>   >   > 元NMB48・須藤凜々花の“禁断暴露”で、「ま・ゆ・ゆ」渡辺麻友との遺恨が再燃!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

元NMB48・須藤凜々花の“禁断暴露”で、「ま・ゆ・ゆ」渡辺麻友との遺恨が再燃!?

+お気に入りに追加
1806_sudo.jpg『人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)』(幻冬舎)

 あの因縁再び!? 6月14日に放送されたバラエティ番組『極楽とんぼKAKERUTV』(Ameba TV)に、元NMB48の須藤凜々花がゲスト出演。この日は、かくれんぼで見つかったら秘密を口パクで言わなければならない人気企画「口パク暴露かくれんぼ」が放送された。

 最初のお題は、「コイツ、邪魔だなと思う芸能人」。「早々に確保された東国原秀夫は、口の動きから『杉村太蔵』と語ったのが、ほぼ確実。続いて発見されたおばたのお兄さんは、『スポーツ関連の仕事が増え始めている中で、(ポジションが)かぶっている』という理由で誰かの名前を口にしたのですが、イマイチわかりづらかった。視聴者は、アメフト経験のあるブリリアン・コージと予想した人が多かったようですが……」(テレビ誌ライター)

 そんな中、台所に隠れているところを加藤浩次に見つかった須藤の暴露が、ネット上で話題を呼んでいるという。

「彼女はその芸能人の名前をフルネームではなく、誰もが知っている“3文字の愛称”で暴露。大きく口を開き、あえてわかりやすいようにしてくれていたので、『ま・ゆ・ゆ』と答えたのが丸わかりでした。加藤も一瞬で理解したようで、『激ヤバ』『すげーとこくるな』とだけコメントし、この話題を避けるように須藤をすぐに解放していました」(同)

 須藤と渡辺といえば、思い出されるのが昨年のAKB総選挙だ。

「この年、20位にランクインした須藤はスピーチで、まさかの結婚発表。一方の渡辺は、1位を指原莉乃にもっていかれた上、さらに卒業発表まで須藤のニュースにかき消されてしまった。スキャンダルもなく、まじめにアイドルを続けてきた彼女だけに、ファンからは同情の声が続出。須藤が恋愛禁止の掟を堂々と破って結婚宣言した際に映し出された、眉間にしわを寄せた“ドス顔”も話題を呼びました」(アイドル誌ライター)

 そんな渡辺を須藤が「邪魔」だと思っていることが判明したことで、“遺恨”の第2ラウンドが勃発するかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』