> 三浦俊彦の検索結果

三浦俊彦 の検索結果

第2特集
【鹿目凛】と東大教授の化学反応【1】

【東大教授 三浦俊彦(58)×アイドル 鹿目凛(20)】『ハルヒ』『時かけ』『君の名は。』――「ループする時間」とアニメ作品の悲哀

―― 本誌ではおなじみ、東京大学人文社会系研究科教授にして、美学・分析哲学が専門の三浦俊彦先生が、「エンドレスエイト」論を執筆中だという。2009年に放送され大反響を巻き起こした『涼宮ハルヒの憂鬱』第2期「...

【東大教授 三浦俊彦(58)×アイドル 鹿目凛(20)】『ハルヒ』『時かけ』『君の名は。』――「ループする時間」とアニメ作品の悲哀
第1特集
うんこの向こう側にあるジェンダー文化装置【1】

200万部超えの大ヒット漢字練習帳を、スカトロ愛好家の東大教授が徹底分析!『うんこ漢字ドリル』で考える悲しき“うんこ的”ミソジニー

―― 200万部超の大ヒットベストセラーとなっている、小学生向け漢字ドリル『うんこ漢字ドリル』。これを、本誌ではおなじみの東京大学文学部美学科教授にして稀代のスカトロジストの三浦俊彦大先生が、徹底分析! ...

200万部超えの大ヒット漢字練習帳を、スカトロ愛好家の東大教授が徹底分析!『うんこ漢字ドリル』で考える悲しき“うんこ的”ミソジニー
第1特集
うんこの向こう側にあるジェンダー文化装置【2】

美学から存在論まで!「うんこ哲学ドリル」例文8選

―― うんこだけではなく、哲学にも詳しい(というかこちらが本職)、本記事執筆者の三浦俊彦先生に、「うんこ」という語が入った哲学例文をご考案いただきました。見よ、この哲学的深みを!

美学から存在論まで!「うんこ哲学ドリル」例文8選
第1特集
哲学とウンコの交差点にて…

あのスカトロ哲学先生が、久しぶりに登場! 「自然」をキーにウンコを分類!「スカトロAV」愛の概念分析

―― サイゾーでは“スカトロ先生”としてお馴染みの哲学者・三浦俊彦先生が、久しぶりにカムバック!ますます冴え渡る哲学的直観力を武器に、「自然」という深遠なるキーワードで「スカトロAV」の概念分析を決行!

あのスカトロ哲学先生が、久しぶりに登場! 「自然」をキーにウンコを分類!「スカトロAV」愛の概念分析
ニュース
大学教授と専門AVメーカー社長と元AV嬢が考える

三浦俊彦×スカトロAVメーカー社長×峰なゆか──“ウンコもの”はAVのタブーなのか?

―― ──ウンコという罪深き存在を追いかけてはや30年。たける気持ちを抑えきれないひと...

三浦俊彦×スカトロAVメーカー社長×峰なゆか──“ウンコもの”はAVのタブーなのか?
第1特集
エログロ変態本の愉しみ方【2】

スカトロ哲学者・三浦俊彦がカキ倒す、いや書き倒す! 真の変態エログロ本のキーワードは"差異フェチ"?

―― ──サイゾーではおなじみのスカトロ哲学者・三浦俊彦が選ぶエログロ変態本とは? ...

スカトロ哲学者・三浦俊彦がカキ倒す、いや書き倒す! 真の変態エログロ本のキーワードは
第1特集
エログロ変態本の愉しみ方【1】

噂の巨乳アイドルと哲学者が太鼓判!「フランスの名作から"人種本"まで エログロ変態なタブー本を探せ!!」

―― ――その退廃的世界観も相まって、マニアも多い「エロ文学」の世界。それらの名作を、...

噂の巨乳アイドルと哲学者が太鼓判!「フランスの名作から
第1特集
世紀のペテンか傑作映画なのか?

芥川賞候補作家の大学教授が特別寄稿 大戦記録映画から心霊モノまでフェイクドキュメンタリーの"魔力"

―― ──第二次大戦を描いた記録映画から、世界の風俗を描いたモンド映画の傑作、そして乱...

芥川賞候補作家の大学教授が特別寄稿 大戦記録映画から心霊モノまでフェイクドキュメンタリーの
第1特集
スカトロとタブーと美との、臭くて深〜い関係とは?

哲学的美学的スカトロAV論「ウンコにとって美とは何か?」

―― ※注意※ この記事内には刺激的な文及び画像を含んでおります。お食事中の方などは読...

哲学的美学的スカトロAV論「ウンコにとって美とは何か?」
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』