サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本

――繰り返される白人警官による黒人射殺事件と、それに対するBLMという抗議運動、白人至上主義者とその反対派との激しい衝突……。近年、アメリカでは人種をめぐる差別や対立が噴出しているように見えるが、その構図はかつてより複雑化しているという。この国における人種問題の現状を本を通じて探ってみたい。

1807_P070-073_img001_300.jpg
銃社会や人種差別を痛烈に批判したチャイルディッシュ・ガンビーノのMV「This Is America」。今年5月5日に公開され、すでに2.5億回以上再生されている(6月初頭現在)。

 2018年3月、米カリフォルニア州で、丸腰の黒人男性が警察官に20発も発砲され、死亡した。かねてアメリカでは警察官による黒人射殺事件が繰り返し発生し、13年にはそれに抗議する社会運動「Black Lives Matter」(直訳すると「黒人の命も大切だ」、通称BLM)が生まれ、世界的なムーブメントとして拡大している。

 公民権運動の成果である公民権法の施行(1964年)から50年以上がたつが、いまだ人種差別は根強く残る。慶應大学准教授でアフリカ系アメリカ文学が専門の有光道生氏によれば、アメリカの人種問題を考える上でいくつかのキーワードがあるという。ひとつは“マス・インカーセレーション(大量投獄)”であり、この問題を大々的に論じたのが『The New Jim Crow』【1】だ。

「総人口に占める黒人の割合は約13%ですが、刑務所人口では40%を超えています。これは、70年代のニクソン政権以降、政府が『法と秩序を守る』というスローガンを掲げ、有色人種をターゲットにして麻薬犯罪を厳しく取り締まった結果だと指摘しています」(有光氏)

 例えば、80年代半ばに猛威を振るったコカインには、安価で中毒性の高いクラック・コカインと、比較的高価で気晴らしとして使用されるパウダー・コカインの2種類がある。前者はゲットーの黒人の間で大量の中毒患者を生んだが、後者は郊外に住む白人に使われることが多かった。ただ、レーガン政権は「麻薬に対する戦争」と称してクラックのほうを重点的に取り締まった。

「こうした麻薬所持・使用の厳罰化で、80年代に刑務所人口が急増。さらに、ネオリベラリズムの流れで留置所・刑務所も民営化され、“産獄複合体”、いわゆる監獄ビジネスが一大産業に成長。70年代初頭に30万だった囚人人口が、21世紀に入ると200万を越えました。問題なのは、黒人も白人も薬物をほぼ同じ比率で使用しているのに、黒人は白人の5~7倍の確率で検挙・収監され、しかも罪状が同じにもかかわらず、白人に比べて長い刑期を課されることが常態化しているという事実です」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』