>   >   > 木村佳乃、「スカート履き忘れ」告白より“はしゃぎすぎた”黒歴史とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

木村佳乃、「スカート履き忘れ」告白より“はしゃぎすぎた”黒歴史とは?

+お気に入りに追加
1807_kimura.jpg『木村佳乃メモリアルブック「YX(Yoshino's 10years)」』(ワニブックス)

 ここまでくると、さすがにウザかった?

 女優の木村佳乃が6月28日放送の『PON!』(日本テレビ系)に出演したが、あまりの“ネタっぽさ”に視聴者は引いてしまったようだ。

「ブルゾンちえみから『思わずグッとくる異性のしぐさ』について聞かれた木村は、『やっぱり男の人は下半身……』と切り出し、下ネタに誤解された空気を察して一人大爆笑。実際は“脚”の話で、『太いほうが好き』と言って、ブリリアン・コージの太ももを触りまくっていました。さらに、出かける際にはスカートは最後に履くという木村は、スカートを履き忘れて外出。仕事現場でコートを脱いだときに、下はタイツだけだったことがあったエピソードをどや顔で語っていました」(テレビ誌ライター)

 最近は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演し、バンジージャンプや熱湯風呂などの体当たりロケで注目を浴びている木村だが、今回は空回りだった模様。女性が集まるネット掲示板では「こんな綾瀬はるかみたいなボケはいらない」「昔から笑いのセンス無いのに、ウケを狙って調子に乗り過ぎだと思う」「女優なのにバラエティで爪痕残せって言われているの?」「ちょっとはしゃぎすたね」などと、不評を買ったようだ。

 そんな木村には、過去にも、はしゃぎすぎてしまった芸歴がある。

「彼女はデビュー3年目の1998年に日本アカデミー賞新人賞を獲ってブレイク。松たか子路線を狙って、『イルカの夏』で歌手デビューしたんです。本人出演のCMのタイアップ曲にも使われたのですが、これがまったく売れなかった。その後もめげることなく新曲を発表し続け、シングル6枚、アルバム3枚をリリース。その全てが不発に終わり、2001年に持ち歌の約半分を突っ込んだベストアルバムを出したところで、ようやく歌手活動終了となりました」(芸能ライター)

『24時間テレビ』(日本テレビ系)のMCを務めることが決まっている木村だが、“はしゃぎすぎ”には要注意かも!?


Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』