サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > フジテレビ大困惑! 『東京ラブストーリー』再放送に寄せられた“2つの苦情”とは?
1810_tokyolovestory.jpg『東京ラブストーリーAfter25years (ビッグコミックススペシャル)』(小学館)

 10月8日からスタートするドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)で織田裕二と鈴木保奈美が27年ぶりに共演することを受け、伝説のドラマ『東京ラブストーリー』(同)が9月14~28日に再放送された。

 リアルタイムの視聴率は2%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に留まったものの、5月に再放送された嵐・櫻井翔の『謎解きはディナーのあとで』(同)、8月の山下智久の『コード・ブルー』(同)と比べ、録画再生視聴は約1.5倍だったという。

「タイトルは聞いたことがあるものの、実際に作品を観たことがなかった若い世代が食いつたようです。ネット上でも『昔のフジテレビは面白かったんだ』という声が聞かれ、ドラマを手掛けた大多亮常務も『SUITS』にプラスになることを期待していました」(スポーツ紙記者)

 しかし、この再放送に眉を潜めている人たちがいるという。テレビ関係者が明かす。

「当の織田本人は、『あの時の自分は未熟だった』と語り、その姿を晒すことを嫌がっていたといいます。また、今作はHey!Say!JUMP・中島裕翔とのバディものなのですが、鈴木ばかりがクローズアップされたことで、ドラマの内容がお茶の間に伝わっていないことを懸念しているとか」

 そして、もう一つの苦言の矛先が女子中高生の学校関係者だという。

「鈴木演じるリカの有名なセリフ『カンチ、セックスしよ』を女子中高生たちが真似る現象が起きているようです。これが『卑猥』だと、PTA関係者がフジに苦情を寄せていたという話も聞きます」(芸能記者)

 果たして、番宣効果がどれほどあったのか、『SUITS/スーツ』の視聴率が楽しみだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』