズが大ヒットしていた1970年代後半頃だった。太秦という場所は、撮影所に着く前から、独特の緊張感があった。いかつい男の軍団が所...

【芸能ジャーナリスト・二田一比古】が語る京都撮影所の【恐】ルール
第1特集
稀代の悪役俳優が語る「東映俳優とヤクザの深い関係」【1】

【志賀勝】菅原文太に松方弘樹…伝説の斬られ役が見た仁義なき”京都芸能”タブー

――  ヤクザ映画『仁義なき戦い』シリーズをきっかけにブレイクした、”斬られ役・殺られ役・悪役”専門の俳優集団「ピラニア軍団」。その代表的な俳優のひとりが、志賀勝氏だ。東映の大部屋俳優としてデビューし、『欽...

【志賀勝】菅原文太に松方弘樹…伝説の斬られ役が見た仁義なき”京都芸能”タブー
第1特集
「ハイブランドの裏側」ファッション座談会【2】

コワモテもオシャレ好き? 高級ブランドと裏社会との関わり

――  コンプライアンス意識の向上もあり、百貨店や高級ブランドなどはさまざまな面でクリーンな存在であるように思えるが、一部では裏社会とのつながりが指摘されているという。

コワモテもオシャレ好き? 高級ブランドと裏社会との関わり
ニュース
吉本のダーティーな部分が露見!?

「カウスは山口組と……」大崎洋社長も法廷へ! "吉本〈暴〉裁判"の行方

―― 今年4月に創立101周年を迎える”お笑い帝国”・吉本興業の行方を左右するといってもいい裁判が、東京地裁と大阪地裁で開かれた。いずれも、「週刊現代」を発行する講談社に対して、吉本や同社に所属する中田カウ...

「カウスは山口組と……」大崎洋社長も法廷へ! 
第1特集
【プレミア限定ver.】キケンな脱法ドラッグ市場【3】

【プレミア限定ver.】マジックマッシュルームも今は昔…超詳述!脱法ドラッグの歴史

―― 一昔前には合法ドラッグと呼ばれていた脱法ドラッグ。その歴史を追いたい!>70年代 抗精神薬(睡眠薬)のペンザリンが市販され、ダウン系ドラッグとして愛用された。これが合法ドラッグのルーツではないかという...

【プレミア限定ver.】マジックマッシュルームも今は昔…超詳述!脱法ドラッグの歴史
第1特集
キケンな脱法ドラッグ市場【2】

ハーブにバスソルト…"マイアミ・ゾンビ事件"を引き起こした脱法ドラッグの使い方

―― 脱法ハーブばかりが取り沙汰されているが、脱法ドラッグのカタチはそれだけではない。現在、人体への摂取を目的としない“合法ドラッグ”とうたって業者が販売しているのが、この3タイプである。

ハーブにバスソルト…
第1特集
キケンな脱法ドラッグ市場【1】

精神を破壊するクスリは規制不可能!? 脱法ドラッグの危険な市場原理

―― 2012年、使用者による事故や事件が頻発し、社会問題化した脱法ドラッグ。厚生労働省は薬事法の指定薬物と似ていれば一括で規制する「包括指定」の導入を決めたが、そもそもどんな人間が売り、そして買っているの...

精神を破壊するクスリは規制不可能!? 脱法ドラッグの危険な市場原理
第1特集
変貌する"ヤクザ抗争"最前線【2】

激化する抗争の原因は? 主要地区のヤクザ抗争事情と驚きの抗争事件簿

―― ──周知の通り、激しい抗争が繰り広げられる九州地区含め、ほかの都市ではどのような抗争が起こっているのか?[山一抗争に匹敵する長期化]■最新ヤクザ抗争 九州“死闘”編 今、ヤクザ社会で最も注目を集めるの...

激化する抗争の原因は? 主要地区のヤクザ抗争事情と驚きの抗争事件簿
第1特集
変貌する"ヤクザ抗争"最前線【1】

抗争は本当に激減したのか? 不戦屈敵から平和共存へ "ヤクザ抗争"変貌最前線

―― 暴力団関係者による抗争や発砲事件を目にする向きも多いだろう。だが実は、現在は最も暴力団による抗争が少ない時代だという。そんな抗争の最新事情を見てみよう。 2012年12月27日、福岡など5県の公安委員...

抗争は本当に激減したのか? 不戦屈敵から平和共存へ
第1特集
今、一番ヤクザに愛される車【2】

ポイントは乗り心地とアフターケア! ベンツにレクサス 最新ヤクザの人気車種一覧

―― ──ヤクザにとって車とは重要な商売道具。では、最近の流行はどのような傾向なのだろうか?国内外の高級車から話題のBOX型ミニバンまで、ヤクザの支持を得る車種とその理由を見てみよう。

ポイントは乗り心地とアフターケア! ベンツにレクサス 最新ヤクザの人気車種一覧
第1特集
今、一番ヤクザに愛される車【1】

省スペースのミニバン人気が上昇中!? 今、一番ヤクザに愛される自動車事情

―― ヤクザが乗る車といえば、ベンツやBMWといった高級車を思い浮かべる向きが多いだろう。だが、現在ではそうした流行にも変化が訪れており、レクサスやミニバンといった国産車に注目が集まっているという。

省スペースのミニバン人気が上昇中!? 今、一番ヤクザに愛される自動車事情
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【2】

イタリアサッカー界"腐敗"の象徴「カルチョ・スキャンダル」とはなんだ?

―― カルチョ・スキャンダルとは、06年5月に発覚したイタリアサッカー界史上最悪の八百長事件のことである。セリエAの名門サッカークラブであるユベントスの元GMであるルチアーノ・モッジらが主犯格とされ、自チー...

イタリアサッカー界
第1特集
イタリアサッカー界に巣食うマフィア【1】

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇

―― 裏社会、イタリア。その2つのキーワードでまず最初に思いつくのは当然、マフィア。裏社会を牛耳る彼らは華々しいサッカー界を操る大きな存在となっている。八百長や選手・審判への脅迫、そしてクラブそのものにまで...

インテル長友にも闇の手が近づいている!? マフィアとイタリアサッカー界のキケン過ぎる闇
第1特集
ネット犯罪で進化するシノギ事情【3】

海外にサーバーが置いてあっても違法!! 弁護士に聞くネット犯罪の法解釈

―― インターネット上の犯罪は、サービスの提供者と利用者が別の国というケースも多い。そのため、よく「国内法に引っかかるサイトでも、サーバーが海外であれば国内法では裁けない」といわれることがあります。

海外にサーバーが置いてあっても違法!! 弁護士に聞くネット犯罪の法解釈
第1特集
ネット犯罪で進化するシノギ事情【2】

半グレ集団も参入し――インターネットの時代別 主なネット犯罪の歴史とその手口

―― 1990年代後半より、日本でも広く普及したインターネット。現在では生活に欠かせないものとなっているネットだが、人が多く集まるところに裏社会の人間が参入してくるのも必然だ。黎明期より“裏社会のシノギの場...

半グレ集団も参入し――インターネットの時代別 主なネット犯罪の歴史とその手口
第1特集
ネット犯罪で進化するシノギ事情【1】

スパイウェアのアンドロイドアプリをばらまく犯罪グループも!? ネット犯罪で進化する裏社会のシノギ事情

―― いまや誰もが当たり前に利用するインターネット。しかし、そんなインターネットは、違法薬物売買や個人情報の奪取、詐欺サイトなど、裏社会の人間たちからシノギの場として活用されてきた裏面がある。

スパイウェアのアンドロイドアプリをばらまく犯罪グループも!? ネット犯罪で進化する裏社会のシノギ事情
第1特集
政治家たちが断ち切れないヤクザとの"不適切な関係"【3】

現役暴力団幹部が証言 狙い目シノギは金融と海外事業 ヤクザは自民党政権を大歓迎や!

―― 改正暴力団対策法や暴力団排除条例などで、シノギがしづらくなったというヤクザ。だが、時代の変化に合わせてその姿を変えていくのもヤクザである。ここでは、与党交代という新たな変革を受けて、ヤクザたちがどう変...

現役暴力団幹部が証言 狙い目シノギは金融と海外事業 ヤクザは自民党政権を大歓迎や!
第1特集
政治家たちが断ち切れないヤクザとの"不適切な関係"【2】

学校では教えてくれない!? 政治と裏社会のニュースを読み解くための"あいうえお"

―― 危なすぎて(?)世の中では報じられない政治と裏社会の関係。ここでは、親子で、そして家族で読んで、“未来のニッポン”のために、政治の裏側に興味を持ってもらうため、“タブーなし”の黒池上彰さんがその関係に...

学校では教えてくれない!? 政治と裏社会のニュースを読み解くための
第1特集
政治家たちが断ち切れないヤクザとの"不適切な関係"【1】

ヤクザにお願いして当選する政治家も!? 暴対法強化でも絶てない裏社会との関係

―― 政治家が反社会的勢力との交際を暴露されれば、一大スキャンダルとなり、閣僚が辞任に追いこまれたり、有力な議員が失脚する例は多い。一方で、これだけスキャンダルになるのだから、珍しいことなのか?

ヤクザにお願いして当選する政治家も!? 暴対法強化でも絶てない裏社会との関係
第1特集
暴排条例で拡大したマル暴刑事の"シノギ"ビジネス【2】

山口組担当と稲川会担当で足の引っ張り合い!? 部署間でも争うマル暴たち

―― 昨今のマル暴デカたちの素行が垣間見れる瞬間……それは、対ヤクザだけではなく、仲間内での”情けない”争い事の中にもあった──。ここでは、「シューマイ弁当」事件をご紹介。警察組織の中でも、際立って「アクの...

山口組担当と稲川会担当で足の引っ張り合い!? 部署間でも争うマル暴たち
第1特集
暴排条例で拡大したマル暴刑事の"シノギ"ビジネス【1】

「健全性調査」に「パチンコ利権」……マル暴刑事たちが目論む危険な"再就職"

―― 一般に、暴力団対策を担当するのは「組織犯罪対策部」をはじめとする専門部署、通称・マル暴。暴排条例施行後、ヤクザたちへの締め付けが厳しくなり、その動向が鳴りを潜める中、マル暴OB刑事たちの暴力団対策ビジ...

「健全性調査」に「パチンコ利権」……マル暴刑事たちが目論む危険な
第1特集
4年ぶりのシャバを『ヤクザと原発』の鈴木智彦が聞く

"闇社会の守護神"田中森一、仮出所――「許永中を裏切るわけにはいかなかった」

―― 許永中や山口組大幹部ら、日本の裏社会を牛耳る人々との交際が厚かった元弁護士・田中森一が、12年11月に仮出所を果たした。自伝『反転』でも記された通り、裏社会の人間たちと相通じてきた田中は、4年の間に様...

第1特集
データと共に見る裏社会の展望

暴力団にとっては“バラマキ政策”が最後の春? 暴力団の抗争激化の懸念 危険度が増す裏社会の未来

―― いわゆる“半グレ”組織である関東連合による六本木フラワー事件や同グループの石元太一逮捕に加え、山口組・渡辺芳則五代目組長の死去、改正暴力団対策法の施行など、2012年は裏社会にまつわるニュースがメディ...

暴力団にとっては“バラマキ政策”が最後の春? 暴力団の抗争激化の懸念 危険度が増す裏社会の未来
ニュース
日本最大の暴力団の今年はどうなる?

司忍六代目が自ら杵を握る山口組の餅つき大会に潜入撮!

―― 2012年12月28日、午前9時過ぎ。兵庫県神戸市内にある高級住宅街の広大な一角に、男たちの威勢の良い掛け声が響き渡った。 この日、六代目山口組総本部において毎年、年末の恒例行事である「餅つき大会」が...

司忍六代目が自ら杵を握る山口組の餅つき大会に潜入撮!
第1特集
ヤクザが見る! アウトロー系マンガのツッコミどころ【2】

「アイデア提供料を払え」!? 実録“ヤクザ”マンガの仁義なきクレーム処理

―― マスコミの世界では、もし取材相手の写真を間違えたり、もしくは取材相手の名前を間違えたりすれば、それは明らかな制作、あるいは編集側のミスであり、真摯な対応を取らなければならない。

「アイデア提供料を払え」!? 実録“ヤクザ”マンガの仁義なきクレーム処理
第1特集
ヤクザが見る! アウトロー系マンガのツッコミどころ【1】

『殺し屋1』は一番エグくてリアル!? 現役ヤクザがヤクザマンガを徹底批評

―― マンガで描かれるヤクザの姿は多種多様だ。時にヒールとして、時に正義の味方として物語に登場するが、そんなヤクザの姿を”現役ヤクザ”はどのように見ているのだろうか?

『殺し屋1』は一番エグくてリアル!? 現役ヤクザがヤクザマンガを徹底批評
第1特集
メディアタブーの最前線[地方紙]

地方紙が追及したタブー事件 県庁と同和団体との癒着に迫った”今こそ明かせる”闇融資問題の裏

―― 2001年に高知新聞で30回にわたって連載された「黒い陽炎 県闇融資究明の記録」をご存じだろうか? 地方紙ならではの粘り強い調査報道で同年、日本新聞協会賞を受賞。あれから約10年が過ぎた今、同事件とは...

地方紙が追及したタブー事件 県庁と同和団体との癒着に迫った”今こそ明かせる”闇融資問題の裏
第1特集
メディアタブーの最前線[雑誌]【2】

新右翼団体・一水会代表 木村三浩氏が語る 「暴排令を排せ!」の思想

―― 私は、暴排条例には大きく分けて3つの問題点があると指摘してきました。 第一に、世の中はいろいろな人々で構成されていて、誰と付き合おうと自由であるということ。警察に、「ヤクザとは付き合うな」と言われる筋...

新右翼団体・一水会代表 木村三浩氏が語る 「暴排令を排せ!」の思想
第1特集
メディアタブーの最前線[雑誌]【1】

ウェブサイトにご用心! 暴排条例によって実話誌は凋落……ヤクザが加担するネットメディアの恐喝

―― 暴力団排除条例の施行によって、雑誌業界ではヤクザ雑誌の終焉がまことしやかに囁かれている。ところが、ヤクザ雑誌が下火になると、今度はウェブでヤクザ情報が飛び交うようになるなど、不穏な動きもたくさんあるよ...

ウェブサイトにご用心! 暴排条例によって実話誌は凋落……ヤクザが加担するネットメディアの恐喝
ニュース
レコード大賞は2人の間で決められた?

実は蜜月関係ではなかった!? "演歌界のドン"長良じゅんと、アノ人との「本当の仲」

―― "演歌界のドン”といわれ、芸能界では一目も二目も置かれていた長良プロダクション会長の長良じゅん氏。ゴールデンウィーク中にハワイのゴルフ場で不慮の死を遂げ、5月末に行われた葬儀には、芸能関係者のそれとし...

実は蜜月関係ではなかった!? 
ニュース
報道の裏を読む芸能記者覆面座談会

紳助復帰はあの番組!? 次に狙われる塩谷瞬と加藤茶妻の怪しい過去

―― 「島田紳助久々登場」から「二股男騒動」まで、ここ1カ月に話題になった芸能ネタを、週刊誌記者(A)、スポーツ紙記者(B)、フリーライター(C)が振り返りつつ、その舞台裏を明かす座談会を開催。なぜ塩谷瞬は...

紳助復帰はあの番組!? 次に狙われる塩谷瞬と加藤茶妻の怪しい過去
第2特集
ヤクザが本当に愛する演歌【4】

司会には角川博が登場!? 神秘のベールに包まれたヤクザ宴会の実態

―― ──ヤクザが実際に演歌を歌うのは、主に宴会の席。儀式を重んじる任侠の世界において...

司会には角川博が登場!? 神秘のベールに包まれたヤクザ宴会の実態
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』