>   > 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
インタビュー
女優も監督もこなす、“インディーズ映画の若き女王”

【小川紗良】22歳の女優は、是枝監督の背中を追うワセジョ映画監督

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――あるときは、新進気鋭の女優。またあるときは、映画監督。その正体は、現役女子大生マルチプレーヤーだった!

1808_DSC_7794_hosei_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「インディーズ映画の若き女王」

 どこから呼び始められた称号に、22歳の女優は「自覚はないですね……」と、はにかむ。小川紗良が主演を務めた甲斐博和監督『INNOCENT15』はイギリスやドイツの映画祭でも上映、岩切一空監督による『聖なるもの』は韓国の映画祭で公開されるなど、今やその演技は日本を飛び出した。

 さらに、彼女自身がメガホンを取り、映画の監督もこなす。

「母の影響で『ガラスの仮面』を読みながら女優に憧れ、高校から活動を始めました。また、同じ頃に、文化祭や体育祭などの学校行事のドキュメンタリーを撮影して映像の面白さに目覚め、大学では映画サークルに所属して、映画づくりをしています」

 これまでの監督作品は「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」「沖縄国際映画祭」などでも上映されており、うるさ型からの評価も高い。実は、現役早大生の彼女は、カンヌのパルムドールを射止めたあの監督から、映画づくりの手ほどきを受けているのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考