サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【37】/【眞子様】の残留思念を追って上野の絵本展へ
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【37】

眞子様の残留思念を追って上野の絵本展へ……シンクロする絵本と現実

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1807_Makosamatoshokan_520.jpg

 眞子様の文章力が密かに注目されています。働いていらっしゃる、丸の内のインターメディアテクの「研究者コラム」コーナーに記事をご寄稿。1月には「キノコ」というタイトルで、キノコの模型について知的に書かれていました。

「ところで、あくまで個人的な感想だが、この写実的なキノコ模型、見て美しいとは感じるものの、美味しそうと感じないのが不思議である。もっとも、本模型はすべて毒キノコとのことである」という、最後の文章にドキッとしました。

 美しく見える存在が、実は毒を持っていた……キノコだけでなく人間についても言えることかもしれません。4月には「紙に描かれた生物たち」と題し、スウェーデンの自然史学者の展示の説明をご執筆。図版を描いた人々の工夫に思いを馳せられる視点に温かみを感じます。ノーブレスオブリージュ……。

 文章にはその人の人間性が表れます。眞子様の卓越した国語力や機微は、子ども時代の絵本で育まれたのかもしれません。先日、秋篠宮妃・紀子様と眞子様が上野の「国立国会図書館国際子ども図書館」をご訪問され、「オランダの金の筆と銀の筆 子どもの本の世界」をご覧になられた、というニュースを拝見しました。ご婚約延期に伴い、お2人のご関係に不穏な気配が漂っていましたが、会場ではほほえみを浮かべ、和やかに絵本をご覧になっていたそうです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』