サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第127回/『ウインド・リバー』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第127回

『ウインド・リバー』――先住民保留地の惨殺事件が暴くアメリカの闇とは?

+お気に入りに追加

『ウインド・リバー』

1807_P141_img001_200.jpg

ネイティブ・アメリカンの保留地として知られる、雪深い山岳地帯ワイオミング州のウインド・リバー。そこで、ネイティブ・アメリカンの少女の死体が見つかった。現場に派遣されたFBI新米捜査官のジェーンは、検死の結果、生前、何者かに暴行されたことが判明するも、直接の死因は肺出血であることから満足に捜査もできない。そこで地場に詳しいコリーに協力を求め、共に被害者の父親に会いに行く――。
監督・脚本/テイラー・シェリダン、出演/ジェレミー・レナーほか。7月27日全国公開。


 零下20度以下の極寒では、 冷気を一気に吸い込むと肺が凍結し、死に至る。

 映画『ウインド・リバー』の主人公コリー(ジェレミー・レナー)は、見渡す限り真っ白な大雪原に倒れている少女の死体を発見する。コリーは、ワイオミング州ウインド・リバー先住民保留地に勤務する米国魚類野生生物局員。死んでいたのは先住民の少女で、レイプされた痕跡があった。裸足の足は凍傷で、何者かに犯され、雪の中を逃げてきたらしい。

 ウインド・リバー先住民保留地は、ワイオミング州のイエローストーン国立公園の南に実在する。鹿児島県ほどの面積に、2万6000人のアラパホ族とショショーニ族が暮らしている。

 保留地は連邦政府の管轄なので、FBI捜査官バナー(エリザベス・オルセン)が派遣される。しかし、肺の凍結が死因で、殺人ではないからFBIは手を引く。殺人は連邦法違反だが、レイプは州法違反だから。でも、州の司法は保留地には及ばない。

「実際、非先住民が先住民をレイプしても、ほとんど起訴されない」。テイラー・シェリダン監督は言う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』