サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > ウエンツ瑛士の『スッキリ』“後釜”に関根麻里?

1810_sekine.jpg

 ロンドン留学するために、9月末から芸能活動を休止するウエンツ瑛士が、9月25日、コメンテーターを務めている情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)を卒業した。

 共演者からは応援の言葉が贈られ、水ト麻美アナは号泣。担当する「WEニュース」コーナーでは“ウエンツ特集”が始まるなど、共演者、スタッフから愛されている様子が伝わってきた。

 しかし、ウエンツの“後釜タレント”については、どうも歓迎ムードになっていないのだという。テレビ関係者が声を潜める。

「関根麻里が番組に加わり、ウンエツと同じく海外セレブ情報のコーナーを担当するようです。もともと、ウエンツの前に2011年まで『スッキリ!!』で『週刊マリウッド』を担当していたのが彼女。出戻りとなるので、番組的には新鮮味はまったくない。その彼女は浅井企画に所属していますが、ここには『24時間テレビ』のトライアスロンで一世を風靡した視聴率男のみやぞんがおり、日テレが今もっとも気を使わないといけない事務所なんです。浅井企画への“忖度”で上層部が決定した案件だと聞いています」

 しかし、現場のスタッフは彼女の起用に苦虫をかみ潰したような顔をしているという。いったいなぜか。

「関根は14年に韓国人歌手Kと結婚した際、出演していた『ZIP!』に報告をしていなかった。スポーツ紙の報道で知った番組幹部は寝耳に水だったばかりか、記事には『9月いっぱいで番組卒業』とあり、勝手に決められていたことに大激怒。系列局に『関根の結婚は扱うな』との指示まで出していたといい、このときの遺恨はまだ完全には晴れていません。番組が違っても同じ情報番組のセクションですから、スタッフの風当たりが強くなる可能性もありそうです」(同)

 ウエンツがさわやかだっただけに、もし画面から関根のギクシャクした空気が伝われば、視聴者離れにつながるかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』