サイゾーpremium  > インタビュー  > 【渋江譲二】元仮面ライダーがAVソムリエへ
インタビュー
イケメン俳優、AVを語る!?

【渋江譲二】映画やドラマに引っ張りだこの仮面ライダー出身のイケメン俳優が、AVソムリエに転身!?

+お気に入りに追加

――誰もが認めるイケメンの原動力は“下ネタ”だった――。好きなAV女優についてツイートしたことから、今やAV界からも熱視線を送られるまでに至った俳優の素顔に迫る!

1810_MG_7681_520.jpg
(写真/宮下祐介)

――渋江さんはデビュー当初から、テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』(TBS系/03~04年)のタキシード仮面役や、『仮面ライダー響鬼』(テレビ朝日系/05年)の仮面ライダー威吹鬼役など、イケメン俳優の通る王道をたどってこられました。それがなぜ、“AVソムリエ”を名乗ることになったのでしょうか?

「デビューして15年経つんですが、役者だけやっていても、売れていくのって難しいな、と思ったんです。一方で芸能界って、本業以外の趣味や特技が仕事になる世界じゃないですか。じゃあ、何ができるのか考えたときに……僕には特に何もなかった。でも、強いて言えばAVは昔からずっと観てるな、と。それが何かにならないかと思って、意識的にツイッターで好きなAV女優さんの話をするようにしたんです。そうしたらAVのメーカーさんから『ありがとうございます!』ってリプライをもらいまして。そこですかさずDMを送り、『僕、こういう者なんですが、何かやれることないですか?』と連絡したら、『一度、お会いましょう』という話になったんです」

――ご自分で営業されたわけですね。事務所に反対されなかったんですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論