>   >   > 後藤真希「甥とお風呂は普通」再言及で“ママタレ需要”完全消滅!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

後藤真希「甥とお風呂は普通」再言及で“ママタレ需要”完全消滅!

+お気に入りに追加
1810_goto.jpg『今の私は』(小学館)

 わざわざ蒸し返さなくても……。

 10月7日、元モーニング娘の後藤真希が初の語り下ろしエッセイ『今の私は』(小学館)の発売記念イベントを開催した。

 後藤といえば、9月26日に出演した『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)の中で、12歳年下の甥で俳優の勧修寺保都と、彼が17歳になるまで一緒にお風呂に入っていたと告白したことが波紋を広げている。

「幼少期から親子同然の距離感でかわいがってきたフランクな関係だといい、キスやハグのスキンシップも当たり前。『今でも(風呂に)入れますね!』と、あっけらかんと語ったことで、ネット上ではドン引きコメントが連打されました」(芸能ライター)

 イベントで、そのことについてツッコまれた後藤は「あれ、結構誤解があると思うんですけど!」と爆笑。「お風呂でチューしていたとかではなくて、普通に会ったら、“ああ久しぶり! チュッ!”みたいな」「例えば、お姉ちゃんのダンナさんとか、そういう間柄の関係性では、(一緒にお風呂に)入らないですし、見せないですよ。だけど、姉の子どもって本当にミルクを飲んでいるときからずっと一緒にいるので、もう平気と言いますか。お互いに意識はしていないですね」と、甥との関係性を紹介。「たぶん、この発言が“普通”ではないのでしょうね。だけど、わりと後藤家では“普通”かな」と続けた。

 これには、再びネット上がざわつく事態に。「普通ではなく異常です」「キモイおばさん」「オエー」「そういう芸風で売っていくのね。了解。気持ち悪いわ」と改めてネガティブな印象を持たれてしまった形だ。

「現在、子育て中の後藤は『ママタレを求められれば頑張りたい』と意欲を見せていましたが、一連の『お風呂発言』でイメージダウンは免れない。地元愛が強く、番組で紹介したスーパーのメンマが売り切れるなど影響力は健在で、“庶民派ママ”としてのポジションが期待されていただけに、残念ですね」(女性誌記者)

 ファンにとって、「今のゴマキ」は受け入れ難くなってしまったようだ。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』