サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【59】/【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【59】

【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間に変身、XXXパワーを謳う大作の登場

+お気に入りに追加

『Dirty Computer』

1807_FHS_07_JK_230.jpg

ジャネール・モネイ(販売元:ワーナーミュージック)

ファレル・ウィリアムスはともかく、ブライアン・ウィルソン(元祖ビーチ・ボーイズ)やスティーヴィー・ワンダーの登場に驚く。ダンジョン・ファミリーからはスリーピー・ブラウンがバックボーカルで参加。サンダーキャットのベースもいい。明記はないが、アルバム全体にプリンスが関わったそうだ。とにかく、最高傑作。


 映画評論家と名乗る人々のイグノランスが、とても嫌いだ。いつだったか、ヒップホップ骨肉愛憎ドロドロ系ドラマ『Empire 成功の代償』主演陣の来日取材のときに、「サウンドトラックは出てるんですか?」と質問する評論家を見た。おいおい、サントラはビルボード・アルバム・チャートで初登場1位だよ。こういうやつが、この国には多すぎるのだ。

 そんな日本では、彼女は「ああ、映画『ドリーム』の主人公のひとりね」と言われるのだろう。あるいは『ムーンライト』に出てきた、善良なドラッグディーラーの情婦役、か。

 実際には、プリンスにとって「最後の弟子」的な存在であり、Pファンクの精神的後継者でもあり。スティーヴィー・ワンダーも認める才能であるというのに。

 そんな彼女の名は、ジャネール・モネイ。

 前作は13年の傑作コンセプト・アルバム『The Electric Lady』。その間に15年のレーベル・コンピ『Wondaland Presents: The Eephus』を挟むとはいえ、ソロ作としては5年もの長いインターバルを経てのリリースとなった。それは、16年後半に相次いで封切られた件の映画2作『ムーンライト』と『ドリーム』の撮影で時間が取られたせいもあるだろう。

 そんな久しぶりの新作は、ジャネールの作品としては特殊なものになっている。というのも、過去3作で展開してきたアンドロイド「シンディ・メイウェザー」というオルターエゴは封印されているのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』