>   > おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ研究所」
連載
おたけ×植野行雄×アントニーの「アダルトグッズ研究所」

【おたけ博士×植野行雄×アントニー】イボとヒダによる未知の刺激を楽しめる! 伸ばしてこする新感覚のオナホール

+お気に入りに追加

――おたけ博士・植野行雄・アントニーが、過激な実験でアダルトグッズを科学する!

1809_0720s_30266t_fix_520.jpg
(写真/斎藤大嗣)

アダルトグッズ研究所では、おたけ所長と助手の植野くん、アントニーくんが未知の生物を調査中。常識を覆すような動きを目の当たりにして、3人の探究心はますます深まっていき……。今月は、既存のオナニー観を破壊する革新的なグッズを紹介する!

――今回は新感覚のオナホール「MEGASLIDE(以下、メガスライド)」を研究しましょう。

アントニー 表面のイボイボが強烈というか、凶悪というか。

植野 これ、オナホールにしては中身がブカブカじゃないですか?

おたけ イイところに気がついたね。この「メガスライド」は普通のオナホールとちょっと使い方が違っていて、「伸ばしてこする」がポイントになる。

植野 こするのはわかるけど……。

アントニー 伸ばすって何ですか?

――まず、イボイボ部分を内側にしてローションを垂らし、チンコの根元にかぶせます。その後、先端を握ってギューッと伸ばしては縮み、伸ばしては縮みを繰り返すと、チンコは吸引されながら内部のイボやヒダにこすりつけられるという仕組みになります。

アントニー こんな動きをするオナホールは、見たことがないですよ。

植野 どんな感覚なのか想像つかへん。

おたけ まさにオンリーワンのアクションと快感が「メガスライド」のキモ。内部がイボとヒダでみっちり埋め尽くされているから、ギューッと伸ばしたときにチンコ全体をまんべんなく刺激できる。根元を押さえて密閉すれば、吸い付くような感覚まで楽しめるぞ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』