> アスペルガー症候群の検索結果

アスペルガー症候群 の検索結果

第2特集
"アスペ・バブル"の危ない真相【4】

『SHERLOCK』『クリミナル・マインド』…人気作品にも登場「変人だが天才」イメージは正しいのか?フィクションの中の“アスペルガー”

―― 本特集では、現実社会における“アスペルガー・ブーム”の功罪を読み解いてきた。そうした状況下で、現実を反映してつくられるフィクションの世界でも、この“ブーム”は起きているようだ。アスペルガーらしき人物が...

『SHERLOCK』『クリミナル・マインド』…人気作品にも登場「変人だが天才」イメージは正しいのか?フィクションの中の“アスペルガー”
第2特集
"アスペ・バブル"の危ない真相【3】

産業医がみた! 受けた! 発達障害疑惑のある社員の扱い方――アスペ診断ないほうがリストラしやすい?コミュ障社員に対する企業の本音と対策

―― 一般社会でコミュニケーションに齟齬があると、職場の人間関係がうまくいかず、「アスペ」呼ばわりされてしまうようなケースも少なくない。こうした状況に企業や社会はどう対応しているのだろうか? その本音を探っ...

産業医がみた! 受けた! 発達障害疑惑のある社員の扱い方――アスペ診断ないほうがリストラしやすい?コミュ障社員に対する企業の本音と対策
第2特集
"アスペ・バブル"の危ない真相【2】

【発達障害治療に有効だとされる薬リスト】その効果と副作用とは?発達障害の治療に使われる薬物

―― 現在、ADHDなど発達障害の治療では薬物療法が行われることも。ただ、当然、そこで使われる薬には、長所もあれば短所もある。

【発達障害治療に有効だとされる薬リスト】その効果と副作用とは?発達障害の治療に使われる薬物
第2特集
"アスペ・バブル"の危ない真相【1】

高畑裕太にレッテルを貼ったのは誰だ!発達障害が増加した?“アスペ・バブル”の真相

―― 近年、発達障害が増えているともいわれる。それと関係しているのか、いつしか“アスペ”というワードが世間に浸透し、アスペルガー症候群のみならず、ADHDなど発達障害全般を一緒くたにした隠語としてネット上に...

高畑裕太にレッテルを貼ったのは誰だ!発達障害が増加した?“アスペ・バブル”の真相
第1特集
奇人変人なIT長者をマネしてアナタも一攫千金!?【3】

アスペルガー、ADHD……その症状は多種多彩──ITの偉人たちを精神医学的に考察!

―― ここでは、IT長者たちの「奇行エピソード」を題材に、成功者に求められる資質を精神医学的に探っていこう。「コミュ障」と「ビジネス」の関連性に造詣が深い精神科医の姜昌勲先生にお話をうかがった。

アスペルガー、ADHD……その症状は多種多彩──ITの偉人たちを精神医学的に考察!
第1特集
奇人変人なIT長者をマネしてアナタも一攫千金!?【2】

会議中には剣を振り回せ!? ジョブズ、孫正義たちにならう──「コミュ障」なITの天才たち

―― 奇人・変人の多いIT業界。その中でもダントツにおかしな行動をしている4人の逸話を集め、彼らの思考様式、行動パターンを読み取っていこう。そして、それらをマネすれば、我々一般人もIT長者になれるかも!?

会議中には剣を振り回せ!? ジョブズ、孫正義たちにならう──「コミュ障」なITの天才たち
第1特集
奇人変人なIT長者をマネしてアナタも一攫千金!?【1】

才能はマネして盗め! ITで成功したければ、奇人変人の「行動」を模範とすべし!?

―― IT賢人たちの奇特なエピソードを学ぶことで、一歩でも彼らに近づきたいと思うアナタ!ぜひ周囲に嫌がられない範囲でマネしてください。

才能はマネして盗め! ITで成功したければ、奇人変人の「行動」を模範とすべし!?
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』