> アミューズの検索結果

アミューズ の検索結果

第1特集
増加する芸能プロ系の映画監督

所属俳優のバーター出演は意外と少なめ?――芸能プロ所属の監督が急増中! “カネか理想か”双方の胸算用

―― かつては独立独歩で無頼のイメージが強かった映画監督だが、実は近年、大手芸能事務所に所属する人が増えている。事務所へ所属すると、作品作りの自由度は減りそうなものだが、監督側にはどのようなメリットがあるの...

所属俳優のバーター出演は意外と少なめ?――芸能プロ所属の監督が急増中! “カネか理想か”双方の胸算用
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

小出恵介、進んでいた“復帰計画”7月期ドラマ内定も、元TOKIO・山口達也のせいで吹き飛んでいた!?

――  アイツがやらかさなければ……そんな恨み節が聞こえてきそうだ。  6月4日、芸能事務所「アミューズ」が所属俳優の小出恵介との契約が終了したことを発表した。

小出恵介、進んでいた“復帰計画”7月期ドラマ内定も、元TOKIO・山口達也のせいで吹き飛んでいた!?
第1特集
芸能界屈指の金脈男の素顔【1】

『逃げ恥』『恋ダンス』成功は必然的に作られた! 芸能界の新金脈・星野源は誰が潰す!?

―― ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で一気にブレイクした俳優・星野源。いや、そもそも彼は高い音楽性を買われていた“アーティスト”星野源。あるいは、その類い稀な文才で小説家すらうならせる“文筆家...

『逃げ恥』『恋ダンス』成功は必然的に作られた! 芸能界の新金脈・星野源は誰が潰す!?
第1特集
芸能界屈指の金脈男の素顔【2】

必然だった【星野源】ブレイク前後の活動おさらい&編集部員が源ちゃんに大変身!

―― 星野源の活動を支える3本柱の主要作品&関連人物をまとめ読み!

必然だった【星野源】ブレイク前後の活動おさらい&編集部員が源ちゃんに大変身!
ニュース
フジテレビの凋落は誰のせいなのか?

フジ月9に【西内まりや】直前キャスティングは亀山社長の“失政”!?

―― 2013年6月に、フジテレビの第9代代表取締役社長に就任した亀山千広氏。『踊る大捜査線』をヒットに導いたことなどの手腕を買われての就任だったが、氏の就任以降も、視聴率や広告収入という面では苦境続きの同...

フジ月9に【西内まりや】直前キャスティングは亀山社長の“失政”!?
ニュース
ついにバーニング周防社長も動き出す!?

分裂に揺れたJYJ“勝訴”再出発も芸能界重鎮たちが沈黙の理由

――  韓国の人気ユニット「JYJ」が4月2日からの3日間、東京ドーム公演を開催した。チケットは即日完売で15万人を動員。ライブビューイングを含めれば21万人のファンがコンサートを観賞したという。 JYJは...

分裂に揺れたJYJ“勝訴”再出発も芸能界重鎮たちが沈黙の理由
第1特集
魑魅魍魎うごめく芸能プロの真価

バーニングは防弾チョッキ必須!? 芸能マネージャーが選ぶ”本当に働きたい”芸能プロ

―― 大手から中堅まで、男女5人の芸能マネージャーが集結。給与、勤務時間、仕事量、抱えているタレントの質、芸能界における力の発揮しやすさ、さまざまな観点から「オレらが本当に働きたい芸能プロ」「本当に働きたく...

バーニングは防弾チョッキ必須!? 芸能マネージャーが選ぶ”本当に働きたい”芸能プロ
第1特集
芸能プロの"ザル"財務事情【2】

やっぱりエイベックスはケタ違いの経済力!? 上場芸能プロの財務通信簿

―― ──現在、廃止を決定したホリプロ含め3社の芸能プロが上場しているが、その財務状況...

やっぱりエイベックスはケタ違いの経済力!? 上場芸能プロの財務通信簿
第1特集
芸能プロの"ザル"財務事情【1】

投資家から見たら理解不可能? ホリプロ上場廃止で見えた語られざる芸能界"経済"裏面史

―― ──テレビ・広告業界の不況の波が、芸能プロダクションにも押し寄せている。2010...

投資家から見たら理解不可能? ホリプロ上場廃止で見えた語られざる芸能界
第2特集
現役社員が語る"我が社のタブー"【3】

[エンタメ業界編]高飛車なタレントにクリエイター、さらに大手プロのマネージャーにブチギレ!

―― 「松竹」の公式HPより。 登場企業──[松竹]           [エイベック...

[エンタメ業界編]高飛車なタレントにクリエイター、さらに大手プロのマネージャーにブチギレ!
第2特集
"反原発"芸術は、原発を変えたのか?【6】

30万ダウンロードで寄付は4800万円......でも、反原発作品は儲からない? 反原発運動とお金のカンケイ

―― 写真左/斉藤和義の「ずっと好きだった」。オリジナル曲のオリコン週間最高順位は8位...

30万ダウンロードで寄付は4800万円......でも、反原発作品は儲からない? 反原発運動とお金のカンケイ
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』