> テレビ朝日の検索結果

テレビ朝日 の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

米倉涼子『リーガルV』には不安材料しかない!「主人公の名前が読めない……」

―― 「これが新しい挑戦なの?」と、ネット上では疑問の声が上がっている。  米倉涼子が10月期のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で主演を務めることが発表された。米倉主演で大ヒッ...

米倉涼子『リーガルV』には不安材料しかない!「主人公の名前が読めない……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

テレ朝『報ステ』の宮嶋泰子が「体操協会」と「パワハラ女帝」を擁護する理由とは

――  世間の感覚と、こうも違う理由はいったい?  体操女子の宮川紗江選手が日本体操協会からパワハラを受けたと告発した問題が、国民的関心事となってきている。

テレ朝『報ステ』の宮嶋泰子が「体操協会」と「パワハラ女帝」を擁護する理由とは
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

小川彩佳アナを「下手」呼ばわりした富川悠太の“アホバカ質問”歴「お前が言うな!」

―― 『報道ステーション』(テレビ朝日系)でメインキャスターを務める富川悠太アナのイメージがダダ下がりだ。  8月8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、同番組のサブキャスターを務める小川彩佳アナが9月末...

小川彩佳アナを「下手」呼ばわりした富川悠太の“アホバカ質問”歴「お前が言うな!」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

『報道ステーション』復帰の徳永有美が“会ったらヤバイ”2人とは?

――  自身の元夫、そして現夫の元カノのいる場所に乗り込んでいく心境やいかに?  8月8日、テレビ朝日の報道番組『報道ステーション』のキャスターに、同局の元女子アナの徳永有美が10月から起用されることがわ...

『報道ステーション』復帰の徳永有美が“会ったらヤバイ”2人とは?
ニュース
【premium限定ニュース】

田中圭フィーバーに続け! 吉田鋼太郎、アノ話題ラブストーリーへの出演で新たなファン層を大開拓か⁉

――  6月2日に最終回を迎えたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)。深夜ドラマでありながら、ツイッターのトレンド1位を獲得するなど大きな話題を呼んだものだったが、放送終了後もその熱はいまだ冷めやらぬよ...

田中圭フィーバーに続け! 吉田鋼太郎、アノ話題ラブストーリーへの出演で新たなファン層を大開拓か⁉
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

米倉涼子の新ドラマ、テレ朝の本音は「失敗してほしい」?

――  テレビ朝日の“ドル箱”ドラマといえば、米倉涼子主演の『ドクターX』シリーズ。昨年、第5期が放送され、高視聴率を叩き出したが、今年の放送はなし。10月期には、米倉主演の別のドラマが放送される予定だとい...

米倉涼子の新ドラマ、テレ朝の本音は「失敗してほしい」?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

水谷豊の“新相棒”は沢口靖子!? テレ朝の“コラボ商法”が急加速中!?

――  視聴率アップの策として、今後は「コラボ」が主流になりそうな予感だ。  4月19日スタートした波瑠主演のテレビ朝日の新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(木曜21時)が平均視聴率14.7%(ビデ...

水谷豊の“新相棒”は沢口靖子!? テレ朝の“コラボ商法”が急加速中!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

テレ朝ガックリ……木村拓哉ドラマ『BG』落第点で“チーム米倉”発動!?

――  もう視聴率20%は、夢のまた夢なのか……?  2月8日に放送された木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)第4話の平均視聴率が13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を...

テレ朝ガックリ……木村拓哉ドラマ『BG』落第点で“チーム米倉”発動!?
ニュース
【premium限定ニュース】

古舘伊知郎の呪縛から解放されたおかげ!? 嵐と熱愛のテレ朝・小川彩佳アナ、仕事も恋も絶好調のワケ

―― 嵐の桜井翔との交際が発覚したテレビ朝日の小川彩佳アナだが、局内からは、意外や祝福の声があがっている。「報道ステーション」ひと筋の硬派アナの初の熱愛騒動の裏には、あのキャスターの降板が大きく影響している...

古舘伊知郎の呪縛から解放されたおかげ!? 嵐と熱愛のテレ朝・小川彩佳アナ、仕事も恋も絶好調のワケ
第1特集
現役医師がエンタメを鋭く診断【2】

現役医師は見た!神妙な場面が台無し!誤ったトホホな描写

―― こちらの記事で触れた通り、実は医療ドラマには「医療従事者から見ればリアリティを欠く描写」が見られるという。それはドラマのどのような場面に現れているのだろうか? 現役医師の話を軸に、海外医療ドラマとの...

現役医師は見た!神妙な場面が台無し!誤ったトホホな描写
第1特集
現役医師がエンタメを鋭く診断【1】

医療不信が『ドクターX』大門未知子を生んだ!?医療ドラマのリアリティと弊害

―― ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の快進撃が止まらない。主演・米倉涼子が放つ「私、失敗しないので」という決め台詞が視聴者のカタルシスとなる一方で、医療界からは疑問の声もちらほら。本稿では『ドク...

医療不信が『ドクターX』大門未知子を生んだ!?医療ドラマのリアリティと弊害
ニュース
【premium限定ニュース】

SMAP解散騒動の影響で現場は大混乱!? それでも視聴率を叩き出すテレ朝『スペシャリスト』と草なぎ剛の舞台裏

―― 1月クールのドラマが軒並み低視聴率に苦しむ中、安定した数字を記録しているのがテレビ朝日『スペシャリスト』。SMAP解散騒動の渦中とあって、草なぎ剛の演技に注目が集まっていたが、その健闘ぶりに関係者はホ...

SMAP解散騒動の影響で現場は大混乱!? それでも視聴率を叩き出すテレ朝『スペシャリスト』と草なぎ剛の舞台裏
ニュース
【premium限定ニュース】

『ドクターX』新シリーズにビートたけし起用!? 米倉涼子がシリーズ続編に大はりきりの理由

―― 米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX』シリーズのスペシャル版がクランクインし、現在順調に撮影がすすんでいる。米倉は出演を決意した理由について「やっぱり私には大門未知子が必要なのかな」と語っているが、こ...

『ドクターX』新シリーズにビートたけし起用!? 米倉涼子がシリーズ続編に大はりきりの理由
第1特集
干されタレントの再生工場番組ヒットの法則【2】

ぶっちゃけ発言を生かすも殺すも番組次第…【ぶっちゃけ番組】をテレビ関係者がレビュー

―― ここでは、よく話題に上がるぶっちゃけ系番組を並べ、そこから人気番組たる所以を分析してみた。

ぶっちゃけ発言を生かすも殺すも番組次第…【ぶっちゃけ番組】をテレビ関係者がレビュー
第1特集
干されタレントの再生工場番組ヒットの法則【1】

タレントを生かすか殺すか… 芸能人を再生する『しくじり先生』類似番組続出でタレント争奪へ

―― 過去に成功を収めた芸能人が、その後の転落経験をもとに、学んだ教訓を熱く訴えるバラエティ『しくじり先生 俺みたいになるな!!』がヒットしている。一般とは隔絶したテレビ業界のルールを破り、干されてしまった...

タレントを生かすか殺すか… 芸能人を再生する『しくじり先生』類似番組続出でタレント争奪へ
ニュース
【premium限定ニュース】

テレビ朝日、秋の改編で赤江珠緒が「クビ」、長嶋一茂、石原良純が「残留」だった理由

――  テレビ朝日系の情報番組「モーニングバード」が秋の改編で終了し、9月28日に「羽鳥慎一モーニングショー」がスタート。それを受け、「モーニングバード!」などで12年にわたりテレ朝のワイドショーでキャスタ...

テレビ朝日、秋の改編で赤江珠緒が「クビ」、長嶋一茂、石原良純が「残留」だった理由
第1特集
【永久保存版】この布陣さえ覚えればアナタも今日からドラマ通

脚本家、プロデューサー、演出家…ドラマを3倍楽しむために! “製作のキーマン”人名辞典

―― ──ドラマ好きはよく、「今期のアノ作品は、脚本家が◎◎さんで演出が■■さんだから期待できる」という物言いをする。そこでココでは、本特集でも名前の挙がる、近年のテレビドラマ要注目の制作者20人を紹介。こ...

脚本家、プロデューサー、演出家…ドラマを3倍楽しむために! “製作のキーマン”人名辞典
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【2】

視聴率ジリ貧で有名枠もいいかげん頭打ち!? 月~日まで各局全ドラマ枠一覧!

―― ──ここでは各局の全ドラマ枠の傾向と今期の注目ドラマを見てみよう!

視聴率ジリ貧で有名枠もいいかげん頭打ち!? 月~日まで各局全ドラマ枠一覧!
第1特集
各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏【1】

『半沢直樹』大ヒットは枠を見れば当然!? 各局"枠"事情から見るドラマの舞台裏

――  2013年の夏、テレビドラマをめぐる状況はまさに劇的だった。終盤に向かうNHK朝ドラ『あまちゃん』の盛り上がりは凄まじく、TBS『半沢直樹』は9月1日放送回の視聴率が30%を超えた。改めて注目を浴び...

『半沢直樹』大ヒットは枠を見れば当然!? 各局
第1特集
カラオケ番組と化した歌番組没落とテレビ局の打算【2】

プロデューサーとの力関係ですべてが決定!?主要12音楽番組“利権とバーター”の実態

―― ──テレビ局は関連会社に音楽出版社を持つことが多く、レコード会社から音楽出版権収入の何割かを譲ってもらう代わりにアーティストを音楽番組に出演させて……という利権構造が存在することは半ば常識。そんな音楽...

プロデューサーとの力関係ですべてが決定!?主要12音楽番組“利権とバーター”の実態
第1特集
カラオケ番組と化した歌番組没落とテレビ局の打算【1】

かつての名番組はなぜ衰退したのか? 生かすも殺すも金次第歌番組が消えるワケ

―― ──かつてはゴールデンで放映され、安定した視聴率を獲得していた歌番組。だが、それも現在では深夜枠に追いやられている。この不毛なジャンルはどこに向かうのだろうか?

かつての名番組はなぜ衰退したのか? 生かすも殺すも金次第歌番組が消えるワケ
第1特集
「帰れま10」の"カネとヤラセ"徹底追及!

超人気グルメコーナー「帰れま10」の“カネとヤラセ”をめぐる疑惑を追う

―― 13年4月に発表された「年度視聴率」で、テレビ朝日はプライムタイムに加え、ゴールデンタイムも1位となり、二冠を達成。テレ朝の快進撃は止まらない。その大きな立役者となっているのがバラエティ番組『お試しか...

超人気グルメコーナー「帰れま10」の“カネとヤラセ”をめぐる疑惑を追う
第1特集
今、話題のグルメ番組制作舞台裏

SMAPの料理の腕前はプロ級?いま話題のグルメ番組制作舞台裏

―― 従来型の料理番組が下火になる中で、「帰れま10」や『お願い! ランキング』といった、新しい形態が台頭するグルメ番組。前ページではグルメタレントにスポットを当てたが、ここでは現場の制作スタッフにお集まり...

SMAPの料理の腕前はプロ級?いま話題のグルメ番組制作舞台裏
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

稼ぐだけ稼いだら再婚!? 夫婦そろってかなり計算高かったビッグダディ夫妻

―― 主人公であるビッグダディこと林下清志さんとその家族の成長を追いかけ、このところ毎回高視聴率を記録していた人気シリーズの最新作「痛快!ビッグダディ19」(テレビ朝日系)が21日に約4時間にわたって放送さ...

稼ぐだけ稼いだら再婚!? 夫婦そろってかなり計算高かったビッグダディ夫妻
第1特集
アイドル路線をひた走るジャニーズ頼みのロンドン五輪中継

櫻井翔と中居正広は既定路線? ジャニーズのポチと化したテレビ局が挑む五輪中継

―― バレーボールワールドカップの放映のみならず、いまや、スポーツの祭典に欠かせなくなったジャニーズの存在。今回のロンドン五輪でいえば、民放、NHK6局のうち、実に3局が公式キャスターとしてジャニーズのタレ...

櫻井翔と中居正広は既定路線? ジャニーズのポチと化したテレビ局が挑む五輪中継
第1特集
五輪テーマソングの裏事情【2】

制作局とプロデューサーの意向がすべて!? 五輪中継でわかるテレビ局の(秘)力関係

―― 2004年のアテネ夏季五輪、男子体操団体。日本の体操男子のエースであった冨田洋之が、鉄棒で着地を決めた瞬間の「伸身の新月面が描く放物線は、”栄光への架け橋”だ!」というNHKアナウンサー刈屋富士雄の名...

制作局とプロデューサーの意向がすべて!? 五輪中継でわかるテレビ局の(秘)力関係
第1特集
五輪テーマソングの裏事情【1】

芸能リポーター城下尊之がキャスター&アーティストから分析 五輪にまつわるテレビ各局の思惑

―― 熱戦の様子を伝える五輪番組では、テレビ局各局が独自のテーマソングなどを据え、他局との差別化を図っている。こうした”五輪キャスティング”のウラを追っていくと、レコード会社、芸能事務所、テレビ局の力関係な...

芸能リポーター城下尊之がキャスター&アーティストから分析 五輪にまつわるテレビ各局の思惑
第2特集
女子アナと報道番組【5】

食べ顔でわかる次世代女子アナの品格──テレビで不快感を与えない品格の女王は誰だ?

―― ここまで、現在の報道番組を船頭する女子アナたちについて見てきたが、いずれ、世代は交代する。そこで、各キー局の報道番組を担うであろう、次世代の女子アナたちが見せた”食べている時の顔(=食べ顔)”から、彼...

食べ顔でわかる次世代女子アナの品格──テレビで不快感を与えない品格の女王は誰だ?
第2特集
女子アナと報道番組【4】

小宮悦子の侵食で地方局アナピンチ!? 報道番組における本当の女子アナ需要

―― ここまで、各報道番組における女子アナの”テクニック”について分析してきたが、現役の女子アナたちから見たとき、彼女たちはどう映るのか? 3人の現役アナウンサーにお集まりいただき、言いたい放題の品評会を...

小宮悦子の侵食で地方局アナピンチ!? 報道番組における本当の女子アナ需要
第1特集
女子アナと報道番組【3】

東大生なら鈴江アナの『NEWS ZERO』!? ニュース番組”実力偏差値”ランキング

―― ニュース番組に信頼性が強く求められている昨今だからこそ、女子アナのルックスだけでなく、能力まで含めてきちんと評価したいもの。というわけで、ニュース番組における女性アナウンサーを、技術力を中心に採点。大...

東大生なら鈴江アナの『NEWS ZERO』!? ニュース番組”実力偏差値”ランキング
第2特集
女子アナと報道番組【2】

専門家たちが辛口チェック!サイゾー式女子アナ偏差値に見る人気報道番組の真価

―― 先の見えないテレビ不況の中、各局が報道番組における女子アナの起用をめぐって試行錯誤を続けていることは当特集【1】で述べた通りだが、その一方で、視聴者が報道番組や女子アナに向ける目も変わってきている。メ...

専門家たちが辛口チェック!サイゾー式女子アナ偏差値に見る人気報道番組の真価
第2特集
女子アナと報道番組【1】

もう”アイドル”女子アナではやっていけない!? 女子アナ力で見る人気報道番組の偏差値

―― これまで本誌では、公共電波を使ったビジネスを展開するテレビ局に対し、女子アナのアイドル化と軽薄化を売りにした番組制作に苦言を呈してきた。だが昨今の女子アナは、お堅いイメージの報道番組に出演し、社会問題...

もう”アイドル”女子アナではやっていけない!? 女子アナ力で見る人気報道番組の偏差値
第1特集
女子アナと報道番組【4】

原元美紀アナ直撃インタビュー「今求められるのはジャーナリスト的な女子アナ」

―― 報道番組制作の現場と女子アナ採用の現場、両方を知る現役アナに、今女子アナに求められている資質を聞いた。

原元美紀アナ直撃インタビュー「今求められるのはジャーナリスト的な女子アナ」
第1特集
年末年始特番の傾向と凋落

TBSのお正月特番に異常事態! "視聴率ドーピング"と化した年末年始特番がテレビを殺す?

―― ──年末年始になると、テレビでは一年の総決算とばかりに数多くの特番が放映される。...

TBSのお正月特番に異常事態! 
第1特集
次世代女子アナランキング【3】

在京5局&フリーの次世代女子アナを徹底検証──アヤパンの後釜はこのアナだ!!

―― 日本テレビ ぽっちゃりの安心感 【1】水卜麻美(24) 1987年、千葉県生まれ...

在京5局&フリーの次世代女子アナを徹底検証──アヤパンの後釜はこのアナだ!!
第1特集
次世代女子アナランキング【2】

"スイカップ"古瀬絵理が語る「女子アナブームって、正直、AKB48人気に食われちゃったかも?」

―― ──古瀬絵理が、まもなく産休に入るという。空前の女子アナブームに沸いていた03年...

第1特集
次世代女子アナランキング【1】

"ぶりっ子"田中みな実と加藤綾子が頂点に!? 新世代のテレビを制する女子アナ事情

―― ──高島彩なき今、局アナ業界を背負って立つ次世代アイドルは誰だ!? フジテレビ加...

第1特集
キー局が手を染めた知られざる禁じ手【2】

生存率ナンバー1はフジテレビ!! 財務から見る生き残るテレビ局、死ぬテレビ局

―― トップを独走する視聴率で、事業を操る 極端な制作費削減のしわ寄せは、外注先にきて...

生存率ナンバー1はフジテレビ!! 財務から見る生き残るテレビ局、死ぬテレビ局
第1特集
キー局が手を染めた知られざる禁じ手【1】

フジは通販、TBSは不動産? 海千山千で生き残るテレビ局の"危険すぎる副業事情"

―― 『テレビは生き残れるのか』(ディスカヴァー携書)。 ──年々減少する一方の広告費...

フジは通販、TBSは不動産? 海千山千で生き残るテレビ局の
第3特集
現役社員が語る"我が社のタブー"【8】

【プレミア限定】[マスコミ編2]作家離れにゲイ編集長、広告だらけのテレビ番組......様変わりするマスコミの嘆き

―― 「集英社」の公式HPより。 登場企業──[講談社]           [集英社...

【プレミア限定】[マスコミ編2]作家離れにゲイ編集長、広告だらけのテレビ番組......様変わりするマスコミの嘆き
第3特集
女子アナって、おバカさんなんですか?【2】

これも局の戦略か? サイゾー的民放"女子アナおバカ度"ランキング

―― 女子アナのモラルが低下する最大の理由は、テレビ局の戦略にほかならない。ここでは、...

これも局の戦略か? サイゾー的民放
ニュース
相次ぐ芸能人を巻き込んだ犯罪に当局が動く

小向美奈子と海老蔵事件と暴対法改正を結ぶ"点と線"

―― 「週刊ポスト」がスクープしたレッスン中の写真。  2月25日、フィリピンから帰国...

小向美奈子と海老蔵事件と暴対法改正を結ぶ
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

    • 【キンプリ】K-POP化の浅はかな皮算用
    • 【吉澤逮捕】で変わるモー娘。
    • 【瀬古】の横暴に振り回されるマラソン界

インタビュー

    • 【坂ノ上茜】特撮もチアもこなすブラン娘
    • 【レイザーラモンRG】あるある芸人の技と内情
    • 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』