>   >   > 関ジャニ∞・錦戸亮が“子持ち人妻”に抵抗なかったのは『パパドル!』の影響だった?
1808_nidhikido.jpg

 ジャニーズファンに激震が走った。

 8月3日発売の「フライデー」(講談社)が、関ジャニ∞・錦戸亮と子どものいる関西人妻との不倫関係をスクープ。記事によると、2人が出会ったのは6年前のクラブで、錦戸のほうから声をかけてきたとのこと。そして女性をタクシーに乗せ、彼はキスを迫るなど“やりたいオーラ”を出していたという。

 この日は逃げられて“未遂”に終わったようだが、4年後に偶然再会すると、錦戸は肉体関係を持ち、以来、月1ペースで密会していたという。

「ジャニーズファンの反応は『不倫が許せない』ではなく、なぜモテ男の錦戸がわざわざ妻子のいる人妻と逢瀬を重ねていたのかという点。掲載された写真を見ても決してモデルのような体型ではなく、いかにも一般人という雰囲気だったため、『それなら私でもいいじゃない』と嫉妬している人も多く、記事では“友人”が暴露したことになっていますが、ベッド写真は当人しか持ちえないため、本人が持ち込んだ可能性もある。記事になればこの関係が終わるのは確実ですから、『せっかくこんなイケメンアイドルをゲットしたのに、それを手放すとかもったいなさすぎ』と呆れる声も飛び交っています」(芸能ライター)

 また、2人が出会った時期が、当時、交際報道のあった新垣結衣とかぶっていそうなことから、錦戸の“ゲス”ぶりが強調されており、イメージの急落は避けられない。

「錦戸は相手に妻子がいることを知っても『全然関心を示さなかった』といいます。そんな彼は12年にドラマ『パパドル!』(TBS系)に主演。同作は実在の芸能人である錦戸が一般人の3人の子を持つシングルマザーと極秘婚をし、その裏で起こる騒動を描いた内容でしたから、その経験が人妻や子持ちとの関係にも抵抗を感じなかったのでは、とうがった見方をする業界関係者もいます。いずれせよ、今後は人妻との共演がしにくい状況に追い込まれてしまったことは間違いない」(テレビ関係者)

 この人妻は「本気で好きになってしまった」と語っているというが、錦戸はどう責任を取るのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』