>   >   > 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

――グラビアアイドルたちが盛りだくさんのお色気番組が、AbemaTVなどネット配信を中心に復活している。その内容はテレビが元気だった頃を彷彿とさせるような、今の地上波では到底見ることのできない過激な番組ばかりだが、出演者のグラドルにとってみればかなりオイシイらしい?

1810_abema_p62_300.jpg
新しい地図が浮くぐらい、過激なオリジナルバラエティが並ぶAbemaTV。

 かつて、テレビが元気だった頃。深夜になると、今放送すれば放送コードに引っかかるのは間違いない企画だらけのお色気番組が放送されていた。そして、当時の男性視聴者たちはそれらの番組を待ち望み、『ギルガメッシュないと』(テレビ東京系)にレギュラー出演していた飯島愛や細川ふみえら、多くのスターも誕生した。

 その後、こうした番組が時代の変化と共に徐々に少なくなっていったのは周知の事実。その理由は諸説あるが、90年代に各局が株式上場したことで、あまり話題にならない立場にいた放送というものが、公の批判にさらされるものになったことや、ネットの普及で視聴者のクレームが通りやすくなってしまったことなどが挙げられるだろう。

 だが、そんなお色気番組が昨今、AbemaTVを中心としたネット配信で復活している。しかも、それらは懐かしいニオイを色濃く残した内容だ。

 AbemaTVのバラエティチャンネル「AbemaSPECIAL」のオリジナルコンテンツを見回すと、『DTテレビ』『恵比寿マスカッツ 1・5 真夜中のワイドショー』『チャンスの時間』など、グラビアアイドルと下ネタで構成された番組が多く並び、例えば『DTテレビ』では、芸人がグラドルたちのバストサイズなどを直で測ったり、童貞の出演者が夢見る理想のパンチラシチュエーションをグラドルに演じてもらっている……。まさに、「テレビが元気だった頃」を彷彿させるようなお色気番組だ。とはいえ、その過激さに芸能プロのマネージャーは頭を悩ませているという。

「AbemaTVは恋愛リアリティ番組を若い人たちが視聴していることもあって視聴率は高い印象を受けますし、また、事務所としては生放送のお色気番組に出演することで芸人と絡めるのは、トーク力を高めるいい機会にもなります。とはいえ、内容的に『要相談』の番組も多い。事前に一応確認用の台本が届くのですが、『聞いてないですよ』とか『これマズくないですか?』となることは、よくあります。『騎乗位っぽいことをしてもいいですか?』と、聞かれたこともありましたね。でも、一番驚いたのは『ブラジリアンワックスで毛を抜かせてほしい』って言われたときですかね。そんなこと許可するグラドルなんているのかと思いました(笑)。さすがに、そのへんの企画は過激すぎて、番組を降板する子もいましたし、上の方からエロを弱めるようにお触れが出たらしいですね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』