>   > 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
インタビュー
ユニークな感性を持つ女子大生シンガー・ソングライター見参!

【ましのみ】巷を騒がす現役女子大生シンガー・ソングライターを形成する“種”を探る旅

+お気に入りに追加

――一筋縄でいかない感性を持つ女性アーティストが、アッパー極まりない夏ソング「どうせ夏ならバテてみない?」をリリースするということで、いざ直撃!

1808_L1002929_CMYK_520.jpg
(写真/西田周平)

 ステージドリンクとして2リットルのペットボトルを飲むことからタイトルが付けられたメジャー・デビュー・アルバム『ぺっとぼとリテラシー』を、今年2月にリリース。そこに詰まった愛くるしいメロディと、ポップなんだけどピリッとした本音をまぶした歌詞が注目を浴びている現役女子大生シンガー・ソングライター〈ましのみ〉。ステージではキーボードを弾きながら“ましらっぷ”なる自己紹介ラップを繰り出すなど、エキセントリックなところもウケている、そんなましのみを形成する“種”を探ってみた。

「ナンセンスに逆戻り」「プチョヘンザしちゃだめ」「エゴサーチで幸あれエブリデイ」。これはすべて曲のタイトル。こういうユニークな言語感覚を生み出す種は、大学の授業や日常会話に転がっているようだ。

「講義で教授が使う丁寧語や専門用語が面白いんですよね。教授が“リスクマネジメント”ってめっちゃ言うから、『リスクマネジメント失敗』って曲を作ったり。同世代に響くリアルな言葉を使いたいから、周りの人が使ってる言葉で『気持ちいいな』とか『なんか引っかかる』っていう言葉は普段からメモしてます。けど、“ヤバ谷園”とか“ムリ茶漬け”とか、そういう流行り言葉は使わないかな。あと、最近よく聞く“バイラル”っていうカタカナ語もイマイチ意味がわかってません(笑)」

 ちなみに、彼女のクローゼットで勝手に増えちゃっているのは3足1000円の靴下。1日3食、口にしても飽きないほど好きな食べ物は卵。食べることが大好きで、最後の晩餐には肉も魚も卵料理もスイーツも目いっぱい並べたいという。唯一苦手な食べ物は、パクチー。理由は「わざわざいてほしくないというか、すべての味に干渉してくるから」。では、この世から消えてなくなれと思うものは何か?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美

NEWS SOURCE